ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

シェイクダウンは続きがあった!金剛山編

【前回までのあらすじ】 

南河内サイクルラインにてさっそうとシェイクダウンと決めこんだタマちゃん。
終点(本当は起点)まで行ったのでさて地元に戻ろうかと河内長野まで戻ってきたんですが・・・



なんか走り足りない。




いやいや20kmも走ればけっこうな距離でしょ?
ハーフマラソンですよ。

しかし適度な運動で体育会系の魂に火が着いてしまったのか、ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!
まだまだ走るぜええぇぇぇえ!!

そのまま河内長野駅方面には行かずに左折。
あろうことか山へと向かったのでした。

「ひゃっほーーー!これがヒルクライム!すいすい登れるぜええぇぇぇ!」

いつもなら間違いなく押して歩くような坂もギアを軽くすればスイスイ登れちゃいます。
なるほど好んで坂を登る人の気持ちもわかる気がする。






--------5分後--------






「ひっひっふー、ひっひっふー・・・」


「絶対こんな坂登る奴らは変人かドMしかおらんでぇ・・・」

「なんでこんなことやってるんやろ・・・っていうかどこまで登るん?」


あっという間に心が折られておりました。
いや、ホントいまでこそ「あれ?けっこう坂も面白かったかも?」と思えますが、登ってる時はひたすら無心でペダルを漕ぐ作業。心の中ではずっと愚痴をこぼしてました。



DSC00238.jpg

でもなんだかんだしばらく登ってると地元では多分1番有名なお寺「観心寺」に到着。
ここでちょっと休憩&一段落。

休憩してると気力も回復するもので、もうちょっと登ってみようかな?という気になってきます。
まあ、それが泥沼への始まりだったんですが。

下手に地元で有名なサイクリングコースを下調べしておいたのがまずかったのか、
「そうそうこのまま登れば確か金剛トンネルと金剛ロープウェイのコースに行けるんだよなー」と変な知識だけはございます。
しかしガチの初心者、ここはおとなしく一旦帰って徐々に距離を伸ばしていくのが無難、大人ロード乗りというものでしょう。
そうそうおとなしくね。

「よし、登ってみっか!」

そう、初心者ゆえ限界を知りません。
しかし、もしかしたらその瞬間がヒルクライマーへの扉を開けた瞬間だったの、かも。
そんなわけでさらに登って行きます。

DSC00241.jpg

「ひっひっふー、ひっひっふー!!」

DSC00257.jpg

「ひっひっふー、ひっひっふー!!」

のどかな風景・・・ですがそんなものを楽しむ余力もなく。

DSC00239.jpg

ただひたすら坂道を走る。
ペダルを回すマシーンとなるのだ。

なんか下手すると途中の記憶が曖昧なところもあるかもしんない。
ヤバイな。


DSC00256.jpg

そんな意識朦朧としながらも登るととうとう分岐点。
右の道なりの方へ行けば金剛トンネル。左へ曲がれば金剛ロープウェイ乗り場へ行けます。
どっちへ行く?
なんとなく昔の思い出でロープウェイの方へ決定。

ただし左折してから坂がまた急になります。
マジで?なんでそんなことするのん?
でもせっかくここまで登ってきたので坂道で足はつきたくありません。
登りきったところとかほぼ平坦なところは足をついてもOK。
そんなマイルールで。

でちょっと楽になったか?と思ったらトンネルが。


DSC00253.jpg

このトンネルを走っていきます。

「あ・・・トンネルってヒンヤリして気持ちイイーーー」

疲れが限界まで来ると怖いとかの感情ってなくなるのね。

でもなんとか足はつかずにちょっと坂が楽なところまで行って休憩。

DSC00249.jpg

ちょいちょい看板が出てた「Woody heart」ってレストラン。
こんなところにあるんだからけっこうおいしいのかな。
いつか行ってみたいけどもチャリンコでここまで来たら汗だくだよね。

さらに登ります。

DSC00250.jpg

DSC00251.jpg

千早城跡地。

そして「まさしげくん」
時代の流れにのって楠正成も立派な萌えキャラになりました。

そろそろ登山客の人もちらほら見るようになってきます。
そうなると、見た目だけはガッツリとロード乗りの格好をしてるので下手なライディングはできません。
最後の気力を振り絞って、かつ余裕のあるふりをしてガシガシと登ります!

ガシガシ。

ガシガシ。

・・・もう・・・もう、あかん・・・

と思ったら突然、ゴール。ゴール?

うおおおおおおおお!ついたでぇぇぇぇぇぇぇぇえ!!

と、とりあえず心の中で叫びます。

DSC00242.jpg

記念と証拠写真も回収。

いやあ、やりました。
自転車で登山なんてありえないことだと思ってましたが。
なんとかなるもんですね。

DSC00245.jpg

羊羹でエネルギーチャージ。

30分くらいボケーとしてたら同じくロードバイクの人たちが登ってきたのでそそくさと帰路につきました。

あ、それと山を下ってて初めて気づいたんですが、ブレーキね。
普通のポジションだと下りのブレーキが足りないっぽい。下のハンドル持ってギュッとしないとヤバイのね。
なのでそろそろと下ってたら、下りだけで6人に抜かされました。
みんな速いねー。
あと寒い。
秋以降はもっと寒くなるだろうから何か対策しないとダメかなと。


というわけでタマちゃんのシェイクダウンでいきなりヒルクライムという暴挙に出ましたが、無事帰って来れましたし、なんだか楽しかった。苦しいのに楽しい・・・これは僕もドMの世界へ飛び込んだのだろうか・・・


今回わかったこと

■ 平地の20kmより山の10kmの方が10倍しんどい
■ 思ってる以上に余裕のあるギアで登る方がいいみたい
■ 要ダンシング練習
■ 僕はM体質なのかもしんない




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/08/15(金) 23:38:47|
  2. 金剛RW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガーミンエッジ510Jで「俺より強い奴に会いにいく」 | ホーム | シェイクダウンは南河内サイクルロード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimoota801.blog.fc2.com/tb.php/16-f3683d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)