ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

ブルベに憧れる。200km走ってみる。

最近ブルベにちょっと興味が出てきました。

ブルベ(仏:Brevet)とは、タイムや順位には拘らず、制限時間内での完走を認定するロングライドのサイクリングイベント(wikiさんより)

遠くに走りに行くのにも制限時間を設けるとゲーム性が生まれてそれもまた面白いですよね。
巷で流行りのろんぐらいだぁす!もブルベ志向なお話ですし。

そしてこのブルベ、200km・300km・400km・600kmが一般的・・・らしいのですが、600kmってとんでもな距離ですよね・・・
そして年間でこれらすべての距離を走ると「シューペル・ランドヌール」というなんだかカッチョよろしい称号を手に入れることができるらしいのです。

称号とか肩書きとか・・・厨二患者を刺激する響きやないか(^ω^)



かといって別に大会に参加するのもめんどくさいですし、ブルベのイベントって基本ぜんぶ自分でしないとダメらしいのでじゃあなんでお金払って参加してるのん?って思ってしまうタイプなので。

というわけで今回はブルベでも一番短い距離の200kmを好き勝手に走ってみようという趣旨のライドです。






9月27日(晴れ時々くもり)

200km走るでッ!と意気込んでみたもののじつは自転車乗るの2週間ぶりなんです。
まあ前向きに捉えれば完全なサラ足で挑めるというものであります。

問題はルートなのですが、三重の青山高原に行こうかなぁと思いつつも200kmのルートをひくと実に微妙。
行ってこいの往復ならカンタンなんですが、来た道を辿って帰るのがキライなので、ビワイチとかの練習に使ったグルリ泉南+αで距離調整して200km走ってきました。






Baidu IME_2016-9-28_22-36-3



最初にネタばらししとくとこんな感じでぐるり一周で。
走ったことある道をつないでますし、山もそんなにないのでブルベ初心者のボクとしては無難な感じではないでしょうか。


そしてブルベにはPC(Point de Controle)という決められたポイントを通過しないとダメというルールがあるそうなんですが、まあつまり行きたいところをつないで結果的に200kmを超えたらOKということで。

今回は加太のしらす丼・貴志駅のニタマ駅長・長柄のローソンをPCに設定しました。
あくまで自分の願望のまま設定したPCなのでスゴイ都合いいんですがw

あとついでに200kmブルベの場合13時間半以内にゴールしないといけないらしいです。
まあ、これも少しだけ頭の片隅には入れておきますがあんまり意識せずに。

完全にブルベのルールではなくなってますなw

個人的ブルベ練習なのでそこはユルくいきたいと思います(`・ω・´)





AM6:00

そこそこヒンヤリとした空気。
もう秋なんかなぁ・・・そういえば午後から雨降るかもしれんなぁ・・・まあええか、と出発です。
ちなみに朝ごはんはアンパン1個とバナナ1本です。

多分、200km走るのには少ないですw もっと食べましょう。

8:00ごろには関空前も通過。
平均時速は25km/hくらいです。

計算上では15km/hで制限時間はクリアできるので、この調子なら余裕でしょでしょ。



fc2blog_2016092823005447d.jpg

9:15 とっとパーク小島通過。

平日の朝だというのに遠目にも釣り師がたくさんいましたね。
その後も1級山岳大川峠も超えて。


IMG_1051.jpg

そしてやってきました加太!
実に一年ぶりくらいかな?
ロード1年生のときはここが目的地であったのに、現在はまだ朝の10:00である。
ローディあるあるなんでしょう。
確実に距離感と時間感覚が麻痺してきてる\(^ω^)/


IMG_1050.jpg

fc2blog_20160928230058242.jpg

さくっと満幸食堂さんでしらす丼とみそ汁でございます。
アンパンは朝食ではなかった!こっちが本命です(^ω^)

お天気はくずれる素振りもなく快晴。
適度な運動後の潮風は美味しく気持ちいい。
そして海を眺めながらのしらす丼。
今日は仕事も休み、しかもまだまだ午前中なのである。

最高以外の何ものでもない・・・ッッッ!!!

いやぁ、ブルベ。ちょろいなぁ(違


IMG_1048.jpg


きっちり補給&休憩して前半戦は終了。
次はこのまま南下して紀ノ川へ合流します。

紀ノ川沿いには延々とサイクリングロードがありまして、正直ブルベにサイクリングロード入れるのって反則じゃね?とも思ったのですが、あくまで自分に甘くゆるゆるでいきますw



なんとなく紀ノ川にたどり着いたら東へ東へ。
この時点で80kmくらい。
まだまだ体力的には余裕があります。

紀ノ川沿いに走り次なるPCはニタマ駅長。
そこそこ有名でしょうが貴志駅のスーパー駅長「たま」の2代目です。

別にネコ好きとかではないですけども、まあ、なんとなくで。

12:30 貴志駅とうちゃこ。

IMG_1053.jpg

IMG_1054.jpg

1枚写真撮らせていただきましたが、ニタマはなんだか不機嫌そうでした。
そりゃガラス越しにいろんな人に見られたらストレス溜まりますよね・・・たま駅長の話はすごくハートフルですが、ニタマ駅長は人間の勝手に振り回されてる感じでなんかアレでしたね・・・

もういっそのことネコカフェとかしたらええねん。



なにはともあれ第2PCもクリア。
このまま東へと進路をとってもいいのですが、気になるお店がこの近所にあるのです。

それが「美味」という唐揚げやさん。

グルメライド師匠であるちゃまさん情報では田んぼの真ん中にポツンとあるマイナーなお店らしいですが、店主の唐揚げ好きが高じて唐揚げ好きのためのお店を出したとかなんとか・・・詳細はあやふやですがそんな感じらしいです。

朝ごはんはしらす丼をがっつり食べたのでお昼はナシで走ってたのだが、おやつに唐揚げ。

アリですな! 


というわけでピューンと走って「唐揚げ美味」さん。

fc2blog_20160928230104fd1.jpg

fc2blog_201609282301086b2.jpg

たしかに田んぼの真ん中にポツンとありましたwww
お店のおっちゃん曰く、自転車で来る人が増えてるらしいです。
これはリアルにちゃまさんとかLipさんとかが宣伝してるからちゃいますかねw
ネット怖えぇ((((;゚Д゚))))


向かいの公園的なところ、屋根付きのベンチでモグモグしましょう。
どれどれ・・・パクリ。

「・・・もぐ・・・ジュワー・・・」

ほああぁぁ・・・柔らかい!甘い!美味しい!

