ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

限界ギリギリで護摩壇山まで辿りつきました



どもども、さいちゃんです。



えーと、続きです。


谷瀬の吊り橋までは快調に飛ばして無事とうちゃこ(寝坊のぞく)なのですが、ここで身体と相談した結果ここから護摩壇山経由で帰宅というルートを実行することにしました。


護摩壇山は過去1回行ったことがありますがその時は高野山を上りさらにそこから龍神スカイラインをヘコヘコと進みたどり着いたのです。
多分、ノーマルルートです。

しかして現在地は谷瀬の吊り橋。
ここから護摩壇山につながるルートなんですが・・・


Baidu IME_2017-6-2_16-16-59


高野山から護摩壇山までが28kmだからぱっと見で20kmくらいかなぁ・・・となんとなく考えておりました。
そしてある程度自転車乗ってるとこの距離ならだいたい〇時間くらいみたいなふわっとした予想もできるようになります。
上り基調で20kmならまあ2時間あれば大丈夫だろう、とこの時の僕は思っておったのです。



大間違いでしたッ!(´;ω;`)




というのもこの谷瀬の吊り橋から護摩壇山へと抜ける道、川沿いで序盤はほぼ平坦。
なのですが、よくよく見るとかなりくねくねしております。

そして実際に走るとじつは40kmほどの走行距離www
予想のはるか2倍ですw
そして序盤が平坦だった分、後半は激坂といっていいレベルの坂がポンポン出てきます。



結果から言うとかかった時間は3時間半。
2時間予想は甘々と稲妻でした(´・ω・`)






最初は快適路だったのです。
トンネル区間がまた何箇所かありますが、谷瀬以南は交通量が激減したのでのんびりと走れます。



SHIM0035.jpg

そしてこの橋を渡ったあたりから神納川沿いのクネクネルートに突入です。
気を引き締めて行きましょう!



川沿いで比較的涼しげですが、そろそろ気温も上がってきました。
ただしこのルート、水に限ってはそんなに心配がございません。
いい感じに小さい滝というか湧水がちょいちょいあるんですね。
これをボトルに入れて頭からバシャーすることで一気に冷却できます。
飲んでも大丈夫だとはおもうんですが、ここは大事をとって浴びるだけにしておきます。





まだまだほぼ平坦区間ですが、ここでちょっとしたお供ができました。

野犬ですwww


サイズは小さいですがガリッガリに痩せた感じは飼い犬ではなさそう。
この犬が50mほど前方をずっと先導してくれるんですけども、いかんせん遅い(#^ω^)ピキピキ



コーナーを曲がるたびにチラチラと見えるくらいの距離をとって前を走るのです。

でも追い抜きざまに襲われたら嫌だなぁ・・。
というわけでひたすら「夏色プレゼント」を熱唱しながら威嚇して走りますwww




ポチ(仮称)も追いつかれそうになったら頑張って走り距離をとろうとするのですが、しばらく走っているとだいぶばててきた様子。
どこか脇道に逃げてくれないかなあと思うのですが、ここははてしなく一本道なのです。
頑張れポチ!(仮称)



しかし、別れは突然に訪れました。
ポチ(仮称)の先導のもと、3kmくらいは走ったでしょうか。
夏色プレゼントも4回目に入った頃、突然ポチ(仮称)が立ち止まりました。

どうした、ポチ。
悲しそうな顔でふりかえるポチ。
僕もどうしようか躊躇しましたが、夏色プレゼントは止まりません。

そしてポチ、崩れるように突然の伏せ。



ああ、これはもう「早よ行ってッ!」という全力のアピールやな・・・すまんなポチ、もう歌うのも最後やで。

追い抜きざまに最大声量で「プーレゼントッ!フーーーーッ!!!」と威嚇してパスしたったりましたッ!

