ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

ぶどう坂で20分切りを目指してのぼってみました


桜が咲き始めたところもあるそうで。
サイクリングシーズンの開幕ですね。
冬場トレーニングに励んだ方はこれからその努力が実を結ぶことを願って。
冬場のんべんだらりとゴロゴロ怠惰に過ごした方もこれからが本番ですでッ!



こんにちは、さいちゃんです。




そんなのんべんだらり派の僕ですが、今回はちょっと真剣に登ってきました。
ロード3年生の目標の1つに掲げておった「ぶどう坂20分きり」
コレに真剣に向き合い、たまにはキチンと走ってみようかなと思ったのだ。

正直ヒルクライムする方々にはぶどう、20分とか、鼻歌交じりでも登れるわッ!とか言われそうですが、庶民派ライダーの僕にはかなりのハードルなのです。

実際に僕の過去のライド記録を見てみますと・・・
17回走ってPB(プライベートベスト)は21分11秒。
去年の10月の記録です。

冬場はブヒブヒと太ってしまいましたが、それを帳消しにしてあまりあるくらいの武器、ニューバイク銀ちゃんを手に入れておるので頑張れば20分切れるかも・・・と淡い期待を込めての挑戦なのです。




3月28日

意気揚々と向かうはぶどう坂。
目標は20分切りです。

そして今回の課題というか試してみたいこと。
➀序盤の激坂を32Tで回して中盤からギアを上げていく後半アゲアゲ作戦。
②スピードよりもケイデンス重視で70を切らないように頑張る。
この2点です。


大県南交差点のコンビニ前でドリンクをグビリ。
いざ勝負!

と、いいつつもスタートダッシュはかけません。
後半アゲアゲ作戦なのです。
最序盤の住宅街でちょっと車のすれ違い待ちでタイムロス。
ムムム・・・幸先の悪いスタートですな。


しかし焦ってはなりません。
墓場ヘアピンからギアを落としていきます。

そしてマンション前通過で満を持しての32T乙女ギアの封印を解除ッ!
ここのキツイ激坂ゾーンもなんとかケイデンス70をキープで頑張ります。
じわじわとダメージがたまるくらいの強度で。

いつもここで頑張って体力というか筋肉の疲労度がレッドゾーンまで到達しておったのだが、今回はしんどいけども脚へのダメージはまだ大丈夫な感じ。
そのままシッティングクルクル走法でぶどう看板前も通過です。


さいちゃん「ハァハァ・・しんどい・・」

「しんどいけどもいつもよりは楽?」


やっぱり32Tの効果は大きく、ケイデンスが70を切らないように回せば、それなりにスピードにも乗れますし体力の消耗ははるかに少なく感じます。

おっぱいアイス前も通過。
ゴルフ場の少しの平坦でギアをあげて本気モード。
前半楽した分、後半は頑張って踏み倒したるでッ!!!
・・・しかし本気モードは平坦区間だけでしたw

このあとの直線ダラダラ登り坂で再び32T発動。
やっぱり直線登りは気持ち的にも苦手。
豆腐メンタルな僕はこの時点でほぼ心は折れておりました。


さいちゃん
「やっぱり乙女ギア最高やな・・・楽チンすぎるwww」


完璧に甘えモードに入っておりますwww
一度楽を覚えてしまえば、人間なかなか厳しい環境に身を置けないものなのです。
気づけばケイデンス70キープも怪しくなってきております。



それでも直線登りが終われば少しのヘアピン。
ヘアピンって意外と斜度が緩むので助かります。

そしてここで一台のライバルカーが出現しました。
そう、実はしばらく前から前を走ってたローディさんとの距離がどんどんと近づいておるのです。

うーむ、一気にパスするか・・・
でも抜いたあとチンタラ走ってたらなんだかいちびった感じに思われるかもしれん・・・


というわけでなぜかここで本日最初で最後のダンシング発動w
一気にローディさんを抜き去るッ!
抜き去るまではよかった・・・よかったのだ!

この「見栄はりダンシング」によって僕のなけなしの体力は急激に削り取られ、そして前田ナンチャラ土木前で僕の体力ゲージはゼロになったのでしたwww

もう少しなのに頑張れない。
ここで頑張れるかどうかが根性の差なのかな。

なんだかどうでもよくなって最後の下りもペダルは回しませんwww
タイムトライアルにあるまじき姿であるw

そのまま変電所前でゴール。

倒れこむ・・・こともなくそのままのどか村まで。



これがゆるポタ勢の戦ったあとの姿である。
ゆるすぎる。

一応、ぶどう坂のタイムは測っておったのですが。



微妙www
もしかしたらSTRAVAでは20分切ってないかなぁ・・・
なんて淡い期待を込めてしまいたくなるタイムです。

まあ速報でもPBは更新してそうだからいいかなぁと思いながらも帰ってからSTRAVA見てみます。



(ポチポチ・・・)



Baidu IME_2017-3-31_0-34-36


柏原ぶどうが20:05
柏原ぶどう坂が19:45

え?

