ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

初心者ローディー、暗峠に散る

~前回までのあらすじ的なアレ~

ある初心者ローディーには夢があった
フラワーロードを走る夢があった

四季折々の花に囲まれ絶景の景色に目をやれば眼下には歴史ある奈良が一望できる
そう、そこがローディーの楽園
そう、それこそがフラワーロード・・・

ある初心者ローディーには夢があった
フワワーロードを走る夢があった

夢は夢で終わった


______________


えーと続きです。

フラワーロードとは名ばかりのコンクリゆる坂地獄を走破。
文句もたれつつもなかなか走りやすい道だったので今後もトレーニング用コースとして脳内インプットしながら今度は下りを快走いたします。
とりあえず(フラワーロード)だけが目的だったのでこのあとはノープランなのです。

奈良入りはしてるのであとは適当な峠を超えるか標高の低いところをセレクトして迂回して大阪に帰ればいいかな・・・と思いながらブラブラ走ります。

DSCF7215.jpg

あ、暗峠。

(・・・やめとけ・・・この前膝イワしたばっかだろ)

うーん、大阪側と違って奈良側は意外と登れるって聞いたけどもなぁ・・・

(・・・いや、それはあくまで比較してだからな。全国区の酷道だからな)

グーグルマップ見たらここを登るのが一番手っ取り早いんだよなぁ・・・

(急がば回れ、・・・急がば回れ!)







結果は無念の足つき。
頂上まであと300mくらいかな。

やはり僕ごときの貧脚ローディーが立ち向かう敵ではなかった・・・というか峠の道を直線でつなぐのはアカン。
山の道を九十九折にして少しでも斜度を下げようという先人の知恵に真っ向から歯向かう挑戦的なコースですな。
なんで序盤からドーナツやねん。

DSCF7216.jpg

このあたりでリタイヤしたもよう。
心拍200越えたのは初めてですw

DSCF7218.jpg
     景色はよろしいがそんなモン見てる余裕はナイ

そのあとはもう漕いで上る気力はなくひたすら押し歩き。
頂上で上半身裸で自転車乗ってる外人さん2人に「楽勝ネーッ!」なんて声をかけられさらにへこむ。

DSCF7221.jpg

峠茶屋「すえひろ」で命の水を補給。

生き延びた・・・!

この時はマジでそう思いました。
ここでなんだかんだ30分ほど休憩。

DSCF7223.jpg

DSCF7224.jpg

DSCF7222.jpg

この前チャリダー☆でやってた坂バカ俳優猪野学さんの写真とかサインもあったよ。
猪野さんマジすごい。


DSCF7219_20150530231152377.jpg

一応、登頂記念。
足つきなしで登らねば制覇したとはいえないのだろうが・・・


そのあとは大阪側をダウンヒル。
ダウンヒルとは名ばかりの直滑降。
半分くらいは担いで下りたかな・・・(;´д`)

DSCF7230.jpg
                          悪名高き魔のヘアピン


正直まだまだ上れる気はしないのだが、いつかは足つきなしで上ってみたい気もしないでもない。
関西ローディーたるものたとえ足つきしたとしても挑戦することに意義がある。そしてネタになる。
そんな暗峠デビューでした。









スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/30(土) 22:59:29|
  2. 暗峠(奈良側)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フラワーロードに行きたかったはなし

「フラワーロード」

関西ローディーにはそこそこ名のしれた道ではなかろうか。
葡萄坂、十三峠、そして暗峠などの生駒山系ヒルクラゾーンのてっぺんを尾根沿いに伸びる広域農道だそうだ。

だそうだ?
そう、実はまだ一回も行ったことがありませんねん(´;ω;`)
なので今回はこのフラワーロードを走破というか制覇してやろうという趣旨のライドでございます。


さて、まずはフラワーロードへ行くためにはどこかの峠を登らねばならんのだが、まあ一番近い柏原のぶどう坂からが無難であろう。何回か登ってるしな。



ゆるゆる登ってもやっぱりキツイε=(・д・`*)ハァ…
膝に爆弾を抱えてしまったのであんまり無茶に踏み倒してもアカンやろし。

とりあえずそのまま登ってのどか村にて休憩。

DSCF7207.jpg

イカ焼き&安定のコーラw
ベンチで30分ほど日向ぼっこする・・・暑いわ!(;´Д`A

さてここからバビュンと下ればフラワーロードにたどり着くハズ。
その途中でなんか微妙な像がありました。

DSCF7209.jpg

白虎・・・?

