ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

のんびり紅葉ライドからの~?葛城山ガチヒルクライム

ども、さいちゃんです。

さっきまでお酒飲みながら録画してた「チャリダー☆」を観てたんですが・・・


「びわイチしてぇぇぇぇぇえええええ!!!!!!」


びわイチ。関西在住サイクリストとしてはある意味必須イベントみたいですし、100kmライドの次はびわイチ!みたいな流れですし、僕の唯一ブログでリンクさせていただいてはる今日が吉日ののしさんもこの前びわイチ行ってたし!

でももうシーズンは逃した感じだし、来年のお楽しみにとっておこう・・・
とかそんな悶々としながらもこのチャリダー☆、見てたら猪野学の坂バカが面白かった。獲得標高5030M。多分数字だけ見てもピンとこないと思うが、一日で富士山以上の高さをひたすら自転車で登る・・・これは脳汁出まくりやね。

激坂といっても個人で変わると思うけども僕的には。

0~3% ほぼ平坦。好き。スピードに乗ってスイスイいける
3~6% いわゆる緩坂。シッティングで淡々と。
6~10% 急坂。キツくなってくる。長く続くとタレる。ダンシングを織りまぜろ。
10%~ 激坂。ダンシング多用。安定のインナーロー。スピード計は見ないZe☆

こんな感じかなー。
ちなみに僕は坂バカではないと思います。遅いしね。




で、なんですか。この前の続きですですね。

牛滝山TTの後、紅葉散策としけこんださいちゃんでしたが帰りの下りでエライものをみつけてしまったのでした。
「紅葉も満喫したし、よくネットで見る『たわわ』とか『ほの字の里』とかに寄ってもいいかもなー」と思いながら走っていると、横道に魅力的?な道発見。


DSCF1224.jpg



「なんだ?この坂?標識は葛城山ってなってるけども山頂まで行けるのか?」

そんなことを思いながらちょっと立ち止まっていると一台の軽トラがこの道を上って行きました。
車が通れるってことはそんなにひどい道でもないだろう。

「ほほう。面白そうじゃないか。ちょっとだけ行ってみようかな。ちょっとだけな」

ちょっとコンビニ行ってくるーみたいな、かるーい気持ちで上ったのが運のつきだったのかもな。
坂を登り初めて30mでいわゆる激坂。しかもアスファルトじゃないコンクリのやつ。超激坂ですな。


DSCF1222.jpg

おおお、これはなかなか。
ダンシングでも後ろ体重じゃないとスリップしてまうがな。
しかし個人的ダンシング強化月間の僕としては願ったり叶ったりやで。この前少しだけダンシングのコツをつかんだ気もするので、きつくなる前からできるだけダンシングを投入して筋肉の疲労を分散させる作戦やで。


DSCF1221.jpg


激坂はしんどいけどもタイムを気にせずに川沿いに紅葉を見ながらハァハァいうのも悪くなはい。
しかも車も全然通らん。空気も美味い。
気持ちよくなってきたのでテンション高めでグイグイ上る(断じて速いわけではない)

行けるとこまで行ってみるかという気持ちになってきたし、もともとけっこうな標高からスタートしたのでもしかしたらもうすぐ頂上かもしれん。
とか思いながら上ってたら・・・



DSCF1219.jpg


5km・・・(゜ロ゜)


一瞬、心が折れそうになる。

「そうか・・・まだ半分も上ってなかったのか・・・どうする。戻るか?でもそうすると今までの苦労がなんだか無駄になるんじゃないのか?体力はどうだ?まだ走れるだろう?行くか?行くぜ?行くぜ行くぜ行くぜ行くぜ!!!!」
と、このような脳内サミットを0.2秒で開催した結果上る決断をしましたん。

ただしペースが上がるわけでもないけどもな。
ヒドイ時はダンシングでペダルに体重だけかける走法で時速6kmくらいでフラフラと上ります。




DSCF1215.jpg

おお、滝だ・・・夏場なら頭から水をかぶってもいいシチュエーションでしょうが、気温はおそらく10℃前後。
おとなしく写真だけパシャリとしておきましょう。
ほんまに自転車に乗ってなかったらもっとじっくりと堪能すると思うんですが、何ででしょうかチャリに乗ってると先を急いでいしまうんですなー。


DSCF1213.jpg


さらに上っていくとマムシ注意看板?が。
これでもか!というほどマムシを警告しておる。よっぽどマムシが出るのか、それともこの警告看板を作った人によっぽどイヤな思い出があるのか。
一応、気にはしておこう。