ワタクシ、とくに苦手な食べ物はないんですけども。
唯一、「古い油の揚げ物を食べるとお腹痛くなる」という厄介な持病がありまして。

おかげさまで揚げ物食べた時のファーストバイトでそのお店のレベルというか安心感が分かる特技を身につけました。
ちなみに〇クド〇ルドのポテトはボクのお腹は一発アウト。

というわけで美味。ここは名前のとおり唐揚げも美味ですが、油もキレイですね(^ω^)

正直5個で注文したことを後悔・・・10個イケるレベル。
うーむ、次はおにぎり持参で普通にランチでイッときたい感じ・・・

美味さん、その名のとおり美味でございました!
近くを通ったときはまちがいなくリピートしますで(^ω^)




IMG_1058.jpg



さて、あとは紀ノ川をさらに東へ東へと。
地元に帰ってきた感じがして少し残念な気もしますが、このあたりからペースが落ちてまいりました。

道中、ちょこちょことゼリー状の補給食もムシャムシャしてましたし、コーラ補給もかかしておりません。
しかし・・・脚が重くなってきました。

うーん、これは単純に疲労やね。

2週間のブランクは大きかったのかなぁ、それとも意外に暑くて汗をかきすぎたのか。
この日はもしかしたら雨が降るかもしれんというくらい微妙なお天気だったので、インナーにコンプレッション系の長袖を着てきたのですが走ってるうちに天候はみるみる回復。
気温は実に30℃と太陽は容赦なくボクを照りつけてくれておったのだ。


無理は禁物とここらからペースダウン。
涼しくなってから本気出すッ!作戦です。

まあ本気出すまでもなく、これから向かう山麓線は上り基調なのでスピード出せるわけもないんですけども。
淡々とペダルを回しますが150km越えたあたりから楽しくなくなってきた。
身体が痛いわけでもないですしメチャメチャ疲れてるわけでもないんですけども、多分飽きたw


車と並走してたのも原因かもしれません。


17:00 最後のPCである長柄のローソン到着。
スマホで距離を確認しつつ、あとは竹ノ内峠経由で帰ればまあ無事に200kmライド達成であろう。
残り30kmほど、軽くやっつけてやることにしよう。


竹ノ内峠もけっきょく頑張ることなく淡々とクリア。
ブルベって多分そんなもんやと思います。頑張ったら負けみたいな。

大阪入りしたあとは石川SLを走ろうと思ったが、ここで日没。
さすがに暗すぎちゃんだったのでSL横の道で帰宅。ふう、やれやれである。



久しぶりのロングでしたが、まあなんとかかんとか走りきれましたね。
もう200kmくらいなら突然走り出しても大丈夫そう(^ω^)

さてさて、ではStravaアップして証拠を残そうとしましょうぞ。





196kmェ・・・( ^ω^)・・・

ガーミンのバックライトはOFFにしてたので気づきませんでしたが200kmいってなかった\(^ω^)/
経過タイムは12時間45分くらいなので問題なく間に合ったと思うんですが・・・

普通のライドもこうやって時間とか縛りを入れるとまた違った楽しさがあります。
うーん、もうちょっと走り込んでグロス23km/hくらいを目標にリベンジしたいですね。

おつかれさまでした。






スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/29(木) 11:09:15|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自転車屋さんのメンテは意外と安かった


さいちゃんです

台風一過もなかなかスカッとした天気にはなりませんね。
雨の中走るほどには自転車に入れ込んでおりませんので、そんな雨の休日は読書したり掃除したり映画見たりと普段しないことをしておりました・・・ってむしろそっちの方が一般の人々の休日の過ごし方かw



そして今日もお天気はよろしくない。
しかし1~2時間くらいなら降らないかなぁ・・・ということでちょっとライド。

といってもタマちゃんではありません。
通勤号で近所の自転車屋さんへと向かいました。





さて通勤号。
タマちゃんよりも古参自転車なのですが、普段は屋根付きの駐輪場に保管し会社に行く時はほぼ往復乗るという環境で3年半。
過酷な環境でかなり酷使されております。

その結果。


fc2blog_20160923203748b24.jpg

アウターケーブルが劣化により破れインナーケーブルが錆びた上ほどけております。

誰がここまで放置した いやフロントの変速なんて使わんし・・・


さすがに見かねてなんとかしようと思ったのですが・・・
自分でメンテナンスしてみる
お店にまかせる

少し考えましたが技術も知識も工具もないのでお店にまかせようと購入したあさひサイクルへと向かったのです。

うん、少しだけ嘘つきました。一番の理由はめんどくさそうだったから。




さて自転車で15分ほど走りとうちゃこ。
そのまま自転車押して店内へと。

1つだけビビっておることがあったのですが、それはつまり。お値段。

ケーブルの値段はだいたい分かりますが工賃はいくらぐらいが相場なのか皆目見当がつきません。
3000円くらいかなぁ・・・という予想。



「あの~、自転車見て欲しいんですけども・・・」

『どうされました?』

「このケーブルが効かなくなってるんですよ・・・(一目瞭然)」

『あ~、これだったら1500円くらいですね、15分でなおりますよ』

「あ、じゃあお願いします」




めっちゃ安いがな(^ω^)

しかもめっちゃ速いがな。

下手に自分でしなくても大丈夫でした。
近所で買っといてよかったよかった。

きっちり15分後できあがり。

『ウチで買ってもらってるんで10%割引しときますね』
『あ、ついでにリアのケーブルもメンテしてきましたんで。サービスです』

ボクが女でなくても、惚れてまうやろ!