白虎(びゃっこ)は、中国の伝説上の神獣である四神の1つで、西方を守護する。西方白虎。
細長い体をした白い虎の形をしている。



なるほど・・・間違ってはいないんだろうけどもな・・・

DSCF7211_20150527172602046.jpg
                     「ナンダ?なにか文句あるのか?」


なんだろう・・・この「コレじゃない感」はwww

僕らが求めてる白虎はこんなんだったハズ。

epo7738923079.jpg
                            ガオー。

とかなんとか言いながらもお腹もふくれ脚も回復し快調にペダルを回します。

DSCF7208.jpg



しばらく道なりに進むと分岐が。

DSCF7212.jpg

ここを左折するとやっとお目当てのフラワーロード突入です。
「信貴フラワーロード」とか言われてるみたいですが正式名称は「西和広域農道」とかいうらしい。

それにしてもフラワーロード、なんてキッチュでファニーな名前の道であろうか。
山の尾根沿いに雄大な景色を眺めつつお花畑のような快走路を走れるのであろうよ。(フラグ発生ポイント)

いざ往かん!


SHIM0052.jpg

SHIM0055.jpg

SHIM0064.jpg

SHIM0060.jpg

SHIM0073.jpg

フラワー?そんなもん漢と書いてローディーと読むような僕には必要なかったんや・・・
必要なかったんやで!

それにしてもコンクリばっかりの道である。
適度にアップダウンもあるので、トレーニングには最適な道なんではなかろうか。
単調なグリーンロードみたいな感じやろかね。

DSCF7213.jpg
                       一応探しながら走ってたら少しだけ咲いてた
「フラワーーーー!!!」


つづきます。

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/27(水) 17:42:49|
  2. 葡萄坂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝練という名のサイクリング



DSCF7154_20150516123904391.jpg

最近、朝練というものを生活に組み込んでみました。

朝練なんて高校の部活でもさぼってたくらいなのに、なんて健康的な生活なのでしょうか。
休みの日が雨とか用事で忙しいとかでなかなか自転車に乗れない日が続き悶々としていたろころ、ピコーンと閃いたのです。

「休みの日に雨だから諦めるんじゃなくて、晴れた時に乗ればいい。仕事の日でもな」

そうすれば晴れの日はいつでも乗り放題なわけですよ。これがコロンブスか。
幸いにも僕の仕事は朝がけっこうユルく9時半出社なのです。ということは9時に家を出るとして・・・6時に走り出せばちょっとしたライドもこなせる計算。
そんなわけで目覚ましを5時半にセット。

・・・・・・まあ、当然起きれるわけがありません。
さすが高級テンピュールベッドに高級羽毛布団でDTIボーナスを加算した僕の睡眠システム、完璧やないか!

とか言っててもキリがないので考え方を変えてみた。
今まではだいたい1時頃寝床に入り8時に起きる生活だったので7時間睡眠の計算。
ということは逆算して10時に寝れば起きれるんやないか?

そんな小6でもやってない健康的な生活は無理。
じゃあせめて日をまたぐ前に寝てしまおう。
これでなんとか起きれるか・・・?

結論からいうと3回に1回は起きれる。
プロのバッターでも3割打てれば1流なのだから、まあよいとしよう。

何度か朝練をしてみたのだが、

めっちゃ気持ちイイ!

