ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

ミラーレスカメラ運搬方法のたった1つの冴えたやりかた


どもです。さいちゃんです。


この前の記事にも書きましたが。
先日ミラーレスカメラを手に入れたので普段でもパシャパシャと撮って遊んでおるのですが、せっかくなので自転車でも持っていきたい。
自転車で出会ったステキな景色をカメラにおさめたいという欲求は誰しも持ったことがあると思います。

自転車×カメラ、すごく食い合わせは良さそうに見えるのですが誰しも直面する問題があるのです。

それは、「カメラの運搬方法」

スマホや防水のコンデジならばジャージのポッケに入れておけば問題ないのですが、写真をキレイに撮りたいというわがままローディは高級コンデジや一眼デジカメをなんとか持っていこうとするんですな。

ボクもそんな自転車カメラクラスタの1人なのです。


DSCF7610.jpg

PowerShotG7X
マークⅡが出たがまだまだ現役で使えます。
世間ではRX100が人気ですが起動の速さとズーム倍率ではこちらが上。
USB給電できんのがタマにキズですな。

fc2blog_20160730221118f5b.jpg

EOSM10 22mmF2
こちらが本命のカメラ。さすがにミラーレス一眼だけあって描写やボケ味は格段にあがります。
軽いのもロード乗る上ではポイント高し。



PowerShotG7Xは背中ポッケにいれてなんとか運用してきたんですが、毎回汗でビショビショに。
このままではいつかボクの背中で水没しかねん。

そしてEOSM10は付属のストラップを短くして背負うという、すごく適当な運搬方法。
短い距離ならええんですがさすがにロングライドだと背中が痛くなる・・・


というわけで考えた結果。
あるアイテムを導入しました。


fc2blog_20161004235714d77.jpg

APIDURA FOODPOACH
フードポーチという名のとおりロングライドする際などに走りながら補給食にすぐアクセスできるようハンドル部分に取り付ける袋です。普通はトップチューブバッグなんかを使うんでしょうけども、袋状になってる分よりカンタンになっております。

そしてこの構造がカメラを入れるのにすごく便利じゃなかろうか、と。

トップチューブだと振動がモロにカメラに当たるので心配。
その点こちらのフードポーチだと宙ぶらりんの状態なので振動の心配はナシなのです。

正直だいぶ前から目をつけていた商品なんですが、そのお値段が5400円とわりに高額なんですな。
「そのうちどこかから似たような安い商品出ないかなぁ・・・」と待ち続けてたんですが、出ない。

そんなわけでお買い上げです。
まあ、5000円を高いとか言いながら10万円のホイールを買ったりするんですから値段の価値は人それぞれですよね。


fc2blog_20161004235711217.jpg

メインの22mm単焦点レンズならギリギリ入りました(^ω^)
正直試すまで入るかどうか分からんかったので・・・

EOSM10の単焦点セットが入ったということは、GF7の標準ズームやE-M10も入るかなぁ。
なにはともあれ、これでEOSM10とG7Xの居場所が確保できたのです。
カメラ持って行かんときはスマホとかも入れれるのでええんちゃいますかね。
いや、それこそ補給食入れればええか。

fc2blog_201610042357086be.jpg

タマちゃんに取り付けた状態。
ロードは走るためのもの。余計な装備はつけないぜ。とかいう人には受け入れられんと思います。

でも、これ1回試したらわかると思うんですが、めっちゃ便利(^ω^)

まあ普通の一眼は入らんので、ガチ一眼持って行く人には関係ない話ですが、ミラーレスの単焦点とか電動のパンケーキを持っていきたい人にはオススメです。


fc2blog_20161004235704e66.jpg

fc2blog_201610042356569af.jpg

fc2blog_20161004235700d4d.jpg


これでロングでも一眼持っていけますね(^ω^)

秋もいろいろ走りに行きたいです。




スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/04(火) 23:58:48|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

EOSMのインプレとフォトポタの実用性とか


ども。さいちゃんです。


雨&台風でローディさんたちにとってはなんともムラムラする季節です。
ムッシュムラムラなので、今日は不定期にやってくるカメラのお話なのです。




えー、先日ミラーレスの一眼デジカメを手に入れました。


fc2blog_20160730221118f5b.jpg

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 ダブルレンズキット
EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM EF-M22mm F2 STM

3倍の標準ズームレンズと22mmの単焦点レンズがセットになったキットです。

望遠は猫とか撮るなら便利ですが、風景がメインなので単焦点のセットをチョイス。
自転車で持って行くときもコンパクトの方がなにかとイイですしね。



正直、今までのキャノンのミラーレスはAFのスピードが使い物にならんくらいアレだったので興味はなかったのだがこのEOSM10とM3はなかなかに速い。
ソニーの上位機と比べればそれはまあ遅いのだが、風景撮るくらいならまったく問題ない。
そしてコンパクトでお安いのである。


