ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

中華ジャージですが


「中華ホイール」
「中華フレーム」

もう中華と名がつくだけで安かろう悪かろうのイメージが半端ない昨今のサイクル業界。
そしてみなさん一度は袖を通したことがあると思います「中華ジャージ」


勝手にブランド名を使って安く販売するのも、それを購入するのもモラル的にどうなんかとも思うんですが・・・


ブランドのウェアたっかいねん(´;ω;`)



正直夏用のサイクルジャージなんぞ2~3年着れればええと思いますねん。
しかしたっかいブランドのやつだと1~2マンは当たり前の世界。
正直2~3年はコスパが悪すぎる。



そんなわけで効率重視のさいちゃんは夏用のジャージは中華一択なのです!
ホンマは Castelli とかRaphaでビシッと決めたい(´;ω;`)


というわけでなんとなくポチりましたこの一品。


Baidu IME_2016-4-29_11-50-35

見ての通りASSOSのバッタもんジャージ。
普通に買うと上下で50000円はくだらんであろう一品がビブパンツとの上下セットで4000円。
まごう事なき中華ですなッ!

TKのこじゃれたTシャツでももうちょっとするで・・・驚異のお値段である。


fc2blog_20160429111321f3c.jpg


本物を見たことがないので偉そうなことは言えませんが、パっと見た目では中華かどうかは分からんと思います。
それよりもビブタイツがもう1つ欲しかったんです。


fc2blog_201604291113192a2.jpg


背中のポケットはごく普通。
チャック式のポケットは付いておらんですが、問題ナシ。




さて実際にこのジャージで先日の高野山やら嵐山なんぞ走ってきたわけですが・・・

・おしりのパッドも違和感なく痛くもならんかった。

・ウェアもLサイズをセレクトしたが175cmで66kgの僕の体型にはベストだった。

・ジャージは白地が多いが、ビブパンツ履くので透け乳首問題もクリア。

と快適なライドを楽しめました。
うん、中華問題ナイ。


それよりもなによりも。

ビブパンツ最高やなッ!(^ω^)




冬用のビブパンツ持ってないので久しぶりの装着だったのですが、お腹の締めつけがないのとズレ落ちる心配がないのがこんなに幸せだとはッ!
中華とかデザインとかサイズとか考えるよりもビブタイツにする方が満足度は高い気がする・・・



ちなみにASSOSのシャーミークリームは本物使っておりますし、中華マンセーなわけではありません。
何が言いたいかというと、つまり


ブランドのサイクルジャージ安くしてください(´;ω;`)


9800円なら本物買うんですけどもね。






スポンサーサイト
  1. 2016/04/29(金) 12:22:01|
  2. ウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

のんびり迷子で嵐山「渡月橋」


メンテは大事。

先日のパキパキ異音も無事解消して気分良く金剛RWTTをかましてやったら、無事自己新を3分ほど更新できた(^ω^)
1時間切りなんて言ってたのははるか昔のことなんやッ!
もうこうなったら40分切りも狙えるんちゃいます(^ω^)

やっぱりメンテは大事。



そして気温のせいかもしれんが脚の調子もすこぶるよろしい。
ならば。
今のうちにちょっとロングライドでもしてみようかなぁということで今回は京都嵐山「渡月橋」へと足を向けたのだ。



関西ローディーのライドでもネットでよく見られるのが「ビワイチ」「アワイチ」「マメイチ」
このあたりは有名やね。
しかしチラホラ見られるのが「嵐山」それも渡月橋なのである。

なんでやろ・・・と調べてみたらどうも「木津嵐山自転車道」の終点みたいなんですね。
そして淀川沿いのサイクリングロードからもアクセスが良好みたい。
さらには奈良側からの「八幡木津自転車道」からも乗り換えなしで行ける。

なるほど。

まあとりあえず向かってみるのです。





4月19日(晴れ)

目指すは京都嵐山の渡月橋。
どれくらいかかるかはわからんので少し早めの8:00出発です。


いつもの石川SLをぴゅーと北上。
大和川についたところでルートを考えます。


fc2blog_20160423113645297.jpg


ルートを前日に考えてそれに沿って走るほうが効率もええんでしょうが・・・
だいたい思いつきで走るので無理なんですな(´;ω;`)