あれ?

目標達成?




・・・いや、でも。
柏原ぶどうは20:05だし・・・

うーん、やっぱりコレは目標達成ならず・・・ですよねぇ。

というわけで今回は挑戦失敗。


でも、今回走って32Tでもさぼらずにケイデンス70で回すのと、あと体重を2kgほど落とせば20分切りはできそうな目処が立ちました。
なのでなんとか頑張って今年のロード3年生の間に「ぶどう坂、20分切り」は達成したいなぁと思います。
目標を持って走るのも楽しいもんです(^ω^)



ではでは。


















スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/31(金) 00:41:41|
  2. 葡萄坂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅を見て激坂に悶絶してうどんを食べてきました

こんちには、さいちゃんです。

梅、桜はサイクリストにとってベストシーズン。
今年もいろんな所でいろんな景色みたいと今からワクワクしております。
そして行き当たりばったりもええですが、事前にルートを考えてガーミンにぶち込んでおくライドの方が増えてきました。
文明の利器は活用せんともったいないですしね(^ω^)


今回はライド記事がたまって鮮度もグズグズになっておるので、まとめておりますで。
夏休みの宿題も最後にするタイプ。



3月14日

個人的に最近、奈良がブーム。
正確には奈良の山奥がブーム。
そしてそろそろ梅も咲きだした。
というわけで、奈良梅林ライドへとくりだすのです。

目指すは奈良の賀名生(あのう)梅林。
310号を少し行けばある・・・ハズだったのだが。

結果的に迷ってたどり着けませんでした(´;ω;`)





310号をズドンと行くとすぐ到着しそうなので、行きは309号水越峠で奈良入り。

fc2blog_20170328234505f48.jpg

そのままの勢いでなんとなく黒滝村へと進路を。
奈良は市内とかは盆地でほとんど坂がないのだが、その周りにはけっこうな山々に囲まれております。
黒滝村、まあ名前のとおりその山々の一部でございます。

山を越え川を越え、野生の鹿とエンカウントしてビビったり・・・48号線の地蔵峠とかいう地味にキツイマイナー峠を越え。
32tあってよかったで・・・




fc2blog_201703282345179d7.jpg

道の駅 「吉野路黒滝」とうちゃこ。
山とはいえ道の駅も点在するあたりはさすがの日本。
ここで補給するも名物推ししてたしし肉のコロッケとしし肉の串カツ。

ほとんど肉入ってないし、冷めとるがなッ!ヽ(`Д´)ノ

もうちょっと勉強してください。


ここでルートをもうちょっと見ておけばよかったのだが、なんとなく進むも梅林は見当たらず。
どうやら1本道を間違えて走ってたみたい。

fc2blog_20170328234519820.jpg

fc2blog_20170328234522a73.jpg

梅林は見れませんでしたが、梅は見れました。

賀名生梅林は来年に持ち越しですね。
あ、どうせなら賀名生梅林 · ‎月ケ瀬梅渓 · ‎広橋梅林と全部制覇も面白いかも。











3月18日

奈良ライドで存分に32Tとコンパクトクランクの恩恵を受けたさいちゃん。
ではその恩恵を活用しようとある場所へと向かいました。リベンジライドですな。

まずは最初のチェックポイント。




滝畑ダム。
いや、ここはまだリベンジポイントではないのだ。
ただ、癒されたいだけです。

まあぶっちゃけ家から30分ほどでここまで来れるのであんまりありがたみはないですけども、なんか好きです。滝畑ダム。

それでは、ここからさらに上へ登ります。
多分あんまり使うローディはいないと思いますが、この先の蔵王峠を越えれば和歌山まで一気に行けるのです。

ただしこのルート、路面は常にウェットな箇所もあり石ころは尖ってパンクのリスクはかなり高いです。
お気をつけを。

fc2blog_2017032900100541d.jpg

まあ、車にビクビクせずにのんびりと峠越えできるのはいいもんです(^ω^)
途中にある激坂も32Tで楽々クリアー。
しかしここも別にリベンジポイントではございません。


fc2blog_20170329001008333.jpg

のんびり登って蔵王峠。
ここから少し下った先にお気に入りのスポットがありますんよ(^ω^)




この山とつづら折れとのコラボレーション。
千葉山には負けますが、なかなかの景色です。
ここで1本満足バーをムシャリとしたあとはピューンと下っていざ目的地へと。

紀ノ川も渡り、その先には・・・

笠松峠です!(`・ω・´)




・・・え? 知らん? ですよね・・・


ここは過去に丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)に行こうと走ってたときに突然でくわした凶悪な峠。
そして不意打ちを食らった僕は屈辱の足付き&押し歩きをするハメになったあげく、STRAVAでも最下位に沈むという涙と屈辱にまみれた峠なのだ・・・!