結局1200円ほどで修理できました。
ありがとう、あさひサイクル。


fc2blog_20160923203747ac8.jpg

これでフロントの変速もできるようになりました。
トリプルクランクの恩恵にあずかれますね(^ω^)あんまり使わんけど・・・


試走がてらそのまま滝畑ダムまで走ってきましたが雨にはあわず。

結果論ですが普通にロードで走りに行けたがな(´;ω;`)

まあ通勤号がなおったからよかったかな。うん。






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/23(金) 21:18:43|
  2. メンテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグに悩まされてます


こんばんはさいちゃんです。

しまなみ海道のアレコレも一段落したのですが、じつはあれからまとまった距離を走れてません・・・
あれ?走ったかな?・・・とにかく満足のいくライドが出来ておらんのです。

トレーニングとか辛いのはキライなので、時間かけてたくさんの距離を走って楽しみたい!というのが今のボクの自転車ライドの目的なんですがそれがナイのです。
まあ、台風とかきてたらしょうがないですが(´;ω;`)



さて、そのしまなみライドで気になったこと。

当日の服装はサイクルジャージにSPDシューズ、装備はサドルバッグにドイターのリュックを背負い2日間で270km+南港までの往復40kmほどを走ってたんですけども、やっぱりリュックは背負いたくないということ。

どれだけ自転車用のリュックでもさすがに肩口とかが終盤ちょっとすれて痛くなってきたんですよね。
しかし着替え一式とリンコウバッグ、タオルやら小物全部サドルバッグに入れるのは無理。
でももう少し大きなサドルバッグなら入れれるんじゃなかろうか・・・


ちなみにボクの手持ちのサドルバッグは2つ。
どちらもORTLIEB(オルトリーブ)というメーカーである。

Baidu IME_2016-9-20_22-34-50
ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグマイクロ
容量 : 0.6L

マイクロだけあって小さいのでロードバイクのフォルムを極力損なわないように。
その分容量も少なく0.6L、だいたいチューブ、パンク修理キット、携帯工具、鍵を入れたらパンパンです。
いわゆる100kmくらいの普通のライドならこれでもええんでしょうけども・・・



Baidu IME_2016-9-20_22-49-12
ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ M
容量 :1.3L

こちらには上記のアイテムの他にリンコウバッグを入れるときに使うために買ったんですが、結局リンコウバッグ使うシーンでは着替えとか必要なのでリュックを持って行くというw


そうなのです。
100km以上走る日帰りライドならこのサドルバッグMで問題なかったのですが、輪行して泊まりというシチュエーションでは着替えが必須になりつまりリュックを背負うという結果に。

うーむ。


じゃあ、さらに上のサドルバッグいっとく?

Baidu IME_2016-9-20_23-15-31
ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L
容量:2.7L

Mの実に2倍の容量。
これなら着替えも入るんじゃなかろうか・・・値段もそんなに高くないし・・・
チューブ、修理キット、鍵、リンコウバッグ、着替え、冬場はウィンドブレーカー・・・着替えもかさばるし無理かなぁ。

とか思いながらネット見てたら。
なんだか今月に新製品が出るってさ。

Baidu IME_2016-9-20_23-24-3
ORTLIEB(オルトリーブ) Seat-Pack 「シートパック」
容量:16.5L

バッグからパックになりました。
というか、デカイwww

これなら冬場でもウィンドブレーカーでも入りますなwww


容量を比較すると。
マイクロ(0.6L)<M(1.3L)<L(2.7L)<シートパック(16.5L)

いきなりシートパックから容量増えるんですね。
なんかでかすぎて逆にかっこよく思えてきたんですけども、まだここまではいらんかなぁ。
かといってLだと小さいのかなぁ。

両方買っちまえば解決なんでしょうが。

さすがにオルトリーブだけで4種類もどうかと思いますしね。
あ、でも秋~春はドリンクホルダーが1個空くからそこにツール缶orリンコウバッグさせるな。
うーん、ということは「L」買っとけばロングもしのげるのかなぁ・・・

まあ、こんなお買い物前の妄想も楽しいもんですが。

う~ん、どうしようw






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/20(火) 22:59:17|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

EOSMのインプレとフォトポタの実用性とか


ども。さいちゃんです。


雨&台風でローディさんたちにとってはなんともムラムラする季節です。
ムッシュムラムラなので、今日は不定期にやってくるカメラのお話なのです。




えー、先日ミラーレスの一眼デジカメを手に入れました。


fc2blog_20160730221118f5b.jpg

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 ダブルレンズキット
EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM EF-M22mm F2 STM

3倍の標準ズームレンズと22mmの単焦点レンズがセットになったキットです。

望遠は猫とか撮るなら便利ですが、風景がメインなので単焦点のセットをチョイス。
自転車で持って行くときもコンパクトの方がなにかとイイですしね。



正直、今までのキャノンのミラーレスはAFのスピードが使い物にならんくらいアレだったので興味はなかったのだがこのEOSM10とM3はなかなかに速い。
ソニーの上位機と比べればそれはまあ遅いのだが、風景撮るくらいならまったく問題ない。
そしてコンパクトでお安いのである。


まあいままで散々「iPhoneで全然OKやなッ!」とか「ちょっと気合入れるときはPowershotG7x持っていくで」とか言ってたのに、自転車ではいろいろと非常に分岐路である一眼レフへと手を出した。
ミラーレスだから、ギリギリOKやろ♪~(´ε` )






さて、せっかく手に入れたミラーレスなので試しどりしてみたいところやがまずは室内で操作確認&テスト撮影でもしてみます。
AVやTVは当然ありますが、今流行りの星空を撮影するモードはないみたい。
それくらいつけといてもええのにねぇ。

まあ操作はタッチパネルもあるのでそこそこカンタンにできますね。

問題は撮影の感覚です。
ピントの合うポイントのクセはカメラでけっこう変わりますので、シャッターを切って身体で覚えんといかんです。


夜中ですけどもちょっと試しどり。

IMG_1041.jpg

撮影大会開催!
適当に簡易ブースを作り、今日のメインモデル忍野忍たんに来ていただきました。


あ・・・あくまでカメラの試しどりだから・・・


IMG_10371.jpg

「ぱないのぅ!」

やっぱり単焦点のほうがキレイな。
絞り開放にしたときのピントのシビアさがハンパないし、意外と手ブレするけども。



IMG_10372.jpg

トリミングのアップもまあまあ耐えれる。
ということは望遠の必要なシーンもとりあえず撮っとけばあとでなんとかなるかな・・・


IMG_1038_201609192358339f6.jpg

この被写界深度の浅さがカメラマン心をくすぐるのです。
2~3センチの勝負。


IMG_1040.jpg

バリアングル液晶モニターなのでローアングルも余裕なのです。
カメラ小僧ではありません(`・ω・´)


ふう、やっぱり幼女は単焦点レンズは最高だぜ。
ボカシたい時でも開放で撮るより1~2段絞った方が実践的かな・・・そしてズームレンズはもしかしたら出番ないかもしれんなぁ。




しかし試し撮りとはいえこのままではボクに幼女趣味のレッテルがついてしまうので、他のモデルさんも呼んできます。


IMG_1044.jpg

ガンキャノンさん。
ウェストはキュッと締まってなかなかのワガママボディですな。

ちなみにボクは自転車クラスタでありカメラクラスタでありプラモクラスタでもありますw

IMG_1045.jpg

やっぱりもうちょっと絞って撮ったほうがええな・・・
レンズが明るいからといってやりすぎるとあきませんね。

IMG_1046.jpg
ちょっとちょっと!プライベートはカメラやめてください!














