ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

目的地はにゃんぱす~ 聖地巡礼のんのんライド

ヤクルトリーグ優勝おめでとうございます。
カープファンの自分としてはマエケン&黒田が揃った今年こそはという想いがあったのだが、チーム力もそうだが監督の采配の差が大きかったのかなぁ。地味な野手はいい監督になる傾向が強い気がするね。
抑えがしっかりと確立できてないのにメンタル弱い大瀬良を重要なシーンで重用しすぎたのがイカンかった。
あの3本柱あってBクラスはないわぁ・・・



続きです

10月14日

なんとなく登った滝畑ダムで目的地を見つけたさいちゃんは蔵王峠も越え和歌山入り。
目的地は紀の川を超えたその先にあったのだ・・・


その目的地とは「丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)」

正確にはその周辺の聖地巡礼。
そうのんのんびよりの舞台の一部があるらしいのだ。

のんのんびよりとは

『のんのんびより』(Non Non Biyori)は、あっとによる日本の漫画作品。KADOKAWA メディアファクトリー発行の『月刊コミックアライブ』にて連載中。とある田舎の学校「旭丘(あさひがおか)分校」に通う生徒たちの日常を描いたコメディ漫画。(wikipediaより)

ひらたく言えば田舎に住む子どもたちのゆるーい日常系アニメ。
いわゆる「ゆるふわ」ものである。


ゆるふわといえば、自分的には「らき☆すた」に始まり、「ひだまりスケッチ」「けいおん!」「みなみけ」「WORKING!」「河合荘」など大好物だらけなのだ。のんのんびより1期も2期も安定の面白さだったので、せっかくのご近所。ぜひ行ってみようというわけである。

目的地があれば走るのにもハリが出るので一石二鳥。



そんなわけでまずは紀の川を渡り、スマホによるとちょっと走れば目的地の丹生都比売神社のハズだったのだが。

SHIM0174.jpg

峠だったwww


序盤からいきなりの斜度10%越え。
紀の川ちょろっと超えてちょろっと走ったら目的地のはずだったのにににに!

川を越える=標高の一番低いところからスタート=峠越え

この図式が意味するものはなにか・・・・

しかもまわりは見事なみかんと柿の果樹園地帯である。
葡萄坂でもお分かりのとおり「果樹園」=「激坂」これは日本全国揺るぎない激坂の法則であろう。


IMG_0234-1.jpg

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれはさっきまで紀の川をわたっていたと思っていたらいつのまにかこんなところに登っていた」

な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をしているのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…サイクリングハイとかブログネタとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

さっきまで登ってきた蔵王峠を越える標高を一気にかけ上がるという荒行。
なんか聖地巡礼とかどうでもよくなってきたw


IMG_0248-1.jpg

てっぺんらしきところで撮影。
笠松峠・・・聞いたことねぇwww

あ、でも一応stravaでKOMポイントにはなってました。
果てしなく最下位でしたがw



あとは少し下れば神社らしい。
とんでもないユルポタになってもうたで。

IMG_0235-1.jpg

そんなわけで目的地到着。
いや、ここが目的地ではない。この周辺ののんのんポイントを探さねばならんのだ。

と、思ったら30秒で発見した。
神社を出たところにすぐありましたw






のんのんびより第2話
冒頭のシーンより

「私の名前は一条蛍。現在小学5年生。東京の学校に通っていましたが両親の都合でこの学校に転校してきました。」

このカットの風景。

FullSizeRender (2)

IMG_0243-1_20151017230619afe.jpg

完・全・一・致www


いやあ、なんかこう感慨深いものがありますな。
なるほどー、ここでレンちゃんもにゃんぱす言ってたのなーw



FullSizeRender_201510172313472c1.jpg

IMG_0244-1.jpg

ミッションコンプリート。
今回は非常にのんのんできたライド。


IMG_0247-1.jpg

舞台の一部として使われた「天野」
空気も美味しく、時間もゆるい、非常に癒しの空間でした・・・

のんのんびより、3期もよろしくお願いいたします!








スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/10/17(土) 23:25:22|
  2. 丹生都比売神社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2