なので今回は32Tという飛び道具を引っさげてリベンジライドにやってきたというワケなのです。

では、笠松峠獲ったるでぇぇえッ!




とはいえ、実に1年半ぶりのコース。
「しんどい」くらいしか記憶にはございません。
人間が本来持っておる防衛本能でヤバイ記憶を抹消しておるのかもしれん。


序盤から10%越えの激坂が続くもいきなりの32T発動でシッティングでゆるゆると登ります。
スピードは格段に落ちますがそれ以上に体力・脚力の消耗が少ないのが大きい。
長い坂道なら急がずにこの32Tでのんびり走る方がロングライド的には正解でしょう。

あ、ヒルクライムTTの人は関係ないですで(ヾノ・∀・`)



序盤の激坂を乗り切れば少し楽になる・・・こともなく淡々と激坂はつづきますw
とりあえずの目標は足付きなし。
それさえクリアできれば計算上は最下位脱出なのだ。


2kmほど走るとほんの少し斜度が下がる。
よし、前回の足付きポイントはもうクリア済み。
一気に標高を稼いだおかげで視界も開けて眺めもよくなってきた。

いい景色を見ると元気も出てくるのだ。

右手のシフレレバーボタンを押す。
「カチャリ」とギアが1段上がる。32Tはもう用済みだ。
クルクルとケイデンスが落ちないレベルで淡々と。

クルクル淡々・・・クルクル淡々・・・


と思っておったらいつの間にか笠松峠も越えて丹生都比売神社まで来ておった。
また記憶を持って行かれた・・・ッ!!!



それよりも気になる結果は。

    Baidu IME_2017-3-29_0-50-18

最下位脱出成功!(^ω^)

それでも平均以下ですが、まあええではないですか。

ついでに丹生都比売神社にお参りしてその向かいの売店でうどん食べて帰りました。
目標も達成したし笠松峠、しんどいから多分もう行かへんでwww












3月24日

激坂コンプレックスも払拭したので、今回は意気揚々と和泉のヒルクライムメッカへと旅立った。
そう「葛城山」である。

和歌山入りするのに前回は蔵王峠を使ったわけですが、僕の普段は紀見峠、たまに鍋谷峠を使うくらい。
葛城山を峠越えのルートに使うことは普通ないです。
葛城山は「葛城山を登る」のがルートなのです。
でも、今回は何をトチ狂ったのか葛城山越えで和歌山入りを目指しますで。



とはいってもレベル的にはカンタンな部類の牛滝ルートで。
牛滝ルートの肝は最初のコンクリ激坂。
ここはいきなりの32Tぶっこんでシッティングで登ります。
うん、いけるいける。

もともとタマちゃんでも足付きなしで登りきったこともあるルート、さらに軽くそしてコンパクトクランク装備の銀ちゃんならまったく問題ございません。



この山頂展望台でやはり一本満足バーをモグモグしてたらおじ様に声をかけられました。
なんでもその方、1日に2葛を日課にするという剛脚の持ち主。
見た目は小柄なおじさんなんですがクライマーってどこにでもおるもんやな。
僕は2葛する気なんぞ毛頭ないですし、お昼ご飯の時間もせまっておったので挨拶もそこそこに今度は和歌山へと下ります。



和歌山まで下れば目的地まであと少し。
今日はお昼ご飯はうどん食べるでッ!と決め打ちしておったのだ。
前回はあえなくお休みだったのでここもリベンジライドといえなくもない・・・

紀伊山田駅を少しはいったところにあるお店「ひさや」さんです。

何げにネットでうどん巡礼とかいうなかなかにマニアックなイベントのサイトを見てたら、近所では狭山の讃岐うどん「いってつ」さんとここ「ひさや」さんが巡礼店舗としてのっておったのがこのお店に興味を持った理由。
あと、自転車で来るのに適度な距離感があるからです。


fc2blog_20170329010940586.jpg

今日は開いてる(^ω^)

そしてやっぱり安定のお客さんいない。
うん、やっぱり僕は貧乏神感ハンパないのかしら。

メニューはとり天ぶっかけと迷いましたが、お昼のランチメニューのかけ+牛しぐれ丼をチョイス。
ちょっとご飯ものが食べたかったのだ。

fc2blog_20170329010942c01.jpg

はいキタ。
絶対美味いパターン。
うどんとご飯の炭水化物定食ですwww
自転車乗るのには最適かもしれんw

うどんは讃岐うどんらしいですが、意外とそんなにコシがない感じ。
むにゅっとした食感ですが麺自体は美味しいので問題ございません。
お出汁はお上品。あんまり七味唐辛子とかは入れすぎずにはんなりと味わう方がよさそうですね。

牛しぐれ丼はメインのうどんより前に出ない感じの程よい量ですが、うどんに比べるとけっこうしっかりしたお味。
このコントラスト、ええでええで!

