ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

「高野山のススメ」 中編


道の駅くどやまでリフレッシュした後は、本日のメインディッシュ高野山クライム。
正真正銘の聖地巡礼やで。

来た道をちょろっと引き返して「高野山」の標識の方面へと進む進む。
いたるところに高野山への標識が出てるのでこれは便利ですな。

高野山へのメイン道路は370号線が通説でこれを延々と走れば問題なく到着できるみたい。
でも途中から118号線→102号線→371号線のルートの方がなんだかアドベンチャー感が強そう・・・


SHIM0223.jpg

「どうせならこっちの不人気ルートで行こうかな・・・」とこのあたりの分岐でスマホ確認してたら軽トラのオッチャンから「この先は通行止めで高野山は行けんで」と優しいアドバイスをいただき無難に370号線ルートで行くことに。
崖崩れでもあったんかな?


ルートが決まればあとは登るだけである。

距離 17.3km
高度差 767m
平均勾配 4%

ちなみに高野山の詳細はこんな感じ。
速い人は1時間切るらしいが、そんなものは望んでおらん。
足付き上等でゆっくり登りますんやで(^ω^)

DSCF7311.jpg

「交通量はそこそこ多い」と事前情報で聞いていたのだが、この日はあんまり車も走ってないみたいで軽快に登っていきます。
あんまり坂も急じゃないし大したことないんちゃう?
と思ってたらまだ全然スタート地点でもなかった(;´д`)
しばらくゆるゆると坂を登っていくと、

DSCF7315.jpg

あ、コレ見たことあるヤツや!
そうです。ここが高野山クライムのスタート地点。
数多くのヒルクライマーがここで士気を高め、心拍を静め、スタートしていったと思うとちょっと感慨深い。
僕もヒルクライムのスタート地点に立てたんやろうか・・・

いざ!出陣やで(`・ω・´)

高野山、いただきますッ!



しばらく走ると、

DSCF7319.jpg

おお、なんやシュールな崖の彫刻やな。
無事に「帰る」とかそんな意味なんかな。

DSCF7322.jpg

緑がキレイだのう。
川沿いを走ると気持ち涼しい感じがするなぁ。

というわけで開始10分ですでに休憩&撮影なんぞして遊んでおった。
なにが出陣なんやwww
真田幸村もガッカリであろう。

まあボチボチと登るのである。

SHIM0254.jpg
ハアハア。

SHIM0248.jpg
ハアハア。

SHIM0277.jpg
ハアハア。

このあたりはずっと同じような景色で少々飽きてくる。
周りの山が高すぎて景色もいまいち絶景といった感じではない。
というかそもそもまだそんなに標高が高くない。
この地点で450Mくらいか。


DSCF7329.jpg

気分的にダレてきたところで途中の矢立の交差点に茶屋を発見。
ここでドリンク補給&休憩。
ベンチに座って休憩するなんぞ、これは本気でクライマーなんぞ名乗れんな(´;ω;`)
まあ今日はサイクリングやからなッ!
あんまり身体も精神も追い込みすぎると疲れちゃうんよ。

DSCF7330.jpg

クマも出るらしい(・(ェ)・)
マジか。

音を出して・・・ってそんなモン持ってないしな。

「Thinkling Smile 不思議 どうしてかな? キミが笑うと ココロの奥 キラリ瞬く~♪」

せっかくの山なのでここはやはりヤマノススメで攻めるのが王道なのであろう。
いやいや、ゼーハーいいながらヒメヒメ歌うのはいろんな意味で不可能やで(´;ω;`)

というか普通に国道にクマは出んやろう。

茶屋でたっぷり回復したのでこのあとは一気に山頂まで!

と思ったら、なんか展望台みたいなのがある。

DSCF7337.jpg

もしかして、絶景ポイントなんやないか?
タマちゃんを路肩に立てかけていそいそと茂みに入ってみる。

自転車で走るからこそ見つけれる隠れスポットに違いない。
展望台から見える山々の雄大な景色よ!
刮目せよッ!