別に何がどういいのかわからんが、イイコトをしてる気分になる。
朝は車も少ないし空気もなんとなく美味しく感じられる。
最高やな。

そして僕の住んでる環境もプラスに作用した。
いつもタラタラ走る石川サイクルラインまで10分でアクセス可能。
最近ちょっと通いだした金剛トンネルなんぞ5分でアクセス可能。
日によって流すか頑張るか選べるのである。


夏になったら日中は暑くなるだろうし、この朝練、いいことづくめではないか!
仕事中が超絶眠くなるのは・・・まあ・・・しょうがないよね(ゝω・)

気持ちがいいのでちょっと続けてみることにする。









テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/15(金) 12:36:50|
  2. ショートライド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めてのホイール選び

どうやら病気に感染してしまったようです。

ロードに乗り出すとかなりの高確率でなる病気。

それは「ホイール欲しい欲しい病」


昨年7月に無事タマちゃんを手に入れてから10ヶ月・・・ビンディングペダル交換、ブレーキ交換、ビワイチ、膝痛ナドナドとりあえずロード乗りが受ける洗礼というかテンプレ的な道のりは通ってきたと思います。
そして「もっと快適に」「もっと速く」乗りたいとなると自然と次はホイールへと興味がうつるのは仕方なかろうもん・・・

でもねぇーホイールねぇーなんかねー。

高いんすわ。

タイヤつける金属の輪っかに5万も10万もかけるなんて普通の感覚では意味がわかんない。
僕は車のホイールも高いアルミ履いてるの見て「バッカじゃねーの」って思う人なので。

ただ車のそれとは違って自転車の場合、走りの性能に直結するあたりはまだ妥協点というか許せるところがありますんよ。

でもねぇーホイールねぇーなんかねー(以下ループ)

と、とりあえず買うかどうかはおいといて。
どんな種類があるのかを調べておこう。
知識があるに越したことはないのだ!

どんな世界でも専門用語はマニアックだしよくわからん単語も多いしな。





【アルミ】
一番メジャーな材質でお値段もお安め。
手軽に扱えるのでよくワカンナイ人はとりあえずコレで良いと思われる。

【カーボン】
ちょっと高い。でもその分軽いので山登る人に人気らしい。
振動も吸収してくれるらしいが割れたら終わりというのがある意味清々しい。専用のブレーキが必要。

【クリンチャー】
多分最初からついてるホイールはクリンチャータイヤ。チューブ入れてタイヤはめるヤツ。
パンク時に交換が楽チン。

【チューブラー】
タイヤとチューブが引っ付いてるタイプ。ちょっとマニアック。
パンクしたらめんどくさいらしいが乗り心地はよいらしい。

【鉄下駄】
今時鉄下駄履いて砂浜を走る柔道部員はいないと思われるが、とにかく重いホイールのこと。
最初についてるホイールはこの鉄下駄な場合が多い。2000g超えたら鉄下駄認定。
あえて練習用に使う人もいるらしいが定かではない。

【リムハイト】
ホイールの幅のこと。これが太いとかっこよく見える傾向にある。
50mmくらいからディープリムとかいわれる。



うーむ・・・カーボンも昔に比べると取り扱いはしやすくなってるみたいだけども・・・
初心者はアルミ×クリンチャーの組み合わせが無難かな・・・

さっそくWiggleさんで調べてみる。





fulcrum_R-Quattro_-2013-comp.jpg

Fulcrum - Racing Quattro 1725g 約30000円
フルクラム、よくフルクラとかいわれてる。リムハイトは35mmで見た目はこれが一番カッコイイ。
無難な感じ。





campy-zonda-wheelset.jpg

Campagnolo - Zonda 1594g 約38000円
ゾンダって名前がイカツイ。見た目は普通だがスポークがかっちょよろしい。
軽いし初めてのホイールにはオススメらしい。


あ、それとタイヤでも走りが変わるらしいのでどうせなら一緒に変えたいかな。

Continental - Grand Prix 4000S II 10000円
フオオ・・・そうかタイヤも2本いるのか・・・
地味に高いな・・・

まあ合わせて5万あれば買えるか・・・
ボーナス次第かな・・・


ちなみにタマちゃんに初期装備でついてたホイールも調べてみる。

AXIS2.0って名前で2100gとのこと。
うむ、とりあえず交換したら軽くなるのは数字でわかったのでまあ悪い結果にはならんであろう。

もう少し夜な夜な悩みますw


  1. 2015/05/11(月) 23:59:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6