ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

性懲りもなくクロップドパンツを買った話

どもども。
さいちゃんです。




いきなり寒くなってきました。
みなさまも風邪などお気をつけて。


そんな絶好のライドシーズンは過ぎ去った感もありますが、絶好のライドシーズンを狙ってユルポタライドパンツを買っておったのですヽ(´∀`)9 ビシ!!

ええ、もうそんなシーズンも過ぎましたが(´;ω;`)





のんびり走って写真撮ったりご飯食べたり。
そんなライドもええですよね。




ユルいライドの時はこちらの短パンはいて走ってたんですが、モンベルの短パンは走ってるとシャカシャカ音がするのがちょっと気になる・・・
そして秋にはくなら短パンはなあ・・・ということで。


Baidu IME_2017-11-23_22-13-55


自転車ならということで今度はパールイズミ。
なんかお腹の部分のデザインどうなの?と思いましたが、まあここはジャージで隠れるからええかなと。
実際ヒモでギュッと縛る方がずれませんしね。
まあそこはさすがに自転車ウェアで歴史あるブランドですよね。


fc2blog_201711232254259d7.jpg



実際にはこれを履いて先日の曽爾高原やら生石高原も走ってきたわけなんですが、

「シャカシャカしない」

うん、この一言につきますな。



まずこのパンツ、パッドが内蔵されております。
なので履くときのパッド付きパンツをはく一手間がかかりません。

しかし意外にも普通に歩いてるときもシルエットが意外とモッコリしません。
このまま輪行しても全然大丈夫そう。
お店に入る時もレーパンよりは心のダメージが軽減されますね。

ポケットはフロントに2つ。
あえて後ろにはありません。
正直走ってるときは後ろのポケットにモノを入れようとは思わないですからある意味正解。


そして歩いても、

「シャカシャカしない」

モンベルがシャカシャカしすぎなのかもしれませんがw
モンベルのは水中での空気抜き穴とかあったので夏場の川遊びライドとかにはピッタリなんでしょうけどもね。

とりあえずこのパンツで生石高原ライドの160km走ってもとくに汗で不快とか擦れて痛いとかパッドがあわないとかもなかったです。






秋は終わりそうですがこれからの季節も下にレッグウォーマーをはけば大丈夫かな。
カメラ持ってのフォトポタとかのんびりグルメライドとかにはこのパンツは3シーズンで使えそう(^ω^)






いや、ホンマにオシャレさんでもないのにウェア買いすぎかなぁと我ながら思いますが、まあそれもストレス解消になるんではないでしょうか・・・




あ、冬用にまたブツをポチったものがあるので寒くなったらそのインプレもしてみようかなと思います。






ポチポチとではでは。










  1. 2017/11/23(木) 22:45:25|
  2. ウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋の夜長に独りごちるなど


どもです。
さいちゃんです。



ブログの更新頻度は落ちてますが今のところやめようとかは思っていないです。






えー、嘘です。



実はこの前まではブログ書かないならまあそれでもええかなぁーと思っておりました。
ボクがブログ始めたのはちょうどロードバイクを買ったのでその備忘録としてちょこちょこと書いてみようかなというのがきっかけ。

ホイール変えたり膝痛になったりレーパンデビューしたりビワイチしたりアワイチしたりグループライドしたり。
最初はどこに行くのも新鮮ですし記録をつけておけば後々役に立ちますし。


と、思ってたんですが。



しかし記録という意味ではSTRAVAがあれば過去のライドはすぐに見れます。
そしてTwitterがあればその時にどんな気持ちだったかも見れます。

あれ?ブログいらなくね?

見てる人もそんないないだろうし。

お役立ちブログでもないし。

自転車は楽しく乗ってるし。





ブログ書いてる時はぶっちゃけ楽しいんですけども書き出すまでの「よいしょ」にエネルギーがいるんですよね。




とか、そんなコトを思ってた時。
いつもの金剛RWをのぼり東屋で休憩してたらあとからのぼってきたローディーに声をかけられました。



「あのー、もしかしてさいちゃんさんですか?」

さいちゃん
「え・・・、ハイ」


「いや、ブログ見てて」

「キャニオンだしそうかなっと」


さいちゃん
「あ、どうもありがとうございます」


「写真撮っていいですか?」


さいちゃん
「あ、撮りましょう撮りましょう」







すこしお話してると〇川さんというらしい。
ボクと年齢も一緒。


この時はすごく恥ずかしかったけども、ブログ読んでる人もおるんやなぁと不思議な感じでした。

でも、よくよく考えるとちゃまさんや正ちゃん親子ややなさんと一緒に走れたのもブログがあったからかなぁとも思ったり。
その反面リアルバレするとブログやTwitterで無茶なこと書けなくなるかなとも思ったり。