ここから考えられるルートは2つ
奈良入りしてから北上する。
そのまま旧170号沿いに北上して適当に東へ向かう。

ウーム・・・

とりあえず170号案を採択、そのまま北上しましょう。
葡萄坂ポイントの大県南も通過、十三峠ポイントの水越東も通過、快調に飛ばします。


しかしここで最初の難関ポイントが。
瓢箪山商店街。
国道からいきなり商店街のアーケードへと一変した。

えー、なんでいきなり商店街に突入しますのん?
ちょっとスマホで確認します。

ヤフー知恵袋さんいわく 「押して歩く」

マジかwww
しょうがないとピチピチレーパンのまま通行人と視線はあわせんように歩きます。

どんな羞恥プレイやねん(´;ω;`)


fc2blog_20160423113646ef5.jpg

電車はよw
なんとか商店街ゾーンを通過したあとはそのまま旧170号をさらに北上。
するとなんだか大きな道に出た。

国道1号線。
そして上には第2京阪道路も走っておる。

ここでも選択を迫られる。
このまま北上して淀川に出る。
なんか1号線沿いの自転車道を走って東へ進む。


ウーム・・・


せっかく整備してくれてるんやからこの自転車道を東へ向かいましょう。

fc2blog_20160423113649871.jpg

信号も激減してペースアップやでー(^ω^)と思ってたんやが意外とこの道、走りにくい(´;ω;`)
まず路面が微妙にガタガタ。
穴が開いてるとかではないのだが材料が悪いのか水はけをよくするためなのか滑り止めのためなのか・・・
ザラザラしとるんですね。

そして何より交差点ごとの段差がひどい。
ロードのる人たちが車道を走る理由は、法律で決められてるからとか歩行者がいないからとかまああると思うんですが、最大の理由は段差が少ないからってのが本音だと思います。
あんまり大きな声では言えんでしょうけども。

その点自転車道といいながらこの造りはちょっと悪意を感じますな。


まあメリットとしてこの道だったら迷うことはありえんでしょうからそのまま東へ。


ひたすら走るとたどり着きました!
木津川です。


ここから嵐山まではサイクリングロードが完備されておるらしいので気持ちよく走れるらしいんやでッ!


fc2blog_201604231136513bb.jpg

路面も良好。
景色もよろしい。
やはり自転車で走るのは川沿いに限りますなッ!


このまま木津川から桂川へとアクセスすればそのまま嵐山である。


と、思ってたんやが、宇治川の中州的なところで迷子になっておった。

くそう、宇治川めッ!八つ当たり



fc2blog_20160423113654926.jpg

でもここが一番走りやすくてキレイでしたな。
桜の季節はスゴイええんちゃいますかね。

ちなみにこの写真とってたらクロス乗りのおっちゃんに嵐山はどっちに行ったらええんですか?と尋ねられた。

ええ、ええ、僕も嵐山行くのに絶賛迷子中です(´;ω;`)


多分ここで迷う人多いんやろな。

なんとか桂川を発見後はローディーさんの数も増えてきました。
よしよし、視認できる範囲で追尾していけば迷うこともあるまい・・・
そんなコスイ考えにバチが当たったのか。

前の人たちも途中でルートミスwww
まさかの桂川をロストするはめに。

くそう!初心者ローディーたちめッ!八つ当たり



けっこうなタイムロス後、なんとかサイクリングロードに復帰。
もう自分しか信じへんで・・・
人間不信になりながらも道中には親切な標識もありますで。

fc2blog_20160423113655d3e.jpg


おお、あと9km・・・
だいぶ走ってきたなぁ。
俄然やる気が復活してまいりました!
速度も自然と上がってまいります。


しばらく走るとどんどんローディーとスライドする機会も増えてきました。
その中にはさっきの迷子ローディー集団も。

くそう、爽やかに会釈しやがって(#^ω^)ピキピキ!八つ当たり


そして到着。

fc2blog_20160423113742a0d.jpg

渡月橋でございます!
なるほど、ロード乗りがここを目指す理由がしみじみと今なら分かりますな。
走りやすい道がつながってるというのもそうですが、やっぱり有名どころに行って「ここまで自分の力で行ったんだ」という客観的な評価をしたいんですな。
じこまんやけども。