まあいままで散々「iPhoneで全然OKやなッ!」とか「ちょっと気合入れるときはPowershotG7x持っていくで」とか言ってたのに、自転車ではいろいろと非常に分岐路である一眼レフへと手を出した。
ミラーレスだから、ギリギリOKやろ♪~(´ε` )






さて、せっかく手に入れたミラーレスなので試しどりしてみたいところやがまずは室内で操作確認&テスト撮影でもしてみます。
AVやTVは当然ありますが、今流行りの星空を撮影するモードはないみたい。
それくらいつけといてもええのにねぇ。

まあ操作はタッチパネルもあるのでそこそこカンタンにできますね。

問題は撮影の感覚です。
ピントの合うポイントのクセはカメラでけっこう変わりますので、シャッターを切って身体で覚えんといかんです。


夜中ですけどもちょっと試しどり。

IMG_1041.jpg

撮影大会開催!
適当に簡易ブースを作り、今日のメインモデル忍野忍たんに来ていただきました。


あ・・・あくまでカメラの試しどりだから・・・


IMG_10371.jpg

「ぱないのぅ!」

やっぱり単焦点のほうがキレイな。
絞り開放にしたときのピントのシビアさがハンパないし、意外と手ブレするけども。



IMG_10372.jpg

トリミングのアップもまあまあ耐えれる。
ということは望遠の必要なシーンもとりあえず撮っとけばあとでなんとかなるかな・・・


IMG_1038_201609192358339f6.jpg

この被写界深度の浅さがカメラマン心をくすぐるのです。
2~3センチの勝負。


IMG_1040.jpg

バリアングル液晶モニターなのでローアングルも余裕なのです。
カメラ小僧ではありません(`・ω・´)


ふう、やっぱり幼女は単焦点レンズは最高だぜ。
ボカシたい時でも開放で撮るより1~2段絞った方が実践的かな・・・そしてズームレンズはもしかしたら出番ないかもしれんなぁ。




しかし試し撮りとはいえこのままではボクに幼女趣味のレッテルがついてしまうので、他のモデルさんも呼んできます。


IMG_1044.jpg

ガンキャノンさん。
ウェストはキュッと締まってなかなかのワガママボディですな。

ちなみにボクは自転車クラスタでありカメラクラスタでありプラモクラスタでもありますw

IMG_1045.jpg

やっぱりもうちょっと絞って撮ったほうがええな・・・
レンズが明るいからといってやりすぎるとあきませんね。

IMG_1046.jpg
ちょっとちょっと!プライベートはカメラやめてください!














と、じつはここまで書いて公開するのを忘れておりましたw

ほら。しまなみとか行ってたから。





もともと自転車用に買ったものではないですが、ライドに持っていければフォトポタも捗るというもの。
ちょっと試しに背負って走ってみましょう。

さて、ミラーレスをロードバイクで運ぶ方法。
いろいろあるようですが・・・

リュックを背負うとかフロントバッグに入れるとかはメンドクサイのでNGです。
じゃあウェストポーチとかに入れる?いや、それも腰の負担の関係上NG。
サイクルジャージの背中ポッケにならレンズとボディを分離すれば入りますが・・・それだと結局撮影するときのワンアクションが増えるのでNG。


というわけで結局シンプルに「付属のストラップをできるだけ短くして背中に回す」作戦で。
これが意外にズレない。カメラが軽いからかもしれませんが、平坦でも上りでも激しく動かなければカメラが前にズレてくることもありません。そしてすぐに撮影可能。

IMG_0025.jpg

IMG_0029.jpg

IMG_0034.jpg

IMG_0039.jpg

IMG_0040.jpg

いつものコースで撮ってみました。
まあこれくらいの距離ならいいんでしょうけども、さすがに背中が気になるので50kmを超えるようなライドとかはまた違う運搬方法を考えないといけないかな・・・それとも強靭な背中になれば大丈夫かしら。










  1. 2016/09/19(月) 23:54:18|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォトポタでiPhoneのパノラマ撮影はアリでした

ども、さいちゃんです。


タイトル



自転車クラスタぶってる僕ですが、実はカメラ歴の方が断然長かったり。
フィルムカメラでいろんな所でキレイな風景を写真におさめる。
ファインダー越しに狙いを定めてシャッターでターゲットを補足する。
現像するまでのドキドキ感、仕上がったときのガッカリ感。
そしてまれに偶然「当たった」時の感動・・・