ムシャリ、ズズズ・・・ゴクリ。
ムシャリ、ズズズ・・・ゴクリ。

シンプルなうどんですが、正直なうどんでたいへん美味しかったです。
ごちそうさまでした!


帰りはのんびり紀見峠。
またうどん食べにきたいと思いますで。









  1. 2017/03/29(水) 22:09:42|
  2. ショートライド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィジークのサドル愛用者ならチェックするべきアイテムをポチってみました


こんにちは、さいちゃんです。


新しい愛車、銀ちゃん。
休みのたびにどこに行こうかしら・・・と妄想する日々。
朝の気温がもっと上がれば早起きロングライドなんぞくりだしたいところですね(^ω^)
ルートラボの妄想ルートも捗るというものです。



そして新車は乗るのも楽しいものですが、部屋で自転車磨いてても楽しいもの。
先日、お酒飲みながら銀ちゃんのシートポストをみがいておったところ、


fc2blog_20170322215750ab1.jpg


さいちゃん「あれ?このfi'zi:k(フィジーク)のエンブレムの部品」

「・・・爪で着脱できるようになってる?」


ドライバーでごそごそしてたら、ポロリと部品が外れました。


さいちゃん
「こ、この部品・・・取れるぞ!」






fc2blog_20170322215754c5f.jpg

ポロリ

取れました。
ここでほとんどの人はピーンとくるんではないでしょうか。
こんな有用な部品、隙間大好き日本人が見逃さないわけがございません。

カタカタスターン!とネットで検索。
・・・やっぱりあるやないか!
実にスマート、実に実用的なアイテムがッ!!

fc2blog_20170322215738d3d.jpg

このフィジークのサドル専用のリアライト専用ブラケットw
超絶ニッチな商品ですな。
さっき外したパーツのところにバチッとはめてブラケット化するというアイテム。

なんだか微妙に高い価格設定の商品ですが、最近は金銭感覚ははるか彼方にセイグッバイなので神速でポチッといったりました。
サドルの種類とリアライトによってはクリアランスがキツイとかそもそもつけれないとかあるみたいですが、そんなものははめてから後悔すればよろしいのです。







翌日。
さっそく到着いたしました!

fc2blog_201703222157453df.jpg

幸い手元にはキャットアイのリアライトがございますのでそれを装着してみます。
む、意外と固いぞ・・・
まあ、ゆるゆるでぐらついてもそれはそれで困りますしね。
ブラケットは2個あるので破壊上等で思い切り押したらパチリとハマりました。


fc2blog_201703222157413c0.jpg

つけてみた。

うーん・・・正直微妙w


まあシートポストに付けるよりもライト自体は目立ちますし、シートとライトの一体感はこのブラケットなしにはできんでしょうし・・・
なによりシートポストに何もつけてないとロードバイク特有の「シュッとした感」が倍増されてカッチョよろしいです(^ω^)

フィジークのサドル愛用者なら使って損はないアイテムかしら。


それにしてもこのアイテム、ムダにノーマルとロングのブラケットが2個抱き合わせ販売なので絶対に1つ余るという罠があります。
まあ、予備で置いときますが・・・間違いなく、きっと、いつの間にかなくなるんやろなwww





ではでは。





テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/25(土) 23:20:58|
  2. CANYON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CANYONシェイクダウンライド (奈良周回)


こんにちは、さいちゃんです。


さてさて、Canyonのインプレもひとまずやりましたし暖かくなってきましたので普段の日記に戻りたいと思います。
(過去のライド記録を日記と呼んでいいのかはおいとくんやで・・・)




3月10日(晴れ)

キャニオンのシェイクダウンライドです。
せっかくなので平坦と山と少しだけ市街地。
いろんなシチュエーションを試してみようと思い、奈良へと向かうことにします。

森屋交差点から金剛RWコースをのんびりと。
ロングの予定なので特に頑張るつもりはないのですが、さすがのキャニオン。
軽量でグイグイと登れます。
ついでにシフトチェンジの感覚をつかむためにいろいろ試してみます。
無駄にインナーローで乙女ギア発動させてみましたが全然進みませんw
激坂限定ですね。


fc2blog_201703211344005d9.jpg

fc2blog_2017032113440612e.jpg

金剛トンネルへ向かう途中の新千早トンネル。
落書きが消されてキレイになってます。
滝畑ダムのトンネルもキレイになってましたからこのままキレイな状態を維持したいですね。
落書き、ダメ、絶対。