DSCF7334.jpg

「まったく見えんやないかい!(´;ω;`)」


ここらあたりから下りの車が多くなってきた。
自然、対向車のドライバーと目が合うこともしばしばあるのだが、結構な確率で「チャリかよ!」って顔になってるのが面白いですな。なぜか笑顔でこっち見てる人多いし。
自意識過剰かもしれませんが、たしかに一般人はあんまりチャリでは来ないでしょう。

なんとなく励まされてるような気分にもなりその後はとくに休憩なしでゴール。


DSCF7344.jpg

よく見る大門の前でパシャリ。
なにはともあれ無事登頂。
大門も見たので一応高野山制覇ということでよかろう。


ちなみにStravaによるタイムは1:46:29
遊びすぎやでw



つづきます。



スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 23:50:13|
  2. 高野山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高野山のススメ」 前編

6月25日(晴れ)

とうとう晴れた\(^o^)/
今日は一日まるっとお休み!
いままでたまっておった鬱憤を晴らすべく今日こそ自転車でお出かけしたいところ。

「・・・さて。どこに行こうか・・・」

現在時刻9:30
選択肢は無限である。

「そうそう、ビワイチと並びロードであそこに行きたかったんやった」

そんなわけで今回は高野山ライドです。



◆ それは下調べとはいわない      


さて、高野山。

高野山(こうやさん)は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。



一般的に言われる高野山は金剛峯寺のことみたいで、高野山という名称の山はないそう。
( ´・∀・`)へーへーへー。

そしてウィキペディアさんのどこを探しても交通アクセスに自転車という文字もないw
まあ自走しても近いしなんとかなるだろう。

とりあえず紀見峠超えて和歌山入りした後、九度山の道の駅で休憩後適当なルートで登って高野山的ななにかを見つけたらあとは適当に下って帰ろう・・・そんなフワッとしたミルフィーユ的なプラン。朝ごはんはナシでそのかわりにミニあんぱんを4つほどポケットにねじ込んで出発です。

SHIM0135.jpg

紀見峠まではストレッチがてらゆっくり漕いでいきます。
膝痛からは開放されたものの、今回はかなりの登りを走ることになるので無理は禁物。

せっかくなので紫陽花なんぞも愛でながら自然を満喫。

DSCF7300.jpg

そのまま紀見峠もゆるゆるっと登頂。
ここも脚に負担はかけずに。まだまだ先は長いからな・・・ヘタレちゃうで。大人の対応やで:(;゙゚'ω゚'):



◆ 赤い彗星現る(ただし下り限定

人生楽ありゃ苦もあるさ。
楽:苦の割り合いが3:7くらいだってのは大人になったらわかるんだけども。
自転車も登りがあれば下りがあるわけで。
紀見峠の下りも気持ちいいのですが、その先。

DSCF7302.jpg

この橋本まで舗装された下りがスゴイ気持ちええんですなぁ。
路面のコンディションもいい上に道も広い。そして適度な下りである。
エセダウンヒラーの僕にはピッタリな道やな。
和歌山県、お金持ち。

DSCF7304.jpg

そのままズドンと24号線まで行ったらそのままズドンと突っ切って紀の川まで。
このまま紀の川沿いを走るのも気持ちええですが、今日の目的地は川ではなく山である。ちなみに僕はどちらかというと海派ですな。
ここで注意点としてはできるだけ早めに橋を渡って南側に行っておくこと。
前に橋を渡りそびれてオロオロした経験があるんよ(´;ω;`)

今回は橋本高野橋というわかりやすい名前の橋を渡って渡河。
しばらく走ると高野山と九度山の道の駅で分岐するところがあります。
最短ルートでいくならそのまま高野山方面となるのでしょうが、とくに急いでないので予定通り九度山の道の駅で一旦休憩することにします。
まあ2kmくらいのロスなので問題ないのです。



◆ 真田丸の丸ってなんなの?