水越の野犬もそうですが、こちらの存在を知らしておけば襲ってくることも少ないと思うんですけどもね。








さあ、じゃま者も?いなくなったのでペースアップやで。
と思ったらここからがどうやら本番でした。



一気に斜度が上がるwww
そして小石が邪魔をします。


SHIM0039.jpg

こんな感じでけっこう大きな石がゴロゴロと。
万が一これを踏んでタイヤが裂けたらゲームオーバーです。
なによりこの区間、携帯がガッツリ圏外なのです!
ここは慎重に進むが吉。


ちょいちょい13%くらいの坂も越えながらあとどれくらいで護摩壇山に着くか分からないままペダルを淡々と回します。
が、ちょっと両脚のハムが怪しい感じ。

斜度がキツイところはファイナルインナーロー開放でできるだけ脚に負担がかからないようにしてきたのですが、ちょっと力を入れると攣りそうです。


攣りそうになるたびにこまめに休憩を入れて塩タブ補給。
脚付き?そんなものはとうの昔に捨て去りましたッ!!!



これを大量に持ってきておったのがよかったのかもしれません。
なんとかだましだまし最後まで攣ることなく走りきれました。



この時は20kmくらいでつくだろう・・・と思っておったのでいつまでたっても護摩壇山が見えない恐怖たるや。
スマホのグーグルマップも圏外では役にたちません。

さいちゃん(もしかして道、間違えた?)






そんな絶望的な考えもよぎりますが、とうとう!とうとうはるか彼方に見えました、護摩壇山!


fc2blog_2017060121313524a.jpg

ポツリと見えますが、これが見えた時の安堵感たるや・・・ッ!
私は帰ってきた!(帰ってない)

ここからは稜線を走り続け龍神スカイラインに合流すればもうそこは護摩山スカイタワーです。


fc2blog_20170601213138a4b.jpg



なんとかとうちゃこであります・・・マジしんどかった。
しかも到着しただけでここから帰らなばならんのです。日没が19:30頃としてあと3時間ほど。

うん、絶望的ですね!\(^ω^)/



しかし1度走ったことがあるという経験は尊いもので、下り基調で少し上りがあるはず・・・と予想しながら走れるだけでもだいぶ精神的に楽になれます。
そして中間地点、つまり14キロくらい走れば休憩地点もあるのです。

時間はおしてますがしし肉丼の一杯くらいは食べてもバチはあたらんでしょう。
ぶっちゃけ日没までに和歌山市街まで下れればなんとかなるでしょうしね。



少しの上りも頑張って回し下りは全力ダウンヒル。
そしてたどり着きました!さっさとしし肉丼をいただきましょうぞッ!


fc2blog_20170601213143612.jpg


さいちゃん(残酷やな・・・)





閉まってる(´;ω;`)

どうやら16:30で閉店みたいで現在時刻は16:40
くやしいのでタダで汲める湧水を頭からバシャーします・・・が、お腹は膨れません。
じつはお昼ご飯を食べるタイミングを逃しそろそろハンガーノック気味なのです。

補給食は食べてるんですけども、やっぱりちゃんとした食事をしないと限界はありますね。
ブルベ走ってる人ってどうしてるんでしょうか?




閉まってるものはしょうがありません。
たしかここからはほぼ下り。全力で高野山のファミマまでダウンヒルTTです!




なんとか食事にありつけましたw
いやー、今思うとここで食べなかったらヤバかったかもしれんです。

ここで輪行もちょろっと考えましたが、まあ後は下ってチョイチョイっと峠超えるだけなのでボチボチ走りましょう。
高野山からのダウンヒルは370号線が気持いいですけども、この時間だと車も全然走っておりませんので全力ダウンヒルが可能ですッ!
あくまで自分でコントロールできるレベルでの話ですがアウタートップで回しながら下ハンもってのダウンヒルはゾクゾクしますね。
ここに限って言えばロードの方が車より速いと思います。




無事下山の後は橋本から紀見峠で大阪入り。

fc2blog_201706012131535a8.jpg

この時点でほぼ日没。
やっぱり寝坊した2時間が痛かったw

VOLT800でそんなに危険も感じませんでしたが1600ってどうなんやろか・・・ゴクリ。




大阪入りすればあとはのんんびり走ってても帰れます。
20:00帰宅。




寝坊さえなければ陽が出てるうちに帰ってこれたのににににッ!!!
でも走ってみて200km3000mupでも次の日に特別ダメージなしだったのでそこはよかったです(^ω^)
銀ちゃんのおかげもあると思いますが、ロング用の身体にだんだん馴染んできてる気がします。

もっと遠くまで走りたいッ!!!










