ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

膝痛について本気だして考えてみた

こんばんは、さいちゃんです。

さて今回のテーマは「膝痛」
そう。多くのローディーを苦しめるあの膝痛について自分なりの対処方をツラツラと書いてみたりするんやで。
開始そうそう上手くまとめれるかは気分次第。
そして浅い知識で膝痛を語るのは怖いなあという気持ちもあります。

ローディーにとって膝痛は楽しいサイクリングを地獄へと一変させるくらいの重大事。
藁にもすがる思いでみた記事でさらに膝痛が悪化・・・なんて目も当てられん。
なので「こんな人もいるんやで」くらいの軽い気持ちで読み飛ばしてくれた方が良いと思われます。
保身は大事やで。




 初めての膝痛

僕が初めて膝が痛くなったのはズバリ「ビワイチ」
150km走るというイベントだったのだけれども、残り30kmくらいでなんだか左膝の前側が痛くなった。
走れないことはないけどもなんだかイヤな感じだなぁというくらい。
幸い残りは平地だったということと脳内麻薬でそこそこ痛みは麻痺していたので無事走り終えた。

帰ってからちょっとイヤな感じがしたので調べてみたらば「膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」という症状らしい。
原因は太ももの前側(大腿四頭筋)に頼るペダリングとのことですが・・・

ローディーって太ももムキムキちゃうのん?


たしかに太ももの筋肉は大事なんでしょうが、この裏側ハムストリングを使うと良いらしいのです。
ついでにいうとケツ筋を使うともっと良いらしい。

じゃあどうやってその筋肉を使ってペダリングすればいいのさ?

結局そこに行きつくのですが・・・

「軽いギアでクルクル回せ」ってどこ見ても書いてる。
なるほど。


 
 ハムストリングスとケツ筋

ふーん、クルクルか・・・
で、クルクルした結果・・・膝痛再発\(^o^)/

騙された・・・!

100kmライドした時に今度は右膝が痛くなってきた。
おかしい・・・くるくるしたはずなのだが。

本格的に原因究明にあたることにする。
重要なのはハムストリングスとケツ筋を使うペダリングということだが、帰ってきた時には明らかに大腿四頭筋だけが疲労している感じ。
ただ単に軽いギアでクルクルしてても意味がないのんか?

そこで思い出してみた。
あのビワイチ、膝が痛い時に太ももを高く上げてペダリングすると痛くなくなった・・・
100kmライドの時はかかとを上げ気味にしたらなんとか走れた・・・
これか?


 とにかく12時から3時に突き刺す

① 意識的にカカトを上げて12時までペダルを持ってくる。

② そこから3時までつま先で突き刺す!

ペダル


「踏まないように」とか言われても自転車のペダルなんて踏むもんじゃないの?って刷り込まれてたのだが、このペダリングだとそもそも踏めない。

「太ももを高く上げる」って言われてもついついサボってしまうが、かかとを上げると自然と太ももも上がる。

そしてこのペダリングだと裏ももがかなりしんどい。
ということはハムストリングを使ってるといってよいのではないだろうか。

なにより膝痛の身体ができるだけ負荷をかけないようにと本能が導き出したペダリングなので、あながち間違ってはないだろうと思う。速く走るとかはまた別の問題だろうけども自分の身体ではこれが正解だった。

カカトを上げ続けてると今度は膝裏がキツくなってくるので、その時はカカトを下げるといい感じ。
つまりカカトの角度だけでペダリングしながらいろんな筋肉を分散して使えるという寸法ではなかろうか。

実際、この漕ぎ方に変えてから膝痛からは開放された。

膝痛に悩む人はポジションとかクリートの角度とかハンドルの持ち手とかいろいろ試されてるとは思うのだが、こんな方法もあるよという感じで読んでいただけると幸いである。


 靭帯は2週間は再生されない

あ、それと膝痛になってから2~3日すると普通に歩けるくらいには回復すると思いますが、本丸の靭帯はダメージが残ってるままで2週間くらいは修復に追いつかないそうなので、膝痛になって回復したかな~と思っても2週間くらいは激しいサイクリングは厳禁らしいです。
これを知らなくてずっと違和感を引きずってました。

こんな感じで自分の場合はとりあえず今のところは膝痛からは開放されました。
でも、実は全然間違ったペダリングでまた膝痛になるかもしれないし、ほかの人にとってはよけいに負荷のかかるペダリングだったりするかもしれないし、そもそもロード乗り出して1年も経ってないので筋肉がついてきたらもっと踏んでもいいのかもしれないので未知数なところが多すぎですが、自分への備忘録という意味もかねて記事にしてみました。


それと最後にもう一回だけ。

あくまでこれは自己流なので!豆腐メンタルなので間違っててもあんまり叩かんといてください(´;ω;`)





スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/04(木) 23:32:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<初めてのホイール交換はゾンダ。インプレなど。 | ホーム | 「はしたま」 念願のTKGライド>>

コメント

No title

こんばんは!
膝痛から開放された感じですね‼ いや~良かったですね!
学生時代に顧問の先生と言うか、監督に言われた膝痛対策なんですが…膝痛は人によって痛くなる部位も症状もまちまち! だから、結局の処自分自身で、自分に合った乗り方、ポジションを探れ!でしたよ。 骨格も筋肉量も筋肉質も違うから、まったく同じ対処、対策じゃ解決しない事が多いらしいです。
さいちゃんさんは、見事にそれを探り当てた感じですね!
ダメなのは、ガマンだと言われた事を思い出しました。
私もアンクリング気味なペダリングになると膝に違和感や痛みが出るんですよ。
だから、サドルを少し高めにセットして、踵が下がらないように回してます。
膝痛対策は、一つに限定されない事も多々有ると思いますので、乗り方やポジションもゆっくり出していって下さいね。
自転車は、本当素晴らしい乗り物ですから末長く楽しむ為にも対策、対処はやりましょう!
あっ!厳密にはサドルの高さも日によって微妙に変わるらしいです。
脚の調子やら、体調やらで違うんですって!
私もそんな面倒な事は、してませんけどね。
とにかく、膝痛から開放されて良かったですね!
  1. 2015/06/05(金) 23:29:35 |
  2. URL |
  3. 遊び人の正ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

>正ちゃん

こんばんはー。
おかげさまで膝痛は今のところ大丈夫な感じです!これで無縁になったらいいんですが・・・
監督ってなんかガチじゃないですか!なるほど専門というか体験者のハナシは説得力がありますよね。
結局は自分で痛めて自分で探るしかないんでしょうかね・・・まあ自転車乗りはドMばっかだから大丈夫かもwww

踵の角度ってアンクリングっていうんですね。
なるほど、僕の膝痛は結局アンクリングが原因の半分くらいは占めてそう。
背筋がついてきたらもう少しだけサドル上げてみようかな・・・
詳しくありがとうございます!まわりにロード乗りがまったくいないのでタメになりますm(_)m
  1. 2015/06/08(月) 23:03:38 |
  2. URL |
  3. さいちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimoota801.blog.fc2.com/tb.php/75-1de36259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)