ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

「十三峠」 関西ヒルクライム屈指のホットスポットでやはり悶絶する

大阪も急に寒くなってまいりました。
まあ2年目なので防風ジャケットとか裏起毛タイツとか持っとるので、これくらいの寒さはヘッチャラなんやが。

「洗濯ものが増える」という主婦的視点から見るとちょっとめんどくさいのである。
当然洗うのは僕やけどもなッ!(´;ω;`)


そんな寒空の中さらに寒い山へと今日も向かいます。








11月28日(曇りのち晴れ)

今日は夜に堺浜の方でなにやらイベントがあるらしいが、夜は所用で忙しいので朝からブラブラと石川SLを流します。
風も強いし気温も低いがさすが土曜日、けっこうなサイクリストが走っておりますね。

ブラブラと走ってるように見えて、実はわたくし、本日は胸に秘めた想いがあるのですよ。
そしてそこへ向かっているのです。


石川SLから大和川へと合流・・・はせずに葡萄坂方面へ。

そして大県南のコンビニも曲がらずに直進。
ちなみに大県南のセブンにはけっこうなローディーさんが休憩しておった。
多分ぶどう坂組やろな。


そして旧170号を北上していきます。
そうこの先にあるのは「十三峠」


そう、ご存知大阪ヒルクライムスポットのメッカであります!
和泉は葛城山、河内は金剛山、そしてこの中大阪はやはり十三峠がヒルクラの代表格。
そしてこの十三峠、今ブログ界隈でももっとも熱いスポットなんやなかろうか。どうなんやろうか。


葡萄坂には何回か登ったことがあるし悪名高き暗峠も奈良側からは登ったことがあったが、実はこの十三峠は未体験。
正確には下ったことはあったのだが、あまりにもキツそうだったので今の今まで見て見ぬふりをしておったのだ。


しかしまあ、せっかく大阪在住なのだし。
せっかくという理由で一度登ってみようかしら・・・とそんなうっすい動機でいざ十三峠なのですw


しばらく進んで、良いポイントでコンビニ発見。

IMG_0450.jpg

水越東セブン。
これは、アレか。
歴戦の勇者どもが集うという例のコンビニか。
とりあえずはこれからの戦いの前に一本満足バーをただの水道水が入ったボトルで流し込んどきます。
今更補給しても無駄かもしれんが。


一応ここで敵の情報を確認。
スマホ便利ネ。



十三峠
標高差 :375m  
距離 :4.0km
平均斜度:9.2%  
最高斜度:14.7%


ウーム、距離が4kmというのが唯一の救いか。
前回のダウンヒルで斜度のキツさは身を持って体感しておるので、とりあえず目標を立ててみる。


ズバリ 足付きなし+30分以内



足付きなし、というのは正直メンタル的なコンディションでかなり左右される。
なので、こうやって事前情報を得てから登るというのは意外と大事なんやで!
(日和っておるわけではないんやで!ヽ(`Д´)ノ)

まあ、なにがズバリやねんというくらい果てしなく低いハードルなのであろうが・・・
僕にはまあ、これくらいが妥当な線じゃないかしら。




前置きが長くなりすぎた。
とりあえず目標めざしてスタートである。

というわけでここからはSHIMANOアクションカム「CM-1000」の出番で勝手にパシャパシャ撮ってくれるインターバル撮影。


SHIM0051.jpg

さてこの大竹七丁目を右折すると十三峠へのスタートとなります。
序盤は普通の道路で道幅もまあ広い。
急がず慌てずに淡々とペダルを回していきます。

しかし・・・知ってるんやで・・・これから斜度が上がることはッ!

SHIM0055_20151129231321efb.jpg

ボチボチとキツくなってまいりましたが、ひたすらシッティング。
10%以下ならばシッティングで我慢して登るほうが、長く走れることもわかってきたのだ。
ダンシングするときは、激坂か気分転換の時くらい。


SHIM0059_201511292317323fa.jpg

なんか大きなヘアピンを過ぎて山らしくなってまいりました!
ここでファイナルインナーローを投入ッ!と思ったらすでに使っておったw

「我慢のガの字は河合我聞のガ・・・」

ガマンのクライムが続きます。
視線の先にチラチラ見える果てしなき先のガードレールに絶望しながらも、足はつかん・・・足はつかんで・・・と時速10km/hをはるかに切るナメクジが如きクライム。

でも左手に見える景色はさすがにキレイ。
ちょっと癒されますな。


SHIM0070_20151129232506d8c.jpg

多分この時点で3分の2くらいでしょうか。
ちょっと道幅がせまくなっており下りの車とすれ違うときに金属の溝蓋を通過しなきゃイカンのがちょっとイヤ。

くそう、ヒルクラのメッカのくせにもうちょっと道幅広げて欲しい。
まあ車からしたら、チャリ野郎ジャマだな。くらいに思われてるんでしょうけどね。


大阪府民の森ゲートを通過でたしかあともうちょっと。

SHIM0080.jpg


なんとか最後が見えてきた。
ここらでスパートかけるのがホントのアスリートなんやろうなーと思いながらも、当然シッティングしばりw
頑張りません!(`・ω・´)


そしてそのまま無事登頂。

・・・やりました!
初挑戦で足付きなし達成でございます!
あまりに低レベルな目標なのですが、ここは素直に喜んでおきましょう。


IMG_0454.jpg

やっぱりちゃんと登ったあとの景色は格別です。

タイムもStravaで28:57と目標の30分切りも達成。めでたしめでたし。

とサクッとまとめてみたものの、正直キツかった(´;ω;`)
ガツンとした坂を一気にグイグイ登るのが好きな人向けなんやろうかな。
それとも坂好きな人達って10%以上の斜度がないと満足できんのやろか・・・
気持ちイイのは確かなのだがw



なにはともあれ十三峠も制覇やでー(^ω^)とルンルンしながら帰りはフラワーがまったくないフラワーロードでのどか村を目指します。
この時に下ハン持って登りをグイグイ走る女子ローディー4人組がおった。
みんなメッチャ笑顔やったんだが何の集団やったんやろか。明らかに只者じゃないオーラが出てたんやがここらはそんな化物どもが集まる場所なのか・・・


途中のバス停で休憩。

IMG_0459.jpg

ちらほらと紅葉も見れますな。
別に紅葉が好きというわけでもないが、なんか得した気分になります。


さらに進んで。

IMG_0465.jpg

大門ダムの手前からちょっと下ってのんびり出来るところがあったので休憩。
ここは人がおる気配ゼロの穴場スポットやった。
しかし休憩ばっかりやなw


さらに進んでのどか村。

IMG_0472.jpg

IMG_0467_20151130000114bfb.jpg


ジョージア ザ・プレミアムとタコ焼きででさらに休憩。
無事十三峠をしばいたご褒美なのだ。
やっぱり峠のアップダウンはカロリー消費が激しいな。

カロリー消費したらば補給は大事なんやで(`・ω・´)

補給は大事なんやで(`・ω・´)
(大事なことなので2回言いry)



というわけで今回の目的と目標は無事達成と相成りました。

十三峠。
まだまだ、僕みたいななめくじ野郎が挑む峠としてはレベルが高いし、ましてやTTなんぞおこがましいが、ちょこちょことまた登ってみたくなるような、そんな不思議な魅力をもった峠。

金剛山に飽きた頃にまた浮気しに来ますんやで。

















スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 00:25:53|
  2. 十三峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7