と、じつはここまで書いて公開するのを忘れておりましたw

ほら。しまなみとか行ってたから。





もともと自転車用に買ったものではないですが、ライドに持っていければフォトポタも捗るというもの。
ちょっと試しに背負って走ってみましょう。

さて、ミラーレスをロードバイクで運ぶ方法。
いろいろあるようですが・・・

リュックを背負うとかフロントバッグに入れるとかはメンドクサイのでNGです。
じゃあウェストポーチとかに入れる?いや、それも腰の負担の関係上NG。
サイクルジャージの背中ポッケにならレンズとボディを分離すれば入りますが・・・それだと結局撮影するときのワンアクションが増えるのでNG。


というわけで結局シンプルに「付属のストラップをできるだけ短くして背中に回す」作戦で。
これが意外にズレない。カメラが軽いからかもしれませんが、平坦でも上りでも激しく動かなければカメラが前にズレてくることもありません。そしてすぐに撮影可能。

IMG_0025.jpg

IMG_0029.jpg

IMG_0034.jpg

IMG_0039.jpg

IMG_0040.jpg

いつものコースで撮ってみました。
まあこれくらいの距離ならいいんでしょうけども、さすがに背中が気になるので50kmを超えるようなライドとかはまた違う運搬方法を考えないといけないかな・・・それとも強靭な背中になれば大丈夫かしら。










  1. 2016/09/19(月) 23:54:18|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボクの夏休み「しまなみ海道往復!」(6)

さいちゃんです

しまなみ道中記、多分これで最後ですw




村上水軍博物館で休憩したあとは最後のポイント「亀老山」へと向かうのでした。

スマホで確認いたします・・・フムフム。

Baidu IME_2016-9-13_10-55-7

ちょうど外周沿いに走ってちょろっと寄ればたどり着けそう。
レッツラゴーです。

しかし、このルートは正直オススメできんかった・・・(´;ω;`)

少しの峠を超えて反対側の海へ出たまではよかったのだ。
あとは海沿いにゆるゆる走ればええんやろ(^ω^)と思っておったら。


さいちゃん
 (あれ?海沿いから少し離れていく・・・)



よくある海沿い道路トラップが待ち構えておったのだ。
地図ではよく見ないと気づかんが実は海沿いの崖の上を走る道路であった。

今までボクを助けてくれたサイクルロードの看板。
これも途中から手書きが交ざりだしたwww

ヤバイ予感がプンプンである。


そして予想外のヒルクライム。
亀老山のヒルクライムは覚悟しておったのに、まさかその前に激坂を登ることになるとはw

ハアハアと登りつつガーミンさんを見てみたら

さいちゃん
 「斜度14%www」


アカンアカン。
サイクルロードにこんなルートこっそり組み込んだらアキマセンw

感覚的には牛滝林道を登ってる感じ。
まああそこは10kmほど続くからまだこっちのほうがマシやろうなぁと変な精神的な慰めで登ったり下ったり。


そこはロードバイクに乗っておるという意地で足付きなしで登ってるとやっと目的地の亀老山への正規ルートと合流した。
逆にここからは平均10%くらいの勾配なのでボチボチと登って行きます。

ミニベロの外人さんとスライドしたがそれ以外に自転車乗ってる人はおらんかった。

うん。やっぱりココは自転車でくるところじゃなかったんだ\(^ω^)/


いや、まあ普段からヒルクライムしてる方なら問題ないと思いますよ。
でもしまなみってそんなガチ勢はあんまり来ないかなぁって。




なんとかかんとかたどり着きました頂上。
亀老山展望台。

ここにもうれしい誤算で展望台以外にもジェラートがボクを待ってくれておったのだ。
もう何度目のジェラートか忘れてもうたわwww


fc2blog_201609142242358ac.jpg

伯方の塩ではなくここのは「玉藻塩」をパラッとかけたアイスです。
この玉藻、かなりショッパイ。少しの量でもすごく濃厚なお塩なのです。
でも全然エグミとかないから甘い・・しょっぱい・・甘い・・・しょっぱい・・・とエンドレスにアイスを引き立ててくれます。

正直、伯方の塩より美味いんじゃなかろうか。



さて、予想外のデザートで一服したあとはこの先の展望台まで歩きます。
デザートにまんまと誤魔化されそうになったが、ボクの目的はこの展望台からの景色を確認することなのだ。


さてさて・・・



fc2blog_2016091422423398a.jpg


なるほど、絶景ッ!

いままで見上げるだけだった橋を遥か眼下に見下ろすという景色。
しかもいままであそこをずっと走ってきたんだなぁという達成感も味わえます。

いままでシコシコと金剛山登ってヒルクラのトレーニングしといて良かった(^ω^)


正直キツイですが、ロードバイクでしまなみ走るならこの「亀老山」、制覇しておいて損はないと思います。
しかも最後に最高の景色が見れて言うことナシですね。




さて、残念ながら。

しまなみ海道のイベントもこれで終わり。
このあとは東予港までのんびりと。
このしまなみでの2日間をかみしめながらのんびりと、走りました。

フェリーに乗ってまた起きたら大阪。
ああ、帰ってきてしもうた・・・というのが本音です。もうちょっと楽しみたかったなぁ。









長々としまなみ道中記、書いてきましたが。



「しまなみ海道はいい」とサイクリストはみんな言います。

じゃあ具体的に何がいいのか?