カメラやったことある人ならわかってもらえると思います(^ω^)





そして時は流れて時代はデジタルへ・・・

カメラもこの流れに逆らうことはできずにフィルムからデジタルへの激流に流され・・・・

コンパクトデジカメ便利やで~(^ω^)

一眼デジカメも安くなってきたで~(^ω^)

スマホのカメラ機能もあなどれんで~(^ω^)

ミラーレスカメラがええとこ取りで最高やで~(^ω^)

でもやっぱり一デジのレンズ性能には勝たれへんで~(^ω^)

自転車では重すぎるんじゃ!ゴラァ!ヽ(`Д´)ノ



というわけでコンパクトデジタルカメラでもそこそこええレベルのPowershotG7xを手に入れてフォトぽたを楽しんでおったのですが、最近めっきり出番が少なくなってきました。
というのも僕の相棒iPhone6のカメラ機能がえらく秀逸だから。

先日、思い立って千葉山まで行ってきた時もiPhoneで問題なく撮影できましたし。
護摩壇山に行った時もほとんどiPhoneで撮ってたしな・・・


そしてそのiPhoneでも最近「パノラマ機能」がえらい使えることに気づいたので、ちょっと考察なんぞしてみようかな、と。


fc2blog_201606051047568b0.jpg


まずはコチラ。
前回、千葉山に行った時のパノラマ写真である。
PCで見てる方前提で話をすると、この画像をクリックすると多分大きな画像が現れると思うんですが、普通に撮るよりもかなり鮮明に写っているのがわかると思います。

というのもiPhoneのパノラマ機能はタテ撮りで回転させて何枚かの画像を結合させて1枚の写真にするというもの。
つまりiPhone6でいうと800万画素の写真を3~5枚くらい並べてるようなもんです。

これがiPhoneのパノラマ写真がキレイなカラクリ。
まあ、その分1枚あたりの容量はかなり大きくなりますが、そんなものはPCなりDVDに適当に保存しておけば問題ございません。


そしてこのパノラマ機能を使えば「もっと広角にキレイな景色を収めたい!」「ヨコ位置だとタテが全然入らないヨッ!」という不満も解消してくれるのです。
最終的に写真にプリントして楽しむならタテヨコ比は撮影時に重要になってくるのですが、モニターで見る、ましてやブログでちょいちょい載せるくらいの写真ならばまったく問題ございません。


そんなiPhoneのパノラマ機能、実験というか実証のためにフォトぽたへ出発です(^ω^)


近所の願昭寺にて。

fc2blog_201606101611384a1.jpg

fc2blog_201606101611422ac.jpg

ヨコ位置撮影だと全体が入りませんが、パノラマ撮影だとこのとおり。
歪んだ感ハンパないですが、そこは要練習ということで。多分身体を軸にしてできるだけ中心軸を狭く回転した方がいいのかな。




fc2blog_201606101611447b0.jpg

fc2blog_20160610163609c82.jpg
なんでもない石川SLがちょっとした北海道のような道に!



fc2blog_20160610162355f68.jpg

fc2blog_20160610163613511.jpg

使い方を間違えるとのっぺりした感じになりますな・・・




さて、石川SLを走るだけではアレなので・・・


fc2blog_20160610164935c3e.jpg

fc2blog_201606101649372e6.jpg

みんな大好きぶどう坂\(^ω^)/

せっかくなのでちょっと登っておきます。
緩坂はけっこう耐性がついてきたと思うのですが、ぶどうやら十三やらの生駒山系は正直苦手意識がスゴイ。
10%を越える激坂はあんまり近づきたくなかったんですけでも。



fc2blog_2016061022162335a.jpg

fc2blog_20160610221621a67.jpg

道中のゴルフ場前ヘアピンもこのとおり。
どうしても登ってきた坂か登っていく坂しか撮れないのが通常のカメラの画角ですが、パノラマを使えば両方まとめて撮れてなおかつ激坂感も演出できてよろしいですね(^ω^)
ハアハア登って後から写真見てみたら「違う・・・ホンマはもっと激な坂やったんやで・・・」と落胆するというローディあるあるもこれで解決ですなッ!