金剛トンネルコースの斜度が上がるところも楽々と登ります。
楽々すぎて途中1人のサイクリストを抜いてやったりました!うはw速くなった気分ww(違


fc2blog_20170321134415216.jpg

キャニオンはシルバーなのでタマちゃんほど写真映えしないのが難点。
この日は快晴で完全にサイクリングもシーズンインといった感じです(^ω^)

ピューンと下って、途中金剛トンネル奈良側のあの激坂を逆に下り吉野川沿いの39号へ。
この快走路は僕のお気に入り区間。
ちょっとテンションあげあげで走ってみますで!
追い風基調ということもありこの日は40km/hキープできるくらいに快調。
途中シートの高さとか微調整しながら走りますが、フレームサイズもぴったりみたいで初めてでも全然違和感を感じません。
よかったよかった。


fc2blog_201703211344257a6.jpg

fc2blog_20170321134418a3d.jpg

なんとなく入った喫茶店でラーメンセット。
もう一度確認しますが「喫茶店」「ラーメンセット」

意外とアリでした(^ω^)

ちなみに写真には写っていませんがすぐ隣に中華屋さんがあります。
中華屋の横でラーメンセットを全面に推して徹底抗戦の構えの喫茶店・・・すごく応援したくなりますwww




fc2blog_2017032113442353b.jpg

fc2blog_20170321134421468.jpg

そろそろ梅がキレイです。
梅の次は桜ですが、今年は桜の季節にビワイチしたいなぁとぼんやりと計画しております。

そしてこの道は2回目なので特に迷うこともなく・・・


fc2blog_20170321134428a8c.jpg

ニホンオオカミの像。

じつはキャニオンを実際に見たときにけっこうキレイなシルバーだったので「銀狼みたいやん・・・」とか思っておったのです。
エンデュランス系に振ったポジションとはいえなかなかに精悍なフォルム。
実際に銀狼の前で写真撮ってみたいなという想いがありました。

そして実際に見たら、やっぱり、似てる。
というわけで2台目の僕のロードバイク、「銀ちゃん」に勝手に命名しました。
銀魂ではないやで。


帰り道、三宅町や河合町とかの市街地もストップ&ゴーが楽だしフロントインナーのチェンジを多用できるので、余力を残して帰宅できました。

うーん、もっと走りたい!\(^ω^)/

ではでは。









テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/22(水) 04:30:23|
  2. 奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CANYONのインプレをしてみました

こんにちは、さいちゃんです。



今回は超絶かっちょいい僕の新しい愛機「CANYON ENDURACE CF 9.0 DI2」
これのインプレなんぞかましたいと思います。
まあせっかく新しいロードを手に入れたのでどんなもんなのか、というのと今の率直な感想を残しておきます。

ちなみに3回ほどのライド(300km 6000up)後の感想です。





fc2blog_201703211008366e4.jpg

とりあえず最初のインパクト。
キャニオンは海外通販しかやっておりませんので、注文の品はクソでかいダンボールでやってきます。
そのダンボールからロードを持ち上げた瞬間。

軽ッッッ!!!


そうです。Canyon Endurace、メチャメチャ軽い。
ペダルはまだついておらん状態ですが、持った瞬間わかるその軽さ。
いままでのタマちゃんが8.5kgに対しこのキャニオン7.2kgなので単純に1kg以上軽くなっておる。
その差は歴然です。

最初からけっこういいホイールもついてますし、それも大きいんでしょうかね。


さて、ロードバイクは軽さが正義といいますが、ではその走りはどうでしょうか。


前置きしておきますと僕はロードバイクの知識はあまりありません。
フレームの剛性が~とかしなりを活かして~とか難しいことはわからないので、すごく感覚で書いていくと思います。






◆すごく静かなロードバイク

カチャリとクリートをハメたあとはごきげんなシェイクダウンライドです。
ペダルを回してまず思ったこと。
音がしない。
タイヤのロードノイズがするだけで、ペダルを回してもクランクやチェーンの音がまったくしない。
耳に入ってくるのはタイヤと風の音だけ。
ロードバイクってこんなに静かだったんだ。
今までの105からアルテグラへとアップグレードはしてますし、なにより新品ですから当たり前なのかもしれませんが単純にその静かさに感動しました。

静か=振動の少なさになると思いますが、なるほど振動は明らかに少ないです。
石川SLに500Mほど路面がガタガタのところがあり個人的にはルーヴェ区間認定しておる場所なのですが、今まではここがけっこうイヤでした。
カーボンフレームのタマちゃんといえども振動がひどく、スピードも落ちてしまう区間ですが、今回走った時に振動は激減。
走ってる時の音が「ドドドド」から「タタタタ」に変わる感じ。
なるほどこんなところがロングライドで助かるんでしょうな。
おしりにも優しい(^ω^)