DSCF7307.jpg

道の駅くどやま。
ここは広くてのんびり出来ていいですな。


DSCF7305.jpg

サイクルラックも設置されてました。
ここまででだいたい1時間半くらい。最初の休憩としてはちょうどいいくらいでしょうか。

DSCF7306.jpg

とりあえずあんぱんモグモグ・・・

「お腹は減ってないけども・・・さすがに暑くて喉がかわくなぁ・・・」
「この暑さだと登りに入る前にドリンク補給は必須だな・・・」

今、考えるとこの時はちゃんと水分の重要さが分かってたようです。
後に悲劇がおこるとはこの時は知るよしもなかったのですが・・・

DSCF7310.jpg

道の駅では大河ドラマで真田幸村が決定したらしく真田推しがスゴイ。
専用の展示スペースまで作る気合の入れよう。
クーラーも効いてたのでちょっと涼ませてもらうとしよう・・・
ごめんやっしゃやで。

昔、光栄の「信長の野望」をやりこんでた時も幸村は能力が激高だった記憶があるがかなり後半でしか登場しないので、あんまり使う機会もなく終わっちゃうイメージなんよね。
まあなんとなく悲劇の武将ってのは日本人受けするとは思います。

今時だと「親方さまぁぁぁぁああああ!!!」ってとりあえず叫んでる熱血漢なイメージでしょか。

DSCF7309.jpg

カッケー。
やっぱり漢は赤ですな。
僕のタマちゃんも然り、広島カープ然り。

では、真田丸に習ってぼちぼちと僕も行こうではないか。

「いざ、決戦の地へ」


ムダにつづきます。




テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/26(金) 23:54:06|
  2. 高野山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「コンチネンタルタイヤ」 穴とくぼみは使いよう

6月某日(雨)

さすがの僕の善行ストックも底をついたのか、はたまた梅雨の勢いには勝てないのか、雨ではノーライドである。
しかし。こんな日こそタマちゃんをお掃除して次回の快適なライドに備えるのです。
掃除は好きだし無問題である。

先日の蔵王峠はけっこうな荒れ具合の路面だったので入念に。
ゴシゴシ。

ゾンダのホイール、ピカピカやで~(^ω^)
スポークが少ないというのはなにげにお掃除が楽ですな。

コンチネンタルのタイヤも磨いておくで~(^ω^)
コイツのおかげで濡れた路面でもなんとかグリップできたかもな。
感謝感謝。

・・・ん?あれ?

「あ・・・ああああ・・・・ッ!」

なんかタイヤにえくぼみたいな穴が開いてる・・・
しかも2箇所も!

DSCF7294.jpg


どうせならホイールと一緒にタイヤも奮発していいの買おうと4000円以上だして買った僕のコンチがッ!
ものの数回のライドですでにキズモノにッ!
しかもけっこう深くえぐれておる!
これはもしかして再起不能レベル・・・?

なんでや!なんでなんや!
あの時の小石のせいか!いや明らかに窪んでおる。
もしかして最初からこんな状態やったんか!
くそうッ!つかまされたってやつなんか!
いずれにしてもこんな状態ではパンクが心配でおちおち次のライドができんやないか!
くそうッ!Wiggleめ、文句言ってやろうか・・・
落ち着け。とりあえず情報収集である。他にもこんな可哀想なユーザーがいないか見てみるのである。

カタカタ、スターーーン!と検索。



「タイヤのくぼみがインジケーターになっている」

「このインジケーターで交換時期がわかって便利」

「さすがコンチネンタル、この窪みは天才の発想」




・・・さすがコンチネンタルやでッ!(`・ω・´)


不良品ではなかったようで一安心。
タイヤは消耗品、なのですが安全に走行するには一番大事なところなので、このインジケーターも毎回ちゃんとチェックしておこうな。
それと割りと簡単に人を疑ってはイカンな。
反省。

Wiggleさんはやはり多くのローディーが愛用してるガイツーだけある。
さあ次は夏用の新しいジャージ欲しいな~。
ポチポチ。


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/19(金) 00:53:59|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の合間に蔵王峠へ挑む

6月7日(晴れ)

梅雨入りしたというのに最近は休みの日が見事に晴れ予報に当たる。
日頃の善行の賜物であろうな!
しかし、暑い中走るのもけっこうしんどいので自然と脚は涼しげなところに向かうのだ。