うーん、海の青さとか橋を渡る体験とか美味しいご飯とかサイクリスト同士の出会いとか潮風の香りとか走りきった達成感とか現地の人の優しさとかフェリー輪行の旅感とか・・・

よくわかりませんが諸々含めて全部イイッ!

ということで。





また連休がとれたら来たいと思いますよ、しまなみ海道。












テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/14(水) 23:02:36|
  2. しまなみ海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ボクの夏休み「しまなみ海道往復!」(5)



さいちゃんです


しまなみ海道の記事も5回でやっと往路が終わりましたw
まあ復路はサラッと流して終わろうかなと思いますが終われるんでしょうか・・・さくさくっと行きたいと思いますッ!








起床。

目覚ましは6:30にセットしておりました。
サイクリストにしては遅くない?
いや、朝食付きにしておったんですが、モーニング食べる食堂が7:00からなんですな。
普通の方にとっては多分普通の時間。
まあ、往路の感じからして食べてのんびりして出発しても十分時間的には余裕があると思います。


fc2blog_20160908225601d93.jpg

朝食は和食ですね。
ご飯、お味噌汁はおかわり自由。
ここぞとばかりにおかわりで補給しておきます。

fc2blog_20160908225750daf.jpg

陽あたり良好。
瀬戸内を眺めながらの優雅な朝ごはんです。







さて8:00出発!
また適当に海沿いを走ってたら昨日と違うフェリー乗り場が。
ちょうど出発するタイミングだったので飛び乗りました。
電車に飛び乗るとかは分かりますがまさかフェリーに飛び乗るとはね。


fc2blog_201609082257528be.jpg

尾道よ、サラバ。

夜に店が早々閉まるのはアレやが、ラーメンもおいしかったで。
旅行客も多く、なかなかおもしろい街でした。









復路はまず向島から因島に渡りまして。

fc2blog_201609082257545f7.jpg

外周コースを走ります。

できるだけコースがかぶらないように帰ろうかなと。
せっかくですからね。

Baidu IME_2016-9-8_23-12-45

こんな感じで。

fc2blog_201609082258005ae.jpg

浜辺でフォトグラフィックな写真撮ってみたり。
ブラブラ帰ります。









お次は生口島。
往路はドルチェで一休みしたところですが、今回はまだ開店前。
しかしお隣のお店はやっております。

fc2blog_201609082316367b0.jpg

fc2blog_20160908231630c6a.jpg

はっさくをしぼっただけの100%ジュースがいただけます。
「しぼっただけ!」と銘打つのはスゴイ自信ですよね。


fc2blog_20160908225756e16.jpg

これまた美味い

そうそう、こんなのを求めてるんですよ。
贅沢な料理とかはあんまりいらんの。その土地でサクッといただける庶民的なヤツ。
ドルチェ&島のえきしまなみ1はセットでいただいてもええかもしれませんね。


そして生口島にはもう一つ往路で行きそびれた場所がありました。
行きそびれたというか閉まってたんですけど。

さて、今回は・・・

fc2blog_20160908232419915.jpg

開いてる(^ω^)

この岡哲商店さんのコロッケもちょっとしたスポットらしいのです。
別に行列ができるとかではないみたいなので、気軽に立ち寄ってコロッケ一個二個いただくのもええと思います。

1個90円。
なんか庶民的ですね。

「コロッケ1個ください」

『ハイ、90万円ね』

「じゃあ、ハイ。100万円」

人生で初めてこれをリアルでやりとりしましたwww

おばあちゃんが1人で切り盛りしてる昔ながらのコロッケ屋さん。
メチャメチャ美味いとかではなく失礼ながら多分普通のコロッケなんですけども、あのおばあちゃんが作ってると思うとちょっと美味しさもアップします。

お店の写真を見るとなんだか貼り紙がいっぱいあると思いますが、これはメニューとかではなく〇〇TVに出演しました!とか〇〇さんが来ました!という手書きの紙です。
安田団長も来てたみたい。
おばあちゃんにまた会いに来たいと思わせるコロッケでした。










お次の大三島に行く途中の橋、多々羅大橋。
そしてこの多々羅大橋でも回収ポイントがあります。

fc2blog_201609082326173f3.jpg

この多々羅鳴き龍という看板。
ここに拍子木がありましてこれを打つとなんとも不思議な反響音が聞けるらしいのです。
行きはすっかり忘れててスルーしてしもうたんですね。

せっかくなので・・・

「カンカン!」(カンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカン・・・)

さすがにこれは実際やってみないとわかんないですねw
しばらくこの橋で休憩してましたが、拍子木を鳴らしてるローディーは4人中0人でしたw










さて大三島です。
一応中間地点なのでサイクリストの聖地で休憩しつつちょっと考えます。
まだ時間も早いのでこの大三島も外周ルートで走ってみましょう。

Baidu IME_2016-9-8_23-40-46

こんな感じ。



この外周ルートには理由がありまして、往路はサイクリストの神社で有名な大山神社に寄ったわけなんですが、ここ大三島にもサイクリスト的な神社がありましてそれがけっこう内陸にあるのです。

せっかくなので行ってみようかな、と。

しかし、内陸=山は覚悟せねばなりません。
ちょっとしんどめの坂をハアハア走りたどり着きました!

fc2blog_20160909000307d0e.jpg

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

因島は大山神社。
大三島は大山祇神社。
ちょっとややこしい。


fc2blog_2016090900031279f.jpg

こちらの方が大きくて神社って感じです。
けっこう参拝客も多かったですね。

そしてなぜ、ここがサイクリストにも縁がある神社かといいますと・・・ここにもありますお守りなのです。
兜につけるお守りがあるそうなのですが、それを自転車のヘルメットにつけるのがしまなみローディーの中でも常識らしいのですな。

fc2blog_20160909000356f52.jpg

というわけでここでもお守りゲットー
ヘルメットに貼り付ける感じです。ご利益あるかしら。


ちなみにこの向かいには海鮮丼で有名なお店もあるのですが・・・

fc2blog_20160909000358c8d.jpg

うん、閉まってる。
まあ事前情報で知ってましたが・・・ちょっと食べてみたかったなぁ。

あとは海沿いをゆるゆる走って・・・と思ったら大三島けっこうデカイwww

2時間くらいかかってもうたw
大三島の外周は時間をよく計算して周りましょう。










伯方島は往路で外周を走ったのでサクッと通過して最初にして最後の島、大島です。
なんだかもっと走っていたい気がするのですが最後まで楽しみましょう。

そうそう、ここは行きでバビューンと飛ばしてしまった「村上水軍博物館」に寄ろうと思っておったのです。
ちなみに道路の標識どおりに走るとここにはたどり着けません。
ちょっとはずれたところにあるんですね。