fc2blog_201604231137414b6.jpg   クロスロード


fc2blog_20160423124114948.jpg   ら~めん食べたい・・・


fc2blog_201604231241163b3.jpg   紅葉の季節にも来てみたいなぁ



この時点で1:30
迷子になりすぎたので時間的に余裕はなくさっさと帰路につきます。

別に観光目的ちゃいますからね。
自転車で走るのが目的ってのも一般の人からしたら奇特な行為かもしれんですけども、ええんです。


今回は北上してから1号沿いに京都入りしましたが、もし次行く時は奈良に入ってから木津川にアクセスして行った方が快適かもしれんですなぁ。
失敗して迷子になってルートは開拓されるのでしょう。


大和川から淀川への快適ルートがあれば頻繁に走ってもええくらいなんですけども。
だれか知ってたら教えたってください(´;ω;`)



fc2blog_201604231137441de.jpg


なんとか日が暮れる前には帰れましたw
行き当たりばったりで出発したわりには、なかなか楽しいライドでしたな。
お疲れ様でした。










テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/23(土) 12:45:58|
  2. 嵐山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BB30の異音解消! そして葡萄坂


自転車乗って走るのは好きですが、メンテナンスはおざなり。
そんな初心者ロード乗りのこのブログにも久しぶりにメンテナンス記事なんぞぶっこんでみたいと思います。



「BB30」


僕のタマちゃんにもデフォルトで装備されておる悪名高きボトムブラケットの名称です。
高剛性かつ軽量、そして低コストということでメリットも大きそうなのですが、デメリットとしてカチカチ、ギシギシという異音が発生するという報告が多数。

実際30%の方がこの異音問題にあっているというデータもあるそう。
ふーん(-ω-)と思ってたんやが、僕のタマちゃんにもとうとうこの異音問題が発生してしもうたんや!(´;ω;`)



平坦ではなんともないんですがいざ登りに入ってクランクにトルクをかけると「カチッ!カチッ!」と音が鳴るように・・・
気のせい気のせいやで・・・と自分に言い聞かせてだましだまし走ってたんやが、カチッ!からパキッ!へて音が進化してきおった。

金剛山を走ってもパキッ!
葡萄坂を走ってもパキッ!

めちゃめちゃ気になる(´;ω;`)



ショップへ持ち込むか・・・とも思ったんやがどうせならちょっとバラして遊んでメンテしてみようかしら。


fc2blog_20160416163735892.jpg

「BB30」「異音」でググれば山のように記事が出てきますので詳しくは自分で調べてくださいw

用意しましたのは10mmアーレンキー、100均で買ったゴムハンマー、ペダル交換の時以来のグリスである。
専用工具が必要ないのが救いですな。
ここで2000円以上の工具が必要とかだったらショップ持ち込み一択だったと思います。



よいしょとアーレンキーでクランクを回しでゴンゴンとハンマーでクランク軸をたたき出します。
なんや、けっこう単純な構造ですがな。
ズボリと抜けたクランクのあと。

fc2blog_20160416163737e7f.jpg


この緑のパッキンみたいなやつをめくってグリスをグリグリ塗りたくればとりあえずは「グリスアップ」終了らしい。
所要時間30分もかかりませんな。
これだけカンタンで異音がなおればBB30もそんなに悪く言われんでもええんちゃう?


さて、試走です。


とりあえず登りでためさんと異音の具合はわからんので葡萄坂へと向かいます。


さいちゃん
「チェーンも掃除したし快適やで~」



平坦は問題ありません。
というか前も平坦では音が鳴らなかったのです。


しかし。

大和川手前でそれは起こりましたんやで・・・


bb30-2.jpg
(・・・キッ)



さいちゃん
 (^ω^)?


bb30-2.jpg
(パキッ・・・パキッ・・・)



さいちゃん
 「あ、あああ・・・」



(パキッ!パキッ!パキッ!パキッ!パキッ!パキッ!!!)