◆漕ぎ出し&加速がさらに楽に

タマちゃんのホイールをゾンダに変えたときにも強く思ったこと。
街乗りのストップ&ゴーが頻発するときにこれは重要な要素ですが、軽いほど最初の加速が楽チン。
10回もペダルを回せば20km/hまで持っていける感じです。
その後の加速も35km/hまでは向かい風じゃなければ普通に回して持っていけますが、それくらいで頭打ちになる印象。
最高速はTARMACの方が速いかも。
まあ僕はレース志向ではないですしロードのモデル自体がEnduraceとその名のとおりエンデュランス系ですのでそこまでの速さは求めないから問題なしです。





◆登りはとにかく楽

fc2blog_201703211008407ec.jpg


多分みんなが一番気になるのがこれでしょう。
少しでも楽に速く坂を登りたいという全ローディーの欲求。
大丈夫、満たしてくれます。

最初、坂道を登ったときに今までの感覚と全然違って気づかずにアウターで登ってたくらい。
クランクが52-36Tから50-34T になったのも大きいですが、やっぱりロード自体が軽くなったおかげで坂道での「しんどさと速さの割合」が明らかに速さが増えてる。
坂道がしんどいのはしょうがないですが、いままでのしんどさで回すとかなり速く登れます。
ある程度のスピードで登るほうが慣性が働いてスピードのノリがいいですしね。

それとダンシングもペダルに力を入れやすい感じ。
スっと腰を上げて踏み込んだ足が垂直にペダルへと降りていく。
ムダが少なくなった気がします。
じつはフレームのサイズをTARMACに比べると少し小さくしたんですが、それも合ってたのかな。


でも僕が一番良かったのが11-32Tのスプロケ。
そうです、いわゆる乙女ギアですwww
登りが速いにこしたことはないんですが、僕は楽に登りたいのです。
登りで脚を使うのを極力抑えて長い距離を走りたいのです。
先日、蔵王峠を越えた時も斜度20%ほどの激坂が2ヶ所ありますが、そこもコンパクトクランク+乙女ギアの組み合わせでシッティングで難なくクリアできました。
今まではダンシングでなんとかクリアしてきた場所なのでやはり効果は抜群です。

これがあればロングライドで最後に山を越える時にもクルクル走法で少しでも楽に登れると思います。
さすがに普段はあまり使わないでしょうがお守り的な感じで安心感がありますね。






◆電動は正義だ!

fc2blog_201703211008382da.jpg

そもそもの始まりに電動コンポ欲しいなぁ・・・というのがありました。
TARMACのコンポ載せ替えるか、とかも考えたんですが、ロードが2台あってもいいじゃないかという結論に達したので今回キャニオンを買ったというわけで。

で、このUltegra (アルテグラ) 6870 Di2 ですが、メチャメチャいいです。
別にこれにしたから速く走れるとかは当然ないです。
とにかく楽なのです。
さっきから楽したがってばかりですが、これは本当に楽チン。
リアの変速は今までも問題なかったんですけども、フロントの変速に力がいらないのがなんとストレスフリーなことか!
あの左手をグイっと入れる苦労がなくなるのです。
これで信号待ちの時にインナーに入れるのめんどくさいな・・・アウターのままでいいか・・・スタートめっちゃ重い!めっちゃ重い!という不精あるあるも回避できるというわけです。

あと何げにトリムを自動でやってくれるのもイイ。
カチカチと変速した後に「ウィン!ウィン!」と勝手に調節してくれるのが、なかなかに可愛く思えますw






◆下り最速におれはなる

fc2blog_20170321113656549.jpg

セットになってるホイールのがこのDT Swiss PR 1400 Dicut OXiC CL
今までのソンダが1594gに対し1435gと少し軽量になりました。
300kmほど乗ったらラチェット音が少し大きくなったかな?と思いますがこのハブもカンタンに分解可能でグリスアップもできますのでちょこちょことメンテしたいと思います。

それにしてもこのホイール、よく回ります。
登りではその軽さが効果を発揮するのですが、ハブの性能をはっきり実感したのが下り。
奈良のある下り道で体感したのですが、今までなら40km/hくらいで自然にスピードが落ち着く感じの坂道。
普通に下っておったら全然スピードが落ち着かない、むしろどんどん加速していく!
これはヤバイとブレーキかけて減速しましたが、普通に60km/hくらい出てました・・・あんまり大きな声ではいえませんが。
というわけで今まで下りでスピードを出すこともあんまりなかったですが、このホイール、勝手に加速するので気をつけんといかんです。マジで。
ちなみにこのホイール、リムまで真っ黒なのでブレーキシューのカスが見えないのも掃除が楽でええです(^ω^)