あ、あと。
手前味噌だとはおもうんですが、今回の733号は思ったよりキツいルートでしたので参考にする人とかは、是非自己責任で慎重に選んでください。

走っててテンション上がると正常な判断ができなくなると思います。
僕も今回もけっこうギリギリでしたし。
もっと練習せなあかんなぁ・・・(´・ω・`)




ではでは。










スポンサーサイト
  1. 2017/06/02(金) 18:22:16|
  2. 護摩壇山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近畿最高峰で悶絶必死 自走護摩壇山

「いつかは護摩壇山」

高野山に登るたびにつぶやいていたこの言葉。
いつかっていつや?今や!今なんやでッ!


今でしょう!(古い)









5月14日(晴れ)

というわけで気づいたら高野山大門前まできておった。


fc2blog_20160515225527a56.jpg


この時点でAM9:00
いつもの僕ならさて仕事行こうかな・・・という時刻であるが今いる場所は高野山。
この非現実感、最高やな(^ω^)


しかして今日の目的はこれから先にある護摩壇山なのである。
ここで満足しておるわけにはいかん。

高野山大門までは登りで18km
さらに護摩壇山までは28km

高野山がカワイク見えてくる距離ですなwww

未体験ロングヒルクライムというわけで補給はきっちりととらなければ完走できません。
今日の補給食はおにぎり×2、ミニアンパン4つ。
足りるんか・・・?

念の為にコンビニで補給モグモグしておきます。

fc2blog_2016051522553123f.jpg

おにぎり一個チャージ。
ドリンクは麦茶。
後味さっぱりでグビグビいける。
自転車のドリンクとしてベストな選択かは知りませんが個人的に好きなのです。




さてここからが本番、護摩壇山クライムスタートです。

距離は28kmですが、道中に一応補給ポイントがあることは情報として得ております。
というのも先日斥候部隊としてたけさんたちが登っておったのだ。

スタートから10kmほどでなんかトイレポイント~14kmくらいであじさい園で水補給~28kmでゴール。

うん、あじさい園で休憩すればちょうど半分くらいやしええんちゃうかしら。
下りもところどころにあるみたいだし、なんといってもローディが目指す場所やしね、大丈夫でしょ。


fc2blog_2016051522190938e.jpg


高野山でもかなりの景観なのだが、それよりも高いところ。
右も左も絶景ポイントがてんこ盛りです。


序盤は下り基調。
3kmくらいから登りになってきます。
ただ、特別キツイ登りというわけではなくダラダラとした緩斜面。
シッティングでヘコヘコ登れば体力温存もできるでしょう。


fc2blog_20160515232918f0d.jpg


それよりも何よりも、こんな景色を見ながら走らないなんてもったいないではないですか。
少し登ってはパシャリ、少し登ってはパシャリ。
全然進みませんなw


進まないといいつつもトイレポイントまでは10kmほど。
ほどなくソレを発見しました。



案内所のところの坂・・・
ここやな。


まあトイレに行きたいわけではないが、せっかくのアドバイス。
応えねばなるまいて。

fc2blog_20160515234854326.jpg

登ります。

さて、この写真でお気づきの方もいるかもしれませんが・・・

完全に道を間違えております(´;ω;`)


さいちゃん(ハアハア、ハアハア・・・さすがたけさん推奨の激坂やな・・・)

(斜度も余裕の15%超えやないか・・・)


SHIM1353.jpg


ハアハア言いながら登っておりますが・・・

完全に道を間違えております(´;ω;`)


さいちゃん(あれ?たしか少し登ればトイレがあるという話だったのに・・・)

(間違いなく3kmは走ってるよな・・・)


そしてたどり着いたのは。

fc2blog_20160515221913e39.jpg

なぜか展望台www

いやあ、景色いいなあ・・・ってちゃうわッ!