さいちゃん
 「あ、あァァ・・あああああアアアアアア! 」



 再 ☆ 発  (。・ ω<)ゞ



登りに入る前にまさかの異音がががががアアアアあ!
グリスアップも無駄やったんか・・・僕の30分を返してください!


葡萄坂に登る気力も消え失せ、大和川を見下ろしながら失意のどん底である。



いや、まてよ。
昔に変な音がしたときにクイックを締め過ぎてたのが原因というのがあった。
クイックレバーはチェック済やがちょっと後輪を外してきっちり見てみよう。

葡萄前のリビエールホールで緊急ピットイン。
ちょっと後輪を外してみると砂利でエライ汚れておる。
キレイにしたあと後輪をセット、走ってみたらば・・・

治ってる(^ω^)

あの不快なパキパキ音は見事に解消。
BB30というレッテルに踊らされておっただけだったのか。
単に後輪の「砂噛み」が原因という日頃のメンテ不足をあざ笑うかのような仕打ちでした。



よし、これで気持ちよく葡萄狩りができますでッ!

と、意気揚々とスタートしたは良いが、おっぱいアイス前でガクンとペースが落ちた。
激坂区間は調子良かったのに緩坂でペースダウンとは調子がよくないのかしら・・・

いつもよりキツイのにスピードが全然上がらん。
その後も脚が復活することもなく変電所前ゴール。

タイムは24:11と目を覆いたくなるような結果。
20分切りを狙ってコレなら諦めもつくな・・・またもや失意のどん底に落とされますが、せっかくなのでのどか村まで登ります。

ハアハア登って変電所すぎから少しの下りがありますのでちょっとここで脚も休めましょう。

(シューーーーー)

ん?下りやのに全然スピードが出ん。

(シューーーーー)

後輪から変な音するなあ、オッ!もしかしてこれ初パンク?



とか変な期待感で後輪を見てみたら。


fc2blog_2016041617090972b.jpg

ブレーキがリムに当たっておる(´;ω;`)


多分後輪外していろいろやってる時やろな。
ブレーキ引いた状態で葡萄坂登るとかどんな鬼畜縛りやねんッ!



fc2blog_20160416163740439.jpg「日頃のメンテ不足がそもそもの原因やで」


のどか村でぬこ様にそんな説教を受けても仕方ないくらいに反省。

せっかくホイールがカンタンに外れる構造になってるロード。
正直後輪の着脱がまだまだ苦手なんですが、これからは掃除の時にホイールを外してチェックするクセをつけなあきませんね。










テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/16(土) 22:55:19|
  2. メンテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

さくっと高野山 いつかは護摩壇山



前期はグリムガルが個人的スマッシュヒット。
「ゴブリンて強くね?」は名言ですね。
新クールも始まっておりますが「ばくおん!」はローディーが小馬鹿にされる演出もきっちり入っててホッとしました(謎


しかしそれにしても時間が足りない。


休みの日は自転車乗りますんでな。
春アニが始まったというのにタイトルで見切るというギャンブルも犯さなカバーしきれん。
これはアニメ観るためにローラーを買うという逆転の発想が必要かもしれんな!





4月5日(晴れ)

今日は前日から行き先は決めておった。
高野山なのである。


なんで高野山なのかというと、前回の正ちゃん親子とライドに行った時に「しんどくないくらいの強度で長い坂を登るトレーニング」という話を聞いたのだ。
じゃあ、金剛山でいいじゃんと思うかもしれんがこれがちょっと飽きた。
もっと「旅感」も楽しみたい。

ならばということで金剛山の10kmを越える18kmの登り、高野山でも登ってみようかなというわけなのだ。



ちなみに高野山は2回目。
自走で行ける距離だし桜もまだ咲いてそうだしあったかくなってきたしタイミング的にはちょうどよろしかろう。

AM5:15
うっすらと明るくなってきた頃合で出発である。
紀見峠~九度山~高野山とルート的にはカンタン。
100km越えるライドってやはり時間も気になるところなんですが、道に迷ってウロウロとか調べてる時間がけっこうなロスになってるのに最近気がつきました。
stravaのflyby機能を使って観察してると迷って立ち止まってる時間がけっこう長いことに気づく。