◆ブレーキ性能には疑問の声も

fc2blog_20170321100841300.jpg

ブレーキはUltegra BR-6800
安心定番のシマノ。
そのアルテグラなら問題ないであろう・・・と思っていたんですが、今までの105に比べてもストッピングパワーが弱いような。
リムとの相性もあるのか、それともさっき言ってた下りのスピードが出過ぎるのが問題なのか。
ここは期待してたほどではなかったのがちと残念(´・ω・`)

ちなみにキャニオン、同じモデルでディスクブレーキ仕様もあるのでそっちだったらもっと安心なのかしら、とか。
でもお値段がまた上がっちゃうんですよね。





◆お尻も安心

fc2blog_20170321120343fe5.jpg

Fizik Aliante VS Special Edition
少し柔らかめのパッドが入った感じでお尻に優しい反面レーシーな走りには不向きかな。
100km超えてもお尻は痛くなりませんでしたし、もともと僕は剛ケツみたいなのであんまり参考にならんかしらw
穴あきサドル愛好家でしたが、特に圧迫感もありませんでしたがらしばらくはこれ使ってみます。






◆ロングライドの強い味方

と、いうわけで最初の印象をつらつらと書いてみましたが、要約すると「楽しい、楽チン」ということ。
今までよりも少しアップライトになるのでスピードは犠牲になるかもしれませんが身体への負担も少なくなります。
ホイール、フレームの衝撃吸収性能も優秀でお尻や手の平もダメージがありませんでした。
そしてコンパクトクランク+32Tにより登りも楽に走れる。
その結果、膝痛などのリスクも減るでしょう。
電動シフトを使うことで今までよりもシフトチェンジの回数が増えました。結果、細かなスピード調整が出来るので身体への負担も減り体力も温存できます。

「楽しく、楽に、遠くまで」

僕の自転車に求める要素が見事にピタリとハマった自転車です。
出会えたことに感謝。




このCanyonというメーカー。
ショップや代理店をすっとばして直販という販売形式をとる性格上、コストパフォーマンスはべらぼうに高いのですがメンテナンスは基本自分でやる覚悟はいると思います。
まあ懇意にしてるショップでやってもらえるならいいんでしょうけども、内心向こうもどう思ってるかわかんないですしね。


いきなりの1台目にキャニオンは厳しいかもしれませんが、僕みたいにある程度ロードバイクの付き合い方の方向性が見えてきて、メンテも自分でしたいとかコンポをグレードアップしたいとかなら2台目以降にキャニオン、アリだと思います(宣伝)
参考までに身長175cmの僕はフレームサイズSでピタリでした。



これでもっともっとロングライド行けそうな気がします。




ではでは。






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/21(火) 12:35:39|
  2. CANYON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

CANYONのコスパを検証してみました



こんにちは、さいちゃんです。

さてさて新しく僕の相棒の仲間入りとなりましたキャニオン。

fc2blog_201703132158269ed.jpg



インプレ・・・はもう少し後でするとしてよく言われるコストパフォーマンスの高さをちょっと検証してみます。
ロードバイクはパーツ構成でお値段もガラッと変わりますしね。

キャニオンHPでパーツ類を見てそれをネット通販で買ったらどうなのか。
そんないやらしい検証ですなwww

コンポ、ホイール。
このあたりで調べてみます。
基本wiggleさんで見てみました。


Shimano - Ultegra (アルテグラ) 6870 Di2 11スピードグループセット
Baidu IME_2017-3-16_23-51-42




Fizik Aliante VS
Baidu IME_2017-3-16_23-20-22


cotinental Grand Prix 4000 S II CL 700-25c
Baidu IME_2017-3-16_23-22-16


DT Swiss PR 1400 Dicut OXiC CL
Baidu IME_2017-3-16_23-28-32



ここまでで312,509円
ハンドル、シートポスト、コラムはキャニオンオリジナルなのでノーカウントです。

トータル329000円で買ったので単純計算するとフレームが16491円。
カーボンフレームが16491円ではまあ普通買えません。

というわけで、今更気づきましたがやっぱりすごくコスパ高いロードバイクです。


パーツを載せ替えたいとか、ホイールはいらないとかだとまた変わってくると思いますが、今回の僕みたいにせーので新しいロードを買うならキャニオン、すごく「アリ」だと思います。


さて。
次はせっかくなので、CANYON ENDURACE CF 9.0 DI2のインプレなんぞもしてみたいと思います。
多分。


ではでは。




テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/17(金) 00:04:35|
  2. CANYON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CANYONをポチりました