そんなわけで今日は滝畑ダムで涼しんで帰ろうかな・・・と出発したのであるが・・・


「そうだ。いつものまったりルート(日野ルート)じゃなくて違うルートで行ってみよう」

自転車乗りなら一度は聞いたことがあるであろう関西サイクルスポーツセンター。
ここを過ぎると滝畑ダムへとつながるのである。
この関スポルートで滝畑サイクリングでもしてみよう。

しかし、なぜいつもこのルートは回避してきたか?
それはけっこうな坂が続くから。
坂?これだけ数多の坂を登ってきたらもう関スポ前の激坂であろうが僕の敵ではなかろう!
軽くひねってやることにしたのだ。


結果としては「関スポ坂」恐るるに足らずやったで!
地元民は「関西サイクルスポーツセンターという名前のくせに自転車で行くことができない」という変なイメージがあったのだが、タマちゃんという相棒を手にした僕にはそんなジンクスは関係なかった!
新しく手に入れたゾンダ効果もあったと思うがなッ!

DSCF7276.jpg

滝畑ダム到着。
やっぱりダム周りは気温も下がってちょうどいい感じ。
景色もよければ空気も美味い。
しかもこの周辺路はちょっとしたコースになってて走りやすいのです。
歩行者もいるのでスピード出しすぎは厳禁ですが10km/hくらいでのんびりサイクリング。

DSCF7278.jpg

「気持ちええなぁ」と休憩してると、ふとこの先にある蔵王峠も気になってきた。
だいぶ前にフラフラと迷いながら走ったことはあるのですが、足付きあり休憩ありだったのですな。
せっかくなので獲れる峠は獲っておくでッ(`・ω・´)


蔵王峠スペックは距離4.9km/獲得標高262m/平均斜度5%

数字だけみると大したことはなさそうなのだが・・・

Baidu IME_2015-6-8_21-57-2

Baidu IME_2015-6-8_21-57-59

2回ほどある激坂・途中の石畳区間・濡れた路面・尖った小石となかなかに気の抜けない峠であった。
愛車もけっこう汚れるしパンクの心配もあるのだが・・・
なんというか「飽きのこない上り」という印象か。
トレーニングで上るという人にはオススメできないが、アドベンチャーしたい人にはたまらん峠かもしれんね。
個人的には好きですがwww


DSCF7282.jpg

峠写真回収。パシャリ。

DSCF7288.jpg

和歌山側の下りは絶景ポイントもあるのでのんびり下りましょう。
つづら折り、( ゚‥゚)=3ハァハァ







テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/13(土) 17:08:44|
  2. 滝畑/蔵王峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初めてのホイール交換はゾンダ。インプレなど。

ホイール欲しい欲しい病、無事完治いたしました。
そう。初めてのホイール購入でございます( ´ ▽ ` )ノ

DSCF7248.jpg

結局Wiggleでご購入。
ホイールはカンパニョーロのゾンダに決定。
クリンチャーにしました。

「ギア10枚分軽くなる」
「20%までの傾斜なら余裕」

そんなネットの記事に振り回されながらも、まあ悪いはなしも聞かないしお値段もそこそこだしとりあえず初めてのホイールとしては上出来だと思います。
あ、ついでにチューブとタイヤも新調。タイヤはいわゆるコンチです。
ゾンダ×コンチでもう鉄板の布陣。

DSCF7250.jpg

スプロケも外してゴシゴシ。


DSCF7251.jpg

チェーンも初めて外しましたw
というかミッシングリンクついてたの初めてきづいたわ。

スプロケの外し方?
そんなものは他のブログ見たらええねん。
ここはそんな情報発信とかお役立ちブログとちゃうんやで(`・ω・´)
そんなことより早く試走したいねん。



6月5日

出勤前の朝練でゾンダデビューと相成りました。
制限時間は2時間。

まずは家を出る時にタマちゃんを持ち上げたら「軽ッ!」
いきなりゾンダの効果を体感できます。
さて問題の走りはどうなんや?