まあ今回は迷いようがないくらいにカンタンなのでお昼までには高野山のてっぺんにたどり着くであろう。


IMG_0786.jpg


夜明け直後のトトロ街道を走る。
少し肌寒いが朝の冷気を吸い込むと頭がシャンとして眠気も吹っ飛びちょうどよろしい。

この夜明け直後というのも旅感を演出する重要なファクターですな。
修学旅行で朝の6時に学校集合とか泊まりの旅行で妙に朝早く目が覚めて散歩したりとか。
夜明け直後には非日常が濃縮されておるのです。


のんびり走り紀見峠。
さすがに明るくなってきたものの、早朝から走る奇特な人はおらずに一人旅です。
自転車のロードノイズとチェーンの音、そして時折鳥のさえずりだけが聞こえる世界。
バイクや車ではこうはいかんのやろうな。






紀見峠てっぺんにはなんとか桜も。

1本満足バーをかじりドリンクをグビリとしたらダウンヒルです。
この日は気温が18度。さすがに朝は寒いかと思ったが意外とあったかくウィンドブレーカーいらんかったな・・・
橋本の快適な下りを満喫したあとは紀ノ川沿いをちょろっと走ります。


IMG_0791.jpg

満開ですなッ!

正直、桜もインフレ気味で飽きてきたかなぁとも思ってたんやがいいもんはいい。
もう少し春を満喫しておきましょう。



fc2blog_2016041200180276f.jpg

高野山感半端ない橋を渡って九度山入り。
道の駅で休憩したのだが、この前あったサイクルラックがなくなっておった。

広い駐車場で自転車ウェルカムな雰囲気だったのにちょっと残念。
ここで朝早くからたむろしてるおっちゃん達の質問攻めにあいながらも15分ほど休憩。

ほな行きましょか。
ほな登りましょか。
高野山。


IMG_0804.jpg


前回はここまでやってくるのもけっこうな冒険だったのだが2回目だと感慨深いものはない。
心の余裕は逆にドキドキ感も奪ってしまうんやね。


高野山は関西ヒルクライムTTにも登録されておる。

スタート地点:高野下駅近くのガード下
ゴール地点 :高野山大門前
標高差 :757m   距離 :17.7km
平均斜度:4.2%  最高斜度:9%


タイムは別に計測しませんがさすがに距離が長いので「18km弱」っていうのは覚えておいたほうがいい。
裏金剛みたいに距離標識があるので心の余裕やペース配分にも役立つであろう。
ちなみに1回目は距離標識の存在を知らんかったので、途中でスマホのグーグルマップ見て愕然とした記憶がある。

斜度はたいしたことないので淡々と登るのみである。
ちなみに5%前後の坂を淡々と登るのは大好物だし、なにより長距離の坂を登るというのが今日の目的なのでここはいっちょ気合入れて登りましょう。



というわけで途中のかじかドライブインもスルー。



IMG_0805.jpg


桜を愛でる余裕もありますでッ!
あくまで「しんどくない強度」で走ります。

途中1人のロード乗りの方に抜かされましたが、TT中やったんかな?
えげつない速さで登っていかれました。

IMG_0809.jpg


そんなスピード出せませんw
途中で国土交通省にケンカを売られながら中間地点の矢立交差点の茶屋でやきもちでも食べて休憩しようかな・・・でも休憩したら長い距離走るというトレーニングの意味が根本的になくなるかな・・・とか考えつつ登ってたら。




そもそもそんな心配は関係なかったw


いや、休憩する気なかったし!
下手に休憩したら脚も回らんようなるし!
心の中でそんな言い訳を並べてガクンと落ちた気力を無理やりに回復させます。


IMG_0812.jpg

展望台前も通過であとちょっとやな。
しかし展望台に桜が咲いてるから展望台からは桜は堪能できんというなかなかによくわからんスポットなのだ。
ちなみに前回、一応ここからの景色はチェックしてみたがまったくいい景色はみれんかったw
休憩するにはええかもしれんですが。