こんにちは、さいちゃんです。


さて、いきなりですが新しい自転車買いました。

fc2blog_201703132158269ed.jpg


CANYON ENDURACE CF 9.0 DI2

フレーム Canyon Endurace CF R32
フロントディレーラー Shimano Ultegra Di2 FD-6870-F
ブレーキ Shimano Ultegra BR-6800
スプロケット Shimano Ultegra CS-6800 11-32T
ホイールセット DT Swiss PR 1400 Dicut OXiC CL
タイヤ cotinental Grand Prix 4000 S II CL 700-25c
クランク Shimano Ultegra FC-6800
チェーンリング 50-34T
ボトムブラケット Shimano Pressfit
ハンドル Canyon H17 Ergo AL
サドル Fizik Aliante VS Special Edition
シートポスト Canyon S14 VCLS 2.0 CF
平均重量 7,2 kg (サイズ M)

※特に気に入ったポイントを赤字にしております。








さて、このキャニオンというメーカー。
そこそこ知名度が上がってきたと思いますが、基本的に通販限定のメーカーなのです。
実店舗をもたない。つまり実際に自転車を見れない。
ネット越しのモニタの情報だけで自転車を買うというかなりリスキーなメーカーですwww


ただしその分コストパフォーマンスがメチャメチャ高い。
中間マージンが云々は社会に出て働けばしょうがないよね・・・と割り切ることもできるんですが、無いに越したことはない。



ネット社会のこのご時世、自転車もネットでお安く買うのもアリかなぁと思いポチった次第でございます。



しかし安いといってもロードバイク。
しかも2台目ならば初代のスペックは超えねばならぬ。
なんといってもコンポが105から電動のアルテグラへとかなりのアップグレードなのです。


というわけでこちらのバイクのお値段。

fc2blog_201703132158256c4.jpg
35万www

自転車に35万とかwww
もう完全に自転車沼に頭からつっこんだ感じです。

本体価格329000円
税関16000円
ペダル11000円

総額356000円のお買い上げ((((;゚Д゚))))
ネットでお買い物はもう15年以上やってきましたが、これは過去最大額のお買い上げですw





さて、実際のレビューは・・・数回乗ってからしてみたいと思います。
今回はとりあえず新しい自転車買ったのでご報告をば。


ではでは。







テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/13(月) 10:18:49|
  2. CANYON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「ジレ」はなにかと優秀でした


こんにちは、さいちゃんです。

ベスト、チョッキ、ジレ。
自転車乗りならばジレは馴染みのある言葉でしょうが普段の生活ではほとんど使うことないですよね。
僕もいい歳したおっさんなのでチョッキ・・・は流石に使いませんがもっぱらベスト。
でもジレって言った方がかっちょよろしい気もします。

ちなみにベストもチョッキもジレも同じ意味らしいです。




さて、そんなジレ。
先日なんとなくポチったのでちょっと雑感などなど。

fc2blog_20170304224539cb2.jpg

最近はウェアはAmazonではなくWiggleの方がええかなぁということでガイツーでお買い上げ。
しかし正直ジレって袖ナシで防寒性能的にどうなん?って思ってました。
ウィンドブレーカーの方が幅広く対応出来るのではないか・・・と。


Baidu IME_2017-3-4_22-50-38

しかし実際これを着て3回ほど実走してみた感想としては、スゴクイイです!

まずウィンドブレーカーほどバタバタしない
けっこう厚手の生地なのも関係してると思いますがダウンヒルとかでもバタバタとうるさくないです。
これは意外とプラスポイント。

そして袖なしでも案外暖かさには影響しない
めっちゃ暖かいです。
たしかに普段着でもダウンベスト着ますしね。
胴体と末端をカバーしておけば意外と腕は寒さに耐えれる。

さらに温度調節が楽。
ちょっと暑いかな・・・と思ったらジッパーを下ろして胸元を開ければ一気に冷却。
背中まで風を感じるくらいなので、暑けりゃ脱ぐのではなく暑けりゃジッパーを下ろせばオッケー。
これは楽チンです。

そしてこれが一番大きなポイントかもしれませんが、見た目がカッコイイ。
ベスト自体がちょっとオシャレアイテムですしね。
長袖ジャージのデザインと相まってジレを着るだけでちょっと気を使ってる感が出せます。(個人の感想です)



そいうわけで超気に入ったので秋・冬・春とこのジレ、活躍してくれそうです(^ω^)


長袖ジャージはもう2着以上持ってるしなぁ・・・と思ってるそこの諸兄。
ジレを着てウェアも楽しんではいかかでしょうか。




普段着はユニクロなのに上から目線でちょっと調子ぶっこきましてスンマセン:(´ºωº`):




テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/03/04(土) 23:07:08|
  2. ウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2