その最初の一漕ぎ。

「軽い!」

初めてロードバイク乗ったときの感動がよみがえる感覚。
すごく、いい。
ある自転車マンガに言わせるとすごく上質ななにか。

「サアアアア・・・」って漫画の効果音によく使われるが、乗ってる人は分かるよね。
もうこれ以外にない感じ。サアアアアっと朝の澄んだ空気を味わいながらペダルを回します。

とりあえず平坦で効果を検証してみようかといつもの石川SL(サイクルライン)へ。
ウォーキングのオバサマ方が増えてきてちょっと走りづらくなってきたが、ちょっと踏めば30km/hまで持っていける。
これは楽チンである。
どうしても追い越す時は減速してそれから再加速しなければならんのだが、今までよりも加速がスゴイ楽。
30km/h以上はあんまり違いはわからんが、ストップ&ゴーのストレスが軽減されるのは普通のライドでも助けになると思う。
フムウ・・・さすがゾンダ。ネットでも初心者ローディーに絶賛されることはあるでッ!

思いのほかいいペースで走れたので今度はちょっと上りも検証してみようとGR(グリーンロード)に寄り道してみる。
ここは適度なアップダウンがあるコースなのでちょうど良いであろう。

3%・・・いける!というかホンマに上りなんか?ギア変えんでも勝手に進むでッ!
5%・・・お?これもいい感じ。今までよりも明らかにスピードが落ちとらん!
8%・・・なるほど、ダンシングも軽く振れるのでリズムよく上れるな!
10%・・・!!!

アカン!自分的には激坂に分類される10%になるといきなり失速してしまう。
今までの緩坂が調子よく上れるだけにこのギャップはキツイ。
当然今までよりは楽に上れるんだろうけども、いきなりガツンときびしくなるのでよりキツク感じてしまう。

なるほど、ゾンダが平坦は得意。上りはまあまあと言われる所以はココにあるのだろうな。


結論

平坦 ◎ : とにかく加速が楽。ペダル漕がなくてもスピードが落ちない。
緩坂 〇 : シフトチェンジしなくていいので楽。5%くらいまでならスピードを維持してグイグイ上る。 
激坂 △ : 自分の脚力だと10%くらいでガクンと失速。やっぱり坂はしんどいのには変わりない。


それとやっぱりラチェット音がいいですなw
下りでジイイイイイイッ!って音を聞くのが病みつきになりそうw

このゾンダ、「速く走る」というよりも「楽に遠くまで走る」のに役にたちそうな感じ。
最近なんだか山ばっかり上ってたけども、あくまで僕の自転車スタンスは「健康第一、キレイな景色を見れて楽しく走りたい」というものなので結果論だが目的に合致したホイールなのではなかろうか。

とりあえず初めてのホイール交換は大満足の結果になったんよ。
これでもっといろんなところに行ってみたいなぁ・・・








テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/08(月) 22:31:26|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

膝痛について本気だして考えてみた

こんばんは、さいちゃんです。

さて今回のテーマは「膝痛」
そう。多くのローディーを苦しめるあの膝痛について自分なりの対処方をツラツラと書いてみたりするんやで。
開始そうそう上手くまとめれるかは気分次第。
そして浅い知識で膝痛を語るのは怖いなあという気持ちもあります。

ローディーにとって膝痛は楽しいサイクリングを地獄へと一変させるくらいの重大事。
藁にもすがる思いでみた記事でさらに膝痛が悪化・・・なんて目も当てられん。
なので「こんな人もいるんやで」くらいの軽い気持ちで読み飛ばしてくれた方が良いと思われます。
保身は大事やで。




 初めての膝痛

僕が初めて膝が痛くなったのはズバリ「ビワイチ」
150km走るというイベントだったのだけれども、残り30kmくらいでなんだか左膝の前側が痛くなった。
走れないことはないけどもなんだかイヤな感じだなぁというくらい。
幸い残りは平地だったということと脳内麻薬でそこそこ痛みは麻痺していたので無事走り終えた。

帰ってからちょっとイヤな感じがしたので調べてみたらば「膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」という症状らしい。
原因は太ももの前側(大腿四頭筋)に頼るペダリングとのことですが・・・

ローディーって太ももムキムキちゃうのん?