「少し、勾配も緩やかになったかな?」とシッティングでボチボチ上っておったら、

DSCF1205.jpg


そんなに甘くなかった(´;ω;`)


DSCF1210.jpg


むしろ激辛やで(´;ω;`)

いわゆるスクリューコースター状態のカーブもあり坂に対しての恐怖感もマヒしてきたwww
スリップしない限りはダンシングでなんとか上れるし、こちとらビンディングなので「足つき」さえできない状態なのである。
ヒーメヒメヒメとか言ってる場合でもない。


DSCF1211.jpg


でも時折こんな風景も見せてくれるのである。
牛滝め、ホンマにこまったツンデレ峠やで。

最初は心が折れそうになった山頂までの距離を書いた看板だが、300mおきくらいに看板が設置されてるのであとどれくらいで頂上かが分かるのは意外とうれしい。
ペース配分もできるしな。
なんとかかんとか足つきもせずに葛城山頂まできましたで!


DSCF1197.jpg

一応写真回収なんぞ。
なんや、紅葉の季節に僕のタマちゃんのポンペイアンレッドが映えるやないか!


DSCF1198.jpg


展望台で景色見ながら一本満足バーをモグモグしておりました。
そうするとなんだかいろんな方向からロード乗りの人たちが上ってきます。普通峠といえばだいたい一本道。
行きと帰り、上りと下りくらいなものだと思ってたんですが、帰ってから調べたらどうもこの葛城山、大阪からのルートと和歌山からのルートと合わせて7本もあるみたいです。
そしてそのルートを「七葛」というらしいのです。なんかテンションが上がる設定ですな。しかも一日でその七葛を達成するのが真のカツラギストなんだとか。ナニソレ!スゴイヘンタイ!
しかも今回上ってきた牛滝ルートは最弱の部類に入るとか。


「牛滝が堕ちたか・・・」

「ククク、ヤツは我らが七葛でも最弱・・・・」

「初心者貧脚ローディーにやられるとは激坂峠の面汚しよ・・・」


正直これよりキツイ坂はしばらく上りたくありません・゜・(ノД`)・゜・


まあ、偶然とはいえとりあえず一葛は達成したわけなので、いつかは七葛?してみたいかな。








スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/12/01(月) 01:07:22|
  2. 牛滝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<LSDをガーミンとSTRAVAを駆使して分析する | ホーム | 牛滝山で大威徳寺紅葉TTと洒落込んだ>>

コメント

いやいやいや…

さいちゃん様は立派に坂バカさんだと思いますよ…
きっと今回の上りだって内心「ナイス勾配!」だったんでしょう?そうなんでしょう??
七葛とか初めて知りました。
うーん、そこはかとなく香る中二shゲフンゲフンッ
そんなさいちゃん様には伊吹山ヒルクライム(http://www.japan-fc.jp)とかイイと思いますよ!!ワタクシは頂上で待ちますわwww

あとビワイチでしたら3月の一周イベント(http://jtbsports.jp/contents/biwaichiride/)行きましょうぞ!エイドステーションのご飯も美味しいですよー
  1. 2014/12/01(月) 20:28:15 |
  2. URL |
  3. のし #be3FNRow
  4. [ 編集 ]

わいもさいちゃん様は立派に坂バカだと思います、、、(笑)

牛滝方面の山は行ったことないので行ってみたいですね、、、(ノボレルカナ💦
頑張らねばΣ(゚д゚lll)
  1. 2014/12/04(木) 13:46:11 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

Re: いやいやいや…

>のしさん
坂…バカ…なのかな?でもよくゲー吐きそうになってるんですけどもねw
南大阪在住ならなんとか3年以内を目標に七葛制覇してみたいっす。断じて中二ちゃうで(〃ω〃)

ビワイチ情報もありがとさんです。と、とりあえずサイトの会員登録はしてみました。
ロングライドとセンチュリーライドがあるんですねー。ここはやっぱり…センチュリー??
  1. 2014/12/06(土) 23:21:52 |
  2. URL |
  3. さいちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>たけさん
ムムム、坂バカ認定二人目w
これからの季節は山は危険なのでちょっとシーズンオフかもしれませんね。
牛滝もそうですが南大阪は山がイッパイで困るなぁ~~~♪
  1. 2014/12/06(土) 23:24:57 |
  2. URL |
  3. さいちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimoota801.blog.fc2.com/tb.php/38-6e475e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)