くそうッ!どんなトイレ詐欺やねんッ!(´;ω;`)
悲しい気持ちで来た道を引き返し、龍神スカイラインまで戻ってきたらば。

50m先にありましたw


fc2blog_201605160001184a7.jpg

こっちの坂だったんですな。
いや、さっきの坂の入口と全然似てないのになんで間違えたんでしょうか僕は。
それにしてもついさっき激坂登ってきたばっかなんやけども・・・


SHIM1381.jpg

やっぱり登りますwww


さいちゃん
 クハッ!なかなかの坂、いくしかないっショ!




幸い今度はすぐにトイレが現れました。
いやトイレしたいわけじゃないんですけども。





トイレ坂とったどー。
いやまて。
まだ上があるぞ。
展望台みたいになってるし景色もよさそうなのでついでに登ってみましょう。

fc2blog_201605160014086df.jpg

fc2blog_201605160014053f5.jpg

風車を見ると遠くに来たなぁとより感慨深くなります。


fc2blog_20160516001406c64.jpg

そして頂上には鶴姫なる者のお墓がございました。
とりあえず手を合わせておきます。


fc2blog_20160516005213ac6.jpg


個人的想像では鶴姫はこんな感じがよろしい。
前髪パッツンの黒髪ロング。
首は細くてうなじがうなじがうなじががががが!

しかし、鶴姫よ。
そんなにゆっくりもしておれんのだ・・・なにせまだ半分も登ってない上にここでもかなり体力消耗してしもうたんやで。



さらに先へ進みます。
下りに入ってしばらく進むとあじさい園。
ここで中間地点みたいなのでちょっと休憩していくことにします。

fc2blog_20160516074042ab5.jpg

タダで汲める水発見\(^o^)/
麦茶も減ってきておったのでやっぱりここで休憩は必須ですな。
食事もできるようだが、ここは時間的余裕も考えると帰りに寄って食事とする方が無難であろう。
というわけでミニあんぱんモシャモシャと。


お土産も売ってたので車なら何か買ってもええんやけどもなぁ。
自転車乗りは食事でしかお金を落としていかんのが申し訳なす。


さて残り半分、頑張って登りましょうぞ!とペダルを回すもここらへんから脚が重くなってきた。
休憩しすぎたのがアカンかったのかしら・・・
横を軽快にすり抜けていくバイクを横目にハアハア登ってるとなんでこんなことやってるんやろ・・・とか後ろ向きな考えが頭をよぎりますがここまで来てリタイアとかは考えられん。

ペースをさらに落としてゆっくりでも護摩壇山まではたどり着きたいのだ。


SHIM1444.jpg


護摩壇山まであと2km
これを近いと思うのか遠いと思うのか。

ここまで登ってると距離感覚がマヒしてくるようで、気分はゴールした感じになっておった。
28km中の26km走ってきたのでマラソンだったらもう競技場に戻ってウィニングランみたいなもんではないか。

待っておれよ!護摩壇山!ごまさんスカイタワー!



ペースを上げるわけもなくやっぱりキレイな景色を眺めながら登っておると・・・
とうとうやってきました!


fc2blog_20160516080813820.jpg

ごまさんスカイタワー\(^o^)/
無事とうちゃこでありますッ!

駐車場にはバイク乗りが溢れかえっておりますのでトイレ横のサイクルラックに自転車置いて休憩。
いやぁ、それにしても道中、携帯圏外の心細さは異常。
ここにきたらきっちりLTEも入っておりました。



できれば午前中に到着したかったんですけども、予想以上にスローペースになってしまいましたな。
まあ、ロングライドで無理は禁物ですからしょうがない。


fc2blog_20160515232925cb3.jpg

それにしてもごまさんから見えるこの大パノラマよッ!
実際iPhoneでパノラマ撮影したのがコチラの景色。
雄大すぎるやないか・・・

ここで展望台に登って食事でもしようかなと思ったのだが、そこそこ混んでそうだったので帰りにさっきのあじさい園でご飯を食べることにして、ここは存分に景色を堪能して休憩するとします。




(30分後)