たしかに太ももの筋肉は大事なんでしょうが、この裏側ハムストリングを使うと良いらしいのです。
ついでにいうとケツ筋を使うともっと良いらしい。

じゃあどうやってその筋肉を使ってペダリングすればいいのさ?

結局そこに行きつくのですが・・・

「軽いギアでクルクル回せ」ってどこ見ても書いてる。
なるほど。


 
 ハムストリングスとケツ筋

ふーん、クルクルか・・・
で、クルクルした結果・・・膝痛再発\(^o^)/

騙された・・・!

100kmライドした時に今度は右膝が痛くなってきた。
おかしい・・・くるくるしたはずなのだが。

本格的に原因究明にあたることにする。
重要なのはハムストリングスとケツ筋を使うペダリングということだが、帰ってきた時には明らかに大腿四頭筋だけが疲労している感じ。
ただ単に軽いギアでクルクルしてても意味がないのんか?

そこで思い出してみた。
あのビワイチ、膝が痛い時に太ももを高く上げてペダリングすると痛くなくなった・・・
100kmライドの時はかかとを上げ気味にしたらなんとか走れた・・・
これか?


 とにかく12時から3時に突き刺す

① 意識的にカカトを上げて12時までペダルを持ってくる。

② そこから3時までつま先で突き刺す!

ペダル


「踏まないように」とか言われても自転車のペダルなんて踏むもんじゃないの?って刷り込まれてたのだが、このペダリングだとそもそも踏めない。

「太ももを高く上げる」って言われてもついついサボってしまうが、かかとを上げると自然と太ももも上がる。

そしてこのペダリングだと裏ももがかなりしんどい。
ということはハムストリングを使ってるといってよいのではないだろうか。

なにより膝痛の身体ができるだけ負荷をかけないようにと本能が導き出したペダリングなので、あながち間違ってはないだろうと思う。速く走るとかはまた別の問題だろうけども自分の身体ではこれが正解だった。

カカトを上げ続けてると今度は膝裏がキツくなってくるので、その時はカカトを下げるといい感じ。
つまりカカトの角度だけでペダリングしながらいろんな筋肉を分散して使えるという寸法ではなかろうか。

実際、この漕ぎ方に変えてから膝痛からは開放された。

膝痛に悩む人はポジションとかクリートの角度とかハンドルの持ち手とかいろいろ試されてるとは思うのだが、こんな方法もあるよという感じで読んでいただけると幸いである。


 靭帯は2週間は再生されない

あ、それと膝痛になってから2~3日すると普通に歩けるくらいには回復すると思いますが、本丸の靭帯はダメージが残ってるままで2週間くらいは修復に追いつかないそうなので、膝痛になって回復したかな~と思っても2週間くらいは激しいサイクリングは厳禁らしいです。
これを知らなくてずっと違和感を引きずってました。

こんな感じで自分の場合はとりあえず今のところは膝痛からは開放されました。
でも、実は全然間違ったペダリングでまた膝痛になるかもしれないし、ほかの人にとってはよけいに負荷のかかるペダリングだったりするかもしれないし、そもそもロード乗り出して1年も経ってないので筋肉がついてきたらもっと踏んでもいいのかもしれないので未知数なところが多すぎですが、自分への備忘録という意味もかねて記事にしてみました。


それと最後にもう一回だけ。

あくまでこれは自己流なので!豆腐メンタルなので間違っててもあんまり叩かんといてください(´;ω;`)





テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/04(木) 23:32:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「はしたま」 念願のTKGライド

5月27日(晴れ)

かねてより行きたい候補に挙がっていた「はしたま」へとグルメライドに行ってきました。
のしさんがブログで行ってたの見て「暖かくなったら行こう・・・」と思ってたのですが、すっかり忘れてて気づいたらもう夏だよ(ゝω・)

さて「はしたま」は和歌山の橋本にある卵かけご飯がメインのお店なのですが、チャリンコテリトリーも拡大してきたので橋本といえばもう「庭」みたいなもんです。
ちょっとペダルを漕ぎ出せば、もうそこは和歌山\(^o^)/
この1年で成長したもんだよ。