fc2blog_201609090019333ee.jpg

fc2blog_2016090900190429e.jpg

村上水軍を一気にメジャーに押し上げた「村上海賊の娘」
面白いので一読あれ。
マンガも連載してますね。


ちなみに信長の野望で村上家でスタートすると先ず持ってクリアできませんw
毛利強すぎwww

fc2blog_20160909002113410.jpg

あの中央の島に村上海賊の城があったらしいですが、そういえば島を走ってると村上さんの表札だらけでした。
ここでは村上さんがメジャーなんですね。

冷房の効いた館内で休憩もしたし・・・さて。
最後の目的地へと向かうことにしましょう。





惜しい!
つづきます。





テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/08(木) 23:50:18|
  2. しまなみ海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボクの夏休み「しまなみ海道往復!」(4)


さいちゃんです

しまなみ海道の続きなのです。




巫女さんに激写されたあとオススメのカフェオレ大福に舌鼓を打ったボクは往路の目的地である尾道へと向かうのであった。


因島の次は向島です。

fc2blog_201609062333589ce.jpg

因島大橋。
ここは今までの橋とは違い道路のしたを走るかたちになります。

つまり車道と自転車道の二段構造。
こんなに自転車を考えてくれた橋があったでしょうか、いやない(反語)

fc2blog_20160906233847aae.jpg
すごい!道路の下に通路がある!!

SHIM0721.jpg

実際はこんな感じ。
珍しい構造で面白いですが、海をより感じるなら今までの橋の方がええですね。
まあ数あるしまなみの橋、1本くらいはこんな変わり種もあってもええと思います(^ω^)



さてやってきました向島。
ただしここはとくに寄るべきポイントが見当たらなかったのでスルっとスルーなのです。
ごめりんこ。


向島から尾道へは一応尾道大橋という橋がかかっておるそうなのだが、どのサイト、どの本を読んでも尾道大橋はオススメしない・・・むしろ渡るなと書いております。そんなこと書かれたら行ったろうやないかッ!といつものボクなら思うのだが、ここは広島。
郷に入れば郷に従え、無茶はせずに推奨のフェリー乗り場を探しますで。


SHIM0754.jpg

ここで突然の雨。
この旅で唯一の雨やったが、炎天下の中走っておったので気持ちええ・・・
正直ベストなタイミングで降ってくれましたな。




ボクの旅感を盛り上げてくれる心憎い演出やないか。

さて、フェリー乗り場は・・・っと。
このあたりには3箇所ほどフェリー乗り場があるのでまあ適当に走ってればどれかに行き着くと思います。
今回乗ったのは富浜港。

SHIM0789.jpg


時刻表とかはなくひっきりなしに往復してるみたい。
10分間隔くらいかなぁ。なので別に時間は気にする必要はございません。


fc2blog_20160907000019c91.jpg


ちょろっと進めば尾道です!
ちなみに運賃は100円+自転車10円なのでお釣りなしでスマートに手渡しできるように小銭の準備を忘れずに。


さて尾道のホテルには17:00チェックインの予定で予約を入れておりますが、この時点で16:30です。

気持ち悪いくらいに完璧なプランニング(^ω^)

神社で超ロング休憩とったのは正解やったな。

無事尾道到着!予約をとっておった尾道ロイヤルホテルは多分自転車なら10分くらいでつくであろう・・・とチャリチャリ走っておったら5分でついた。むむ、ちょっと早すぎたかwww

まあええわ。
とりあえずチェックインしてシャワー浴びよう。

尾道周辺のホテルはやはりサイクリストが多いようで、自転車持ち込みOKの場所も多い。
ロビーとかで預かってくれるところもあるみたいだが、ネットで予約した時はこちらのホテルも室内持ち込みOKであった。



さいちゃん
 (じゃあとりあえず輪行バッグにいれて室内持ち込むか・・・)


いや、待て。
もしかしたら輪行バッグに入れんでもロビー的なところで保管してくれるかもしれん。
ちょっと聞いてみます。


さいちゃん
 「自転車で来たんですけど保管できるところってあります?」



フロント 「室内で保管できますからそのままエレベーターのせてもらっていいですよ」



さいちゃん
 「・・・? バッグに入れなくてもOK?」



フロント 「大丈夫大丈夫、ほらこうすれば乗るから」


ウィリーした状態で無理やり押し込んだwww
いや、ありがたいんですけどもw

これ途中の階に止まっても誰も乗れんだろうなぁ・・・とビクビクしながら6階へ。
まあビジホなんで誰と会うわけでもなくなんとか今日のねぐらへと滑り込んだ。


fc2blog_201609070000276da.jpg

おっさん1人旅ならビジホで全然OKです。
ちなみに一瞬だけ「野宿も面白そうやないか・・・」とか考えたんですが、今思うと野宿は絶対に避けるべきですな。
お風呂に入ってゆっくり寝るのはやはり相当に気力と体力が回復します。当たり前ですけどもw


fc2blog_20160907002249853.jpg

目の前にタマちゃんもおりますので盗難の心配もナシw
シャワーを浴びてさっぱりしたら晩ご飯食べましょか。
尾道といえば・・・広島焼きか尾道ラーメンか。
昼に伯方で塩ラーメンたべたからなぁ・・・と思って歩いてたら尾道ラーメンのお店が現れた。


まだ夕方だったので店内はそんなに混んでなさそう。
よしここにしよう。広島焼きは正直何回か食べたしな。

ご飯の計画なんて行き当たりばったりなんやでwww



尾道ラーメン「たに」さん 食べログも一応

最初なのでやはりここは「尾道ラーメン」で。
あ、当然炭酸入り麦ジュースも付けます(^ω^)

fc2blog_20160907000021080.jpg

塩ラーメンとは違う濃厚スープ!やはりこれも美味しッ!
背脂は苦手な人もおるかもしれんが、やはりこれくらいガツンと入れてくれたほうがよろしい。

しかしさすがに広島、店内には広島カープの選手のサイン色紙が飾っておった。
大阪でも神座にサイン色紙はおいてあったりしますが、ここの色紙は全員カープwww

さすが尾道、広島愛が強いで(^ω^)



そしてボクは実は生粋の広島カープファンなんですな。
大阪生まれ大阪育ちなんやけども。

それが、ここ尾道はまわりがみんなカープファン・・・こんな嬉しいことはない・・・(〃ω〃)

ウマウマと食べておったらとなりに金髪の外人のお姉さんご来店。
おお、しまなみ道中も白人の方がけっこういたけども、ラーメン屋さんでもエンカウントとは広島も偉くなったもんだなぁ・・・としみじみ思ってたら金髪のお姉さん、ものすごい勢いでラーメン食べてるw
よっぽどお腹空いてたんかな。

多分5分くらいで食べて颯爽と出て行きました。

かっこええッ!!!