さいちゃん
 もう帰りたくないでござる




完璧にだらけモードに突入していたので帰りのアップダウンがひどくめんどくさくなっておった。
しかし輪行バッグもこんなところでは何の役にも立ちません。
とりあえずは自分の脚で下山は必須なのです。



よっこらせと重い腰を上げて帰路へとつきましょう。



護摩壇山ルート、アップダウンを繰り返しながら徐々に高度を上げていくコースなんですが行きに比べれば帰りは下り基調でラクチンラクチンやで(^ω^)

そんなわけあるかッ!(´;ω;`)


行きは登り:下りが体感的には7:3くらいだったので帰りは必然3:7くらいにならんと計算として合わん。
のだが。

なんか登りおおくない?(・3・) アルェー
行きはこんな下り体感してへんで?







ただ、こんなこともあろうかと事前に極秘トレーニングを実行しておったのだ。
テラ計画的(^ω^)

まずはコレを見てもらいたい。
これが護摩壇山のアップダウンを図にしたものである。
道中GPSがぶっ飛んで左右均等にはなっておらんが、おおむねこんな感じ。

   Baidu IME_2016-5-16_19-39-17

たしかにアップダウンを繰り返して標高を稼ぐ感じのルート。
この長距離アップダウン問題を解決すべく秘密裏に実行しておったのがコチラ。


Baidu IME_2016-5-16_19-40-43

メガ山切りwww
これは先日グリーンロードを5本した時のものである。

これだけアップダウンしておれば護摩壇山なぞ恐るるに足らんのですッ!(`・ω・´)


だからそんなわけあるかッ!(´;ω;`)

しんどいもんはしんどい。
何より紀見峠~高野山~護摩壇山とヒルクライムもお腹いっぱいになっておる状態なのです。
しかしまあ、なんとかかんとかヘコヘコ進んであじさい園まで帰ってきました。


fc2blog_20160516074045e4f.jpg


帰ってきましたでー。
安定の圏外やけどなッ!
ソフトバンクもっとガンバレ。

さてここでやっとこさキチンとした食事をとりましょう。
高野山まで来ておにぎりとミニアンパンだけとか寂しすぎるからなッ!


お店の中にはけっこう広めの食事できるところがあります。
またしても安定のボッチ飯。
お客さんゼロやな・・・

猪肉が名産品なんかな?
山賊ダイアリー愛読者としては猪肉も一度食べてみたかったんよね。
よし、これ食べよ。


さいちゃん
 「いのにくうどんください」



「はい、ししにくうどんですね


さいちゃん
 「・・・・・!!!!」






fc2blog_20160516200509438.jpg

というわけでしし肉うどん。
メインのお肉は意外と厚切りジェイソンでホワーイ!けっこう甘いですな。
歯ごたえアリアリなのに固くない。
不思議な食感。
山菜もシャキシャキ、ゴボウはかなり甘めに味付けがしてあって手が凝ってる。

がっつりではないが疲れた身体にはこれくらいがちょうどいいんですよ。
スープも全部飲み干して。
ごちそうさまでしたッ!


このあじさい園を超えればやっと本当のダウンヒル。
もうペダル回さなくても大丈夫・・・
このまま何も考えずに魂を重力に引かれて進みますで。
フラットマンダーがッ!


序盤の坂がちょっと心配やったが、意外と平坦だったみたいで問題なく無事高野山まで帰って来れました。
高野山まで帰ってきたと言ってもまだここから家まで自走40kmほど残っておるのだが・・・



fc2blog_20160516200332c60.jpg


時間的に余裕があれば鍋谷から帰ろうかなと思ってたんですが、予定よりも時間が押してたので安定の紀見峠。
ホンマ紀見峠マジ天使。




というわけで、ロード2年生の時に掲げていた目標「自走で護摩壇山」も無事成功と相成りました。
いやー、おつかれおつかれ。
頑張った自分を褒めてあげたい、よちよち。


もっと速く走れて登れれば、もっとたくさん走れるのになぁというのが悩みというか葛藤があるんですが、そうすると疲れちゃうと思うし。
地力を底上げしていかんとダメなんでしょうな。







テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/05/16(月) 20:20:02|
  2. 護摩壇山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10