さてラストスパート。
はかけずにユルユルっとゴール。
とりあえず大門前でパシャリ。
時刻はちょうどAM10:00であった。

IMG_0813.jpg


次くるときはTTしてみてもええかもしれんですなぁ。
目標は1時間15分くらいかな。
というか護摩壇山にも一回はいっとかんとな!
(とか思ってたら食べノリさんが後日行ってたw)



IMG_0819.jpg

一応観光もしたり。
お寺の中に入ってじっくり見ない限りは自転車での移動はかなり楽ですね。
観光に来てる外人さんにけっこう見られるのに耐えられればw


fc2blog_20160412001804331.jpg

早めのお昼は「はちよう」さんで山かけ丼とおそば。
お昼前には帰路に着きました。

誰が言った言葉か知りませんが「ロード乗りの朝は早い」とは、なるほど早く帰宅してゆっくりできるメリットもありますな。
早朝は道も空いてるし、旅してる感も盛り上がりますし。

誰が言った言葉か知りませんが「お布団峠という超級山岳」がまずは一番の強敵なんやろけども(^ω^)









テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/12(火) 05:21:26|
  2. 高野山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

桜咲く季節に秒速5センチでグループライド(後編)


さて、続きです。


水間までなんとかタレずにやってきましたが、正ちゃんJrの自転車歴に恐れおののく。
前門の虎、後門の狼である。生きて帰れるんやろうかw


とか、思いつつも道中桜が咲いておったのが幸いしてゆっくりと景色を見ながらポタペースで進みます。
車だとあんまり見えないし、徒歩だと範囲が限られるし。
やっぱり景色を楽しむなら自転車という選択がベストなんちゃいます?



水間からは泉佐野までは目と鼻の先。
少しコギコギ進んだその先には。


DSCF5016.jpg


実に1年ぶり。
前回は穴子丼で攻めたんやがアナゴのデカさにビビった記憶がある。
今日はどれで攻めたろか・・・


時刻はお昼前。
まだそんなにお客さんは入っておらんみたい。
メニューを凝視しながらプランニングを立てる。

(アナゴ丼は今回はパスだな。違うメニューも食べてみたいからな・・・)

(そうすると刺身系or天ぷらだな・・・うむ!)




さいちゃん
「天ぷら定食でッ!」



masachan.png
「じゃあ僕はまぐろ丼で」


masachanjr.png
「あなご丼」




お、意外とみなさん少食ですな?
いや・・・僕もこの前まではそれがデフォやったかもしれんがな。
いいのか悪いのか、最近の僕は大殿筋より僧帽筋より胃袋の強化が進んでおるのだ。
ちゃまさんのせいやなッ!\(^ω^)/


さてさて、やってきました天ぷら定食。
これは予想以上のボリュームですな。しかし今の僕の敵ではないわッ!完食は余裕やで。
いただきまーす。

むしゃむしゃ。

むしゃ・・・あ。

あ、あああ・・・ああああッ!
しまった!
ブログ界の超すみっこにおるとはいえブロガーにあるまじき失態。

写真撮るの忘れてた\(^ω^)/


fc2blog_20160404225846eb9.jpg

半分食べ終わってるけども一応撮っておこう。

天ぷらは5品ですな。
穴子、イカ、平目、なんか白身魚、エビはお頭揚げでサクサクである。
やはり新鮮な魚は刺身も天ぷらも美味しいです。
そしてこのボリューム!満足である。
ごちそうさまでしたッ!


ごちそうさまといいながら、正ちゃんも息子さんもとっくに食べ終わっておった。
ほらほら、少なかったんちゃいます?
僕は余裕といいながらもけっこういっぱいいっぱいでしたがw

ふと気づいたら店の外には行列ができておった。
30分遅れてたらやばかったな。ここはお店のためにもさっさと出ましょう。



さて。
とりあえず目的は達成したのでこのあとはお腹の消化を助けるためにも少しのんびり休憩しますで。
5分ほど走ってりんかい公園まで。
ママチャリが如きスピードで海を望みながらみんなでブラブラ走る・・・

これやッ!これが僕の思い描いてたゆるポタなんやでッ!