fc2blog_20160610165711345.jpg

fc2blog_201606101657052a5.jpg

ぶどう看板も問題なし。
余裕で入りますな。

fc2blog_20160610171248c21.jpg

fc2blog_201606101657372ac.jpg

見下ろすアングルはパノラマ撮影の独壇場。
もっと標高が高かったらもっとええ景色やと思いますが・・・


fc2blog_20160610165806527.jpg

fc2blog_201606101658099bc.jpg

帰りに玉手橋もパシャリ。
全部入るで~(^ω^)
よくばりすぎてかなり歪んでるけどもw



というわけでパノラマ撮影はやっぱり使える・・・ただ絶景以外だといらないものもけっこう写り込むので使いどころは考えて。
まあデジタルだったら後でトリミングすればいいんだけども。
そんな感じかな。


fc2blog_20160610171828e85.jpg


ロング、ヒルクライム、フォトポタ、その時に食指が動くものをチョイスしていこう。






テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/06/10(金) 16:39:21|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「フォトポタ」 少しこだわるならこれくらいのカメラがちょうどいい

「リサイクルショップ」の看板につい過敏に反応するみなさんいかがお過ごしでしょうか。
こんばんは、さいちゃんです。

さてさて、前回購入したPowershotG7xの性能をはかるために今回はフォトポタとしけこんだんやで。

今回はガチじゃないのでレーパンははかず。
とりあえず涼しくなってきたので汗で水没の心配もなかろうと背中のポケットに裸のままカメラねじ込んで出発なのです。

「ブルン、ブルン、ブルン・・・」

やはり重いのか右のポッケに入れるとペダリングの度に揺れる感じ。
ササッと取り出すのには右ポケがベスポジなんですがしょうがない、真ん中ポッケに入れましょう。

とりあえずは石川SL(サイクルライン)へと。
先月までの猛暑が嘘のよう、快適やで~(^ω^)

快適やで~とか言って走ってると当初の目的を忘れてしまいます。
とりあえず休憩でちょっと何枚か撮ってみる。

IMG_0005-1.jpg

IMG_0006.jpg

前ボケ、後ろボケ、オッケー。
普通にオートで撮ってもピントもキッチリ決まりますな!
地味に露出補正がダイヤル一発で変えれるのは便利。
さすが1インチCCDかつ開放1.8のレンズだけはある。
露出も破綻ないようでこれはかなり優等生のカメラじゃなかろうか。


IMG_0007-1.jpg

LOVE♥hibeもくっきりやで~
これが分かる方はかなりの石川SLフリークでしょう。
しかし、hibeって何なんでしょな。
Xジャパンのアレはhideやし・・・ラルクはhydeやし・・・ヒベ、謎ですな。

そのまま北上。
気づいたら大和川まで来てました。
20km/hで走ってるとなんだかいろんな事を考えて走ってしまいます。

(又吉大先生の火花が映画化されたらご本人が主役するんやろか・・・)
(鳥のむね肉でアスリート的なおいしい料理ないやろか・・・)
(エルドレッドは来季も残留してくれるんやろか・・・)
(あ、タイヤに空気入れるの忘れてた、まぁええか・・・)
(パンクしてる女子ローディーを助けてなんか出会いとかないやろか・・・)
(亜人ちゃんは語りたいがアニメ化されたらA-1Pあたりやろか・・・)

何も考えられんヒルクライムも楽しいですが、そんなどうでもいいことを考えながらタラタラ走るのも多分ストレス解消になってるんでしょうな。

IMG_0009-1.jpg

信貴山もハッキリクッキリ。
テッペンのオッパイアイス(仮称)までちゃんと見えます。
はぁー、あんな坂道を喜んで登る人たちもいてはるんやねぇ・・・

あれ?今、一級フラグ建築士がなにかを立てたようです。


IMG_0010-1.jpg

葡萄坂も突破してのどか村w
これはちょっとコントラストを上げすぎたか。
わざとらしい色になってますな。

葡萄坂は痛ジャージ着たエライ速い人がいてました。
やはり痛ジャージ=速いの図式は間違っていない模様。
やはり嫁の前では無様な姿を見せられんということなのか・・・

展望台まで登って撮影するものどか村誰もいねえwww
安定のイカ焼き&コーラで補給したのち、ついでにフラワーロードもポタポタ。

IMG_0013-1.jpg

これがうわさの十三峠・・・登ってないけどもw
夜景はキレイでしょうな。
しかしここから下って思ったのは、こんなところ登るもんじゃないw
下りでもメッチャきついやん。
うーん、そのうち登ってみようと思ってたけども、これは延期やねw


IMG_0020-1.jpg

帰りにもサイクル橋をパシャリ。
設定をちょっと変えればノスタルジックな写真にもなりますな。
川辺+子供+ママチャリで昭和な感じ。



とりあえずプラプラ走ってG7xの実力は検証できた。
正直コンデジでここまで撮れればいうことはない。
多少重いが、手ブレのしにくさ、