実際のボクはこんなですwww
自転車乗りは健全な方と極端なオタクに分かれる気がする・・・ええ、ボクは後者です。

ふう・・・、もうこれでなにも怖くないッ!(`・ω・´)




ライド記録がメインですが、たまにはこんなどうでもいいことをダラダラと書いてもよかったなぁと今更思いました。
ある初心者ロード乗りの「日記」なんだから。





なのでブログはまだ続けると思います。
たぶん。





ではでは。












テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/19(日) 00:28:16|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

生石高原を走ってきました


どもども、さいちゃんです。


とうとう寒波がやってまいりました。
自転車乗るには厳しい季節です。
ロード4年生で経験値は増えましたが寒さ対策はグッズも年々改善されるのでまたポチポチしそうな予感。

というか今すぐにでも買いそうなのでインプレ的な記事もおいおい書けたらな、と。





10月31日

前回は曽爾高原でシーズン前のすすきを満喫?したボクであるが、今回はガッツリとススキを満喫してやろうという狙いの高原ライドです。



なんか前日にツイッター見てたら生石高原が賑わっておったので便乗ライドなのです。



しかし生石高原。
ボクの家から自走するとなると目的地まで100kmほど。
往復だと200kmは越えてしまうであろうルート。
日も短くなってきたので自走はちょっと難しいかなぁということでこの日はトランポ作戦でございます。
愛車に銀ちゃんをソイヤッと積み込み和歌山は24号沿いにある道の駅「紀ノ川万葉の里」へ。


自転車で走れば2時間以上かかる場所でも車なら1時間もかかりません。
自走派としてはちょっと負けた気もしますが、まあ今回は高原を登るのが目的ですし無理は禁物。

というか後にこれが重大な選択になろうとはこの時は夢にも思わなかったのですが・・・





8:00、道の駅でホットの缶コーヒーをグビっといったらさあ出発です。
まずは紀ノ川サイクリングロードを適当に西へと進みます。
ルートはうっすらと書いてきたのですが細部は適当。
今日はトランポもして時間的余裕もあるでしょうからのんびりサイクリングなのです。


紀ノ川サイクリングロードは走りなれた道ですが、紀ノ川を渡って紀美野町、有田川町はいまいち不慣れ。
ちょこちょことスマホで現在地を確認しながら。
途中からサイクリングロードを外れ3号~424号を走り南進します。

案の定、迷子になる(´;ω;`)

まあそのくらいは折込み済みですがっ!

そのまま10号~動木交差点を左折で370号~180号を辿り走っているとちょこちょこと「生石高原」の看板も出てまいります。
ふーん、意外と有名スポットなんやね。





さて、生石高原まであと少し。
ぼちぼちと登りが始まるかな・・・というところでヤツがやってきた。
その昔、猿坂峠でボクを瀕死の状態まで追い込んだヤツである。


さいちゃん
(ギュルルルル・・・・)



ここで早起きして登るとお腹ゆるくなる法則が発動!
今回の危機は中ボスクラスなので、なんとかだましだましで登りますが・・・


さいちゃん
(てっぺんの生石高原まで行けばトイレくらいあるハズ・・・)



そんな希望的観測だけを頼りにしてのヒルクライム。
前回とは違いシッティングでお尻に刺激を与えても大丈夫なくらいだったのは不幸中の幸いでした。

いや、全然幸いではありませんwww

この坂、めっちゃキツイやん(´;ω;`)

正直、みんな登ってるから大丈夫やろ、と思ってたのがそもそも間違い。
最近はあんまり信用できんガーミンさんの斜度も常時13~15%を示しておる。
当然インナーローにぶち込んで32Tでヒイヒイ登ります。
お腹の波が去った時はちょっとシフトアップでトイレへと急ぎますが、それ以外はもうお腹に安全運転で。



あまりのキツさに道を間違ったのかと不安に思ったりもしますが、しばらく登ると目印である峠の表札に出ました。

fc2blog_201711181548399d7.jpg

札立峠。
みんなここで写真撮ってたから間違いなさそうです。

というかッ!
ここにトイレがありましたーッ!!!