峠でハアハアするのは一部のヘンタイさんにまかせておけばよいw
美味しいもの食べてキレイな景色みて非日常をみんなで共有する。これが正しいグループライドですがな。

fc2blog_20160404225848913.jpg



公園のベンチで休憩。
大ダベリングタイムである。

ここで驚いたのが正ちゃん親子のロードに対する造詣の深さ。

masachan.png
「アテナとコーラスってどっちが上やった?」


masachanjr.png 
「コーラス」(即答)





アテナってSNKから出てたビクトリー王国の王女かしら・・・
話のレベルが高すぎてついていけませんで(´;ω;`)
いや、これがローディーの日常会話なんやろな。

走るのもそうですが、純粋に自転車が好きなんだろなと思いました。


ちなみにちょっと正ちゃん親子の自転車、持たせてもらいましたが。


さいちゃん
「軽ッ!メッチャ軽ッ!!」



もろもろ合わせても7kg台らしい・・・ズルイ!
なるほど、こんな経験を積んでみなさん新しいバイクが欲しくなっていくんですな・・・
これからはあんまり見ないようにしようw



公園で小一時間ほど休憩して、さて帰路につくとします。
ちなみになんとなく走ってたら・・・迷った(^ω^)

こんな時って困りますな。
「迷いました」って正直に言うのかそれとも迷ってないふりしてルート修正できるまで走り続けるのか。

幸いトイレ休憩で公園インしたときにこっそりとグーグルさんに助けを求めて何もなかったかのように修正しましたw
まあ迷った先で桜も見れたし結果おーらい。




このまま来た道を帰ってもいいのですが、あまりにも休憩しすぎたので僕の脚は完全復活しておる。
というわけで、他人の脚の状態など無視してちょっと寄り道。
貝塚蕎原のトレーニングコースへと向かいます。

Baidu IME_2016-4-8_23-53-44



この旧外環からそれた道。
たわわとかほの字の里があるルートですな。
ここは適度なアップダウンもあり道も広いし信号もない、車も少ないとなかなかに自転車乗りには良いルートなのです。
ただし単純に外環通過するだけなら、意味もなく疲弊するだけの道なので好きな人じゃないと走りませんなw


まあ平坦を往復するだけなのもアレなので、ちょっとハアハアして帰ろうかなと。
坂キライな人からしたらトンデモな行為ですがみんなでハアハア言いながらのんびりだべりつつ登るのもまた一興。


帰りは葉菜の森でたい焼き食べてまた休憩w
正ちゃんは走りは重いトルクでグングン走る感じなのだが、トークは高ケイデンス。
一回休憩するとなかなか僕の腰も重くなってしましますんやなw
ここでもなんやかんや30分ほど休憩。

おかげで脚の方もまた回復しておる。

あとは一気にサイクル橋まで帰ります。
最後にスプリント勝負なんぞもしてみましたが、まあ公道なので詳しくは割愛します。

結果だけ言うと惨敗www

くっそー、僕もカーボンディープ欲しいでッ!その前にエンジン強化が必須ですが(´;ω;`)




IMG_0776.jpg


IMG_0770.jpg

最後はええなーええなーと羨みながらも写真とらせてもらいまくる。
うーむ・・・僕もいつかはチューブレスの道へと入っていくんやろか・・・
でもロングライドやったらクリンチャーの方が安心やろし・・・ってムダに悩みが増えますなw





結果100kmも越えたしお天気もよかったし桜も満開でしたしご飯も美味しかったですが、やっぱりみんなと自転車の話しながら走るのは何よりも楽しいですね(^ω^)


fc2blog_201604042259069f2.jpg


また休みがあえば一緒に走ってやってくださいね。











テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/08(金) 23:55:33|
  2. グループライド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

桜咲く季節に秒速5センチでグループライド



「桜の花の落ちるスピードって知ってる?秒速5センチメートルなんだよ」


そんな甘酸っぱいものではないのであるが今回はそんな桜さく季節に実に1年ぶりに出会った2人・・・
実際は3人だったけどもw

そんな桜花抄グループライドでございますよ!