まあその後もボクは瓶ビールおかわりしてけっこうダラダラしてましたw



さて、寝床のビジホに帰ったあとは明日にそなえて早めに寝ましょう。
といいながらテレビ見てたら日をまたいでたのでさすがにオヤスミナサイ。


そんなわけで往路は無事終了。
まだ半分やけど、いつ終わるんですかw
知りません知りません。


続くよ。


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/07(水) 01:04:19|
  2. しまなみ海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボクの夏休み「しまなみ海道往復!」(3)


さいちゃんです。

しまなみお日記、さてはて、前回の続きはっじまっるよ~



ろんぐらいだぁす!聖地巡礼のジェラートにご満悦。
正直ゆるく走りすぎて体力ゲージはまだ90%ほど残っておる状態なので、ちょっと飛ばし気味で走りつぎの島でまたもやろんぐら聖地巡礼としけこむとしましょう。



さて生口島の次は因島へと渡ります。
因島といえば?ポルノグラフィティ?東ちずる?
そういえばヒカルの碁でも佐為を探しに因島に来てたなぁ・・・
しかしサイクリストとして因島といえば大山神社なのです(`・ω・´)


fc2blog_201609032215412a1.jpg

因島大橋を望む。
この橋は個人的にしまなみ海道中No.2の美しさ。
橋に美しさを求め出したらまたヤバイ人みたいですが、建造美ってあるやん?


SHIM0574.jpg

fc2blog_201609032215467f7.jpg

生口島、ジェラート美味しかったで~(^ω^)
さて本日6本目の橋を渡りやってきました因島!


さっき言ってた大山神社は通常ルートとは少しはずれたところにありますので、例の道路標識のまま進むとたどり着けません。ご注意です。

橋を渡って、右折。
つまり逆方向に進むこと3kmくらいかな。
サイクリストの神社らしい大島神社とうちゃこなのです。


fc2blog_201609032215483bb.jpg

fc2blog_20160903221555590.jpg

境内にはサイクルラックがこれでもかッ!というほど完備されております(^ω^)
自転車大歓迎みたいな感じ。


fc2blog_201609032215522af.jpg


と境内で無作法にもパシャパシャ写真撮ってたら、奥から巫女さん出てきました。

「どうぞ、よろしかったらこちらで休憩してくださいね(ニコッ)」


fc2blog_20160903221550a7e.jpg


無料で使える「冷やしぼ」「麦茶」
この暑さの中走ってきたサイクリストにはなによりのご馳走。なんやコレ。最高のおもてなしやないかッ!!
こんな優しくされたら旅+1人+巫女で惚れてまうかもしれんwww

ここはお言葉に甘えてちょっと休憩していくことにしますんで(^ω^)

そしてこの神社に立ち寄った理由の大きな理由が自転車御守りを手に入れることなのだ。
ちなみに紀州東照宮でも自転車御守りをもらってきたのだが、ここの御守りはまた一味違う・・・


fc2blog_201609032251220b3.jpg

fc2blog_201609032252391d0.jpg

このようにハンドルにつけれる御守りなのですッ!
これはご利益ありそうですね。

こんなお守りがあるんだー(亜美感


さてさて、目的も達成したし尾道へと向かおうかというところで、件の巫女さんから。

「Facebook用に写真1枚お願いします♪」

ふわわッ?まさかの写真トラップがここでも発動!
冷しぼと麦茶いただいて、境内も写真撮らせてもらって、さらにカワイイ巫女さんからこの言葉・・・さすがのボクも断れんかったw
もし万が一中の人を見たい人がいたらFacebookでボクが見れるかもしれませんが、怖いので本人は見てませんw



ちなみにここで巫女さんから「はっさく大福は食べましたか~?」とかお話してたんですが、実はそのはっさく屋さん。
月曜日と火曜日が定休日らしく、つまりボクの往路・復路とも定休日なのです(´;ω;`)

「あららら~」と巫女さん。
じゃあじゃあと第二案をいただきました。
はっさく大福にも負けず劣らずオススメな大福があるらしいのです。

それが「中島のカフェオレ大福」

地元の巫女さんがそうおっしゃるならば行かねばなりませんね。
いざ中島屋さんなのです。



いざ。といっても、普通にオススメルートを走っていくと交差点にほどなく発見いたしました。

fc2blog_20160903230227c53.jpg

カフェオレ大福のとなりにはっさく大福と看板が出ておりますが、ここのはっさく大福は期間限定らしく本日はナシです。
でもええねん。カフェオレ大福も気になりますやん?