ああ・・・こんなに嬉しいことはない・・・。





・・・・・・・・・。





ふう、スッキリ。

ここからがボクの本当のヒルクライムですで。
というかここからはそんなに斜度は上がらず淡々と。
しばらく登ると無事、生石高原とうちゃこであります\(^ω^)/

fc2blog_201711181554234e2.jpg

この日は平日ということもあり、そんなに人はいませんでしたがススキはけっこう生えております(^ω^)


fc2blog_201711181548444f1.jpg

fc2blog_20171118154850f22.jpg

fc2blog_201711181548552db.jpg

fc2blog_201711181549010e4.jpg




この日はお天気もよく向こうの山もキレイに見えました。
というか生石高原のテッペンまで自転車かついで登ったのに頂上はあんまりススキがないという罠w


や、でも人とススキの多さで比較すると曽爾高原よりも生石高原の方が楽しめるかもしれませんね。
道中の登りのキツさは置いといて。



さて生石高原で1時間以上歩き回ってちょっと時間も押してきました。
このまま引き返すかそれとも下って有田川沿いにグルリと回るか・・・少し思案しましたがやっぱり楽しそうなのはグルリルートですね。

というわけでここからは超ペースアップ。

30km巡航で下って有田川沿いを走ります。
ここで時間を稼いで余裕があれば定番のあそこも登ろうかな、と。


fc2blog_20171118154910a6c.jpg

というわけで千葉山。
実に良い。
ここは何度登っても気持ちええです。


ここからは42号線で海っぺりを走り抜けます。
山越えはナシの方向で。



恐怖のトンネル区間もこれで怖くないでしょでしょ。
トンネル区間以外もなかなかいい抜け道に誘導してくれるので青線、かなり信用してよろしいかと。



山で暗くならなければ最悪の事態はないかなぁと思い和歌山マリーナシティでボケーとしながら走ってると日が沈んできました。

fc2blog_20171118154927a15.jpg

まあ今日はVOLT800もあるし紀ノ川沿いならのんびり走れば問題ないであろうと、日没後のライドを覚悟しつつ走ります。
今後は暗いうちから走り出してのロングもしたいのでその練習にもなるかなぁと気軽に思っておったのですが・・・



そこからはのんびりと紀ノ川サイクリングロードを走り、デポ地の道の駅まであと5kmほどという所で銀ちゃんに異変が。


さいちゃん
「あれ?なんかガタガタする・・・」


そう、パンクである。
人生初パンクである。
自宅から30km離れた地でパンクである。

後輪のタイヤはクッションを失いバルブ部でガタッガタッというレベル。
自走不可です(´;ω;`)
ロード4年生にして初めてのパンクです。

しかし。
こんな時のためにパンク修理キットを持ち歩いておったのではないですか!
とうとうこいつらも日の目を見ましたで。
サクサクっとチューブ交換しましょう。

・・・真っ暗で全然見えませんッ!(´;ω;`)


街中なら明かりがあるんでしょうが、山中や川沿いは街灯はおろか少しの明かりもありません。
自転車のライトをくわえてそれを頼りにしながらのパンク修理。

・・・パンクDTにはレベルが高すぎる!(´;ω;`)


まあそれでもなんとかかんとか修理成功。
普通に走れることに喜びを感じながら残りの5kmを無事完走。




けっきょくパンク修理に30分以上かかってたのかな。
しかし自走だったらここからさらに山を越えて帰らないといけなかったのを考えると、トランポは大正解でした。
トランポしても160km以上でセンチュリーライドでしたしね。


ロングを走るのにパンク修理のスキルは必須。
やっと実戦で試せたのは逆に良かったかな、と。

あ、でもヘタレなのですぐにタイヤは新品と交換しましたがwww




ロードでロングライドは楽しいですがこんなトラブルを楽しめるようになったら初心者脱却なのかもしれません。

ではでは。









  1. 2017/11/18(土) 15:56:55|
  2. 生石高原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