DSCF7238.jpg

いつものトトロルートで和歌山へ向かいます。
しかしこのトトロ街道、いつ走ってもスピードが落ちちゃう。
のどか過ぎるんですな。
まあ、サイクリングだからええんやけども。

DSCF7239.jpg

空に憧れて~空をかけてゆく~♪

思わずユーミンも歌う天気ですな。



DSCF7241.jpg

紀見峠入口の自販機で最初の休憩。
しばらくボケーっとしながらストレッチします・・・
ロード乗ってると休憩するのを忘れて2時間でも3時間でも乗ってしまうんですが、多分ダメなんでしょうね。
疲れてなくてもちょこちょこと休憩を入れる。
膝にとっても大事なことだと思います。

膝といえば、先日のビワイチ以降から痛み→休脚→違和感→休脚→違和感の無限ループだったのですが、ちょっとペダリングを変えてみたのですよ。
それ以降はなんか調子よくなったみたい。
その膝痛からの脱却はまた適当にまとめてブログに投下してみたいと思います。

そんなわけでちょっと調子が良いみたいなのでこの紀見峠、TTチャンスやないか?
いっちょしばいてやるとしよう。

SHIM0221.jpg

ニューペダリングでグイグイと上る上る!
そのまま峠で記念撮影はパスッ!
暗峠を経験した僕には紀見峠なんぞ敵ではないんやでッ!
暗峠は脚ついたがなッ!

Baidu IME_2015-6-1_23-12-12



結果は前回のユルユル走った時よりも3分以上短縮。
やっぱりスポーツバイクに乗っている以上、たまにはこういうスポーツバイク的なこともやっとかんとな!
とりあえず自己新を出したのであとは自分へのご褒美でたまごかけご飯へと一直線なのだ。


DSCF7242.jpg

ちょこちょこ迷って「はしたま」到着ー
営業時間が11:00~14:00までと田舎タイムなのでちょっと焦ったがな。
なんか人気店らしいのでピチピチジャージで入るのはちょっと躊躇われるが・・・

やっぱりお客は僕一人だった\(^o^)/

なんでやろか・・・
いつもこんなんばっかやな(´;ω;`)

さて何を注文するか。
まずはやはり卵かけご飯?
いや、やっぱりがっつりと親子丼にイクべきか・・・
そうすると生玉子かけれんのか・・・?
そそくさと件ののしさんのブログをチェックする。

なるほど親子丼に卵をかけるという新しい試み。
コペルニクス的発想ですな。
ということはこの卵は卵かけご飯以外に使用OKということであろう。

DSCF7244.jpg

とりあえず親子丼でイクことにする。
ちょっと薄味ではあるが少し醤油を垂らせばちょうど良い。
個人で味付けができるようにというオバちゃん達の優しさなんやろうな。

そして本来ならばこの親子丼の具と下に敷き詰められたご飯を綿密な計算の元バランスよく食べ進めるのが本道、というか丼を食べ続けたDNAが本能的に選択する手段なのであろうが・・・

DSCF7245.jpg

贅沢にいっちまうッ!

ああ!何してんねん。
これじゃご飯しか残ってないやん。
お小遣いもらった日に豪遊する小学生やん。
否。
ここに強い味方がおる。

DSCF7243.jpg

たーまーごー。
この卵、いくらでも食べ放題らしい。
コレステロールを気にする中高年を圧倒するサービスなんやで。

コイツを・・・投下する・・・!

DSCF7246.jpg

なんということでしょう。
あっという間に卵かけご飯に。
しかもご飯のおかわりができるシステムなのでがっつり行きたい方はおかわり+卵の夢の永久機関が完成なんやないか?オバちゃんたちも商売上がったりやなぁとか考えんでもないが、むしゃむしゃむしゃ。

いやいや、いつもは1パック190円の卵ばっか食べてるのでコイツはデラうみゃあよ。
炭水化物をがっつり補給できるのもローディーにとってはうれしいところ。

「はしたま」ごちそうさまでした!

それにしても出先で食事して思うことだが、単に休憩するよりも食事した後って平均速度が上がる。
やっぱりエネルギーって大事やね。






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/01(月) 23:30:24|
  2. グルメライド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12