「カフェオレ大福くーださーい」


fc2blog_20160903230225402.jpg


店内で食べる?とおばちゃんの優しい言葉をいただきましたが、さすがに気が引けたので軒先でmgmgと。

「美味ッ!」

はっさく大福は食べてないので比べれませんが、普通に大福として美味い。
ちょっとあとでまた食べたかったからまたお店で2個ほど買ってもうたわwww
ちなみにホテルで美味しくいただきました(^ω^)

別に甘党ではないんやけども、デザートばっか食べてるなwww
しまなみ恐るべしやでぇ。




さあ、時間もいい感じになってきたので尾道のホテルへと向かうとしましょう。
ここまで100km以上は走ってるんですが、ホンマにあっという間でした。
島ごとに見所や休憩するポイントがあるからやろね。
のんびりポタ派には天国のようなコース。




すんません。
続きますw






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/03(土) 23:25:59|
  2. しまなみ海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ボクの夏休み「しまなみ海道往復!」(2)



ぼちぼちと秋の空が近づいてきてライド日和になってきました。

しまなみロス症候群というわけではないんですが、またどっか遠くに行きたいです(小並感
膝痛はないですが腰痛がたまに顔をのぞかせるのでそっちの対処もしとかんとなぁ・・・歳ですな。





さてしまなみの続きです。
前回、伯方島で絶品の塩ラーメンをいただき存分にしまなみを満喫しておったボクだが、やっぱり食後にはアレですね。

デザート。

普段は甘いモノはあまり食べませんが、ライド中や旅行中はそれはもう別の話。
せっかくなのでしまなみ的な甘味をいただくとしましょう(^ω^)


きっちりとリサーチはしております。
件のiPhoneでチェック済のマップを開きます。

fc2blog_201608292302305b4.jpg


大三島と生口島を結ぶ橋のところに「サイクリングの聖地」なるものがあり、そこの塩ソフトをいただくのが次のミッション。
とりあえず伯方島をグルリと回ります。



ちなみにしまなみ海道は迷子にならないようにブルーラインと地面に目的地も書いてくれてるんですけども。

fc2blog_20160902221157247.jpg

今治から尾道に向かう時はこんな感じで。
親切。


fc2blog_201609022211551b1.jpg

ちなみに逆パターンはこう。
親切。


しまなみ海道を最短ルートでつっきるならこの標識どおりに行けばいいのですが、今回のように伯方島をグルリと一周する場合また違う標識が出てきます。


fc2blog_20160902222233630.jpg

外周コース。
伯方島くらいの大きさなら外周をグルリと回っても20kmほどなので問題なかったんですが、これで甘くみてしまったのか帰路でエライ目にあうことに・・・


まあ今回は海を見ながらフンフンと鼻歌まじりで島めぐりなのです。

SHIM0314.jpg

美味しいご飯食べて海沿いを潮風に吹かれながらのんびりと走ります。
人生を楽しむってのはこんなことなんだと我ながら思う。


そんな感じで伯方島はそんな坂道もないのでグルリ一周は時間的余裕があればオススメです。




fc2blog_201609022307056dc.jpg


SHIM0345_20160902225556c4e.jpg

伯方島を一周したら大三島橋を渡ります。
大三島はしまなみでも一番大きな島ですが、今回は外周はせずにつっきる感じで。

そしてこの先にちょうどしまなみ海道の中間地点あたり。
道の駅多々羅しまなみ公園があるんですが・・・

そこにある「サイクリストの聖地」


やはりここは押さえておきたい。
ということで。


fc2blog_20160902230648461.jpg

聖地巡礼完了w

そしてここでよく見かける例のサイクルスタンドも押さえておきましょう。
全部で4体か。


fc2blog_20160902230652603.jpg
黒執事的なポーズ


fc2blog_20160902230655846.jpg
岡持ち


fc2blog_20160902230658100.jpg
拝謁の儀


fc2blog_20160902230702ee6.jpg
シェーの完成形をここに見た


と1人でキャッキャと写真撮ってたら、後からきたソロライダーさんに声をかけられました。
はわわ・・・大阪人としては軽快なトークで切り返さねばならん。



「写真撮ってもらっていいですか?」


単に例のサイクリストの聖地巡礼写真を自分入りで撮りたかっただけみたい。


しかしこと撮影となると気合が入ります。
手渡されたスマホはソニーのエクスペリア、多分Z4ですかな。

タテ撮り、ヨコ撮り、アングル変えて・・・多々羅大橋も入れて・・・5カットくらい撮ってノッてきましたでッ!というところで。

「あ、もういいです、ありがとうございます・・・」

多分ヤリすぎたwww



おっと。
本来の目的を忘れるところやったがここに着た最大の理由は、塩ソフトをいただくこと
暑いし塩分補給という意味でもちょうどええんちゃいますかね。

さっき塩ラーメン食べたばかりだけどもw


道の駅の売店でご購入。

fc2blog_20160902230708f51.jpg

あー、なるほどなるほど。
ほのかに塩。
甘いんだけどもほのかに塩味が隠れてます。
スイカにかける塩ほどあからさまじゃない感じ。
うん、普通に美味しい(^ω^)



一日でしまなみ渡りきるならここで休憩がええでしょうね。
距離的にも規模的にも気分的にも。
アワイチでいう福良的ポジション。


なんだかんだ30分以上休憩して次へ向かいます。
橋を渡っていざ生口島へ!


多々羅大橋。
見た目では個人的に一番美しい橋。
けっこう長いよ。

fc2blog_201609022307067a4.jpg

SHIM0454.jpg


さて生口島に到着したのですが、ここでも食べてみたいデザートが。
ろんぐらいだぁす!といえばわかると思いますがw

目的地に向かい進みます。


fc2blog_201609022352435d5.jpg

ひょっこりひょうたん島のモデル。
そのまんま瓢箪島。


fc2blog_201609022352460c9.jpg

相変わらずの炎天下ですが、海沿いを走ると気分的には涼しげ。
最悪熱中症の危機ならばそのまま海へドボンもできますしな。
レーパンならすぐ乾くでしょし。



のんびり風景を楽しみながら生口島の北側を進みますと・・・

fc2blog_20160902235240c61.jpg

ドルチェとうちゃこ(^ω^)
ここでジェラートを食すのがこの島最大のミッションなのです。


fc2blog_20160902235152616.jpg

紗希たん(巨乳)のオヌヌメなのでw

自転車クラスタの方ならご存知「ろんぐらいだぁす!」5巻に出てきたシーンですね。
店内は普通に観光客とローディが混在するちょっと異質な感じでしたw

fc2blog_2016090223523802a.jpg

デコみかんとレモンのジェラートなんぞ。
柑橘系のジェラートはすっきりしてて後味さっぱり。
美味しいです(^ω^)

見た目少ないかな・・・と思ったけども、スカスカじゃなくて凝縮されたジェラートなのでけっこう食べるのに時間かかってもうた。
ちなみに窓際のカウンターで食べてたら両隣がソロローディーに挟まれてアレでした。
当然女子ではなくおっさんでした。
ちーん。





えーと、続きます。












テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/09/02(金) 23:53:00|
  2. しまなみ海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0