4月2日(晴れ)

今日はブログ、Twitterで絡ませていただいておる正ちゃん親子とのグループライドへとしけこみます。
グループライドは前回のちゃまさんに続いて2度目。
これで僕もとうとうボッチライダーから普通のライダーへとジョブチェンジしたと言ってもええんちゃいますかね?


さて、今回ご一緒させていただく正ちゃん。
ロード乗り始めて半年くらいの時に石川SLで声をかけていただいてから、実はそれから会ったことがなかった。
いつ以来なんやろか・・・と過去記事を見てみたら。


ちょうど去年の4月2日やったwww


まさしく1年ぶり。
え?これって運命・・・
いや、おっさん2人が出会っても何も起こりませんでw


待ち合わせ場所はサイクル橋。メジャーな場所でわかりやすいですな(^ω^)
昔のロケット広場的な。

ゆるゆると到着するとお二人はすでにスタンバっておった。申し訳ない!


fc2blog_20160404225840c64.jpg


さいちゃん
「おはようございまーす」



masachan.pngmasachanjr.png「おはようございますッ!」

「今日はよろしくお願いしますッ!」




(おお・・・礼儀正しい・・・)

1年ぶりにお会いしましたが、正ちゃんはやはり爽やかなお人だった。
体育会系でしばかれ社会の荒波にもまれて熟成したナイスミドルなオーラがプンプンしておる。
息子さんもキッチリしてはる。
ええ親子ですな。



正ちゃんの愛車はS-WORKSのVENGE
カーボンディープでいかにも速そうである。
なんといってもS-WORKSのロゴが裏山なのである。否が応にも劣等感がくすぐられるやないかッ!

息子さんの愛車はピナレロ DOGMA 65.1 THINK 2
あのニョロっとしたフォークがなんだかエロいですなッ!
しかしバーテープやワイヤーエンドも黄色でまとめてあるあたりにコダワリが感じられます。


なんやこの2人・・・めちゃめちゃ走る人なんちゃうやろか・・・






軽く自己紹介なんぞして、さてどこ行きましょか~とダベった結果、泉佐野のイルカさんまでのんびり走りましょうと相成りました。
ちょうどこの前りんかいまで行ってきたのでルートもおおむね大丈夫。
ルート先導して出発です。

一応保険をかけて「30km/h以上禁止」としておきますw



旧外環を駆使して走りますが、ちょうど桜が満開の季節でどこを走っても気持ちがよろしい(^ω^)

fc2blog_20160404225843d4a.jpg


いつも気になってたしだれ桜もキレイに咲いておった。
ソメイヨシノもよろしいが巨大なしだれ桜は感慨深いものがありますなぁ。


こまかいアップダウンもおしゃべりしながら走ってると全然キツくない。
正ちゃんの自転車歴なんぞも聞かせてもらったが・・・

うん、この人ガチだwww

自転車競技部ってマンガとかアニメの世界だけじゃなかったんか・・・
下ハンって疲れた時にしか持つもんちゃうのん?

いつアタックがかけられるのかビクビクしながら最初の休憩。



fc2blog_2016040422584548d.jpg


水間寺。

個人的にはコンビニ休憩よりもこんな場所でほっこりするのが好きなのです。
ベンチは必須ですな。


ちなみに今回のライド。
実は息子さんもええですか?前日に打診があったので即OKしたのだが、その裏にはコスイ考えがあったのだ。

正直、正ちゃんの脚力は測れんが僕よりは全然走れる人であろう。
のんびり行きましょう~とか言って40km/h巡航なんぞになった日には僕の脚がもげてしまうかもしれん・・・
しかしその点、息子さんがご一緒ならば安心ではなかろうか?
若い人でバリバリロード乗ってる人ってあんまり見んし、「ほら、息子さんが辛そうやからゆっくり行きましょうw」なんて逃げも打てるではないか。
うはw策士www


さいちゃん
「ロード乗ってどれくらいなんですか?」


masachanjr.png 
「えーと、6年くらいですね」





僕より全然パイセンだったwww

これで僕の作戦は破綻したで・・・
しばかれ倒されるんやろうかw



やっぱり続きますw






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/04/04(月) 23:55:31|
  2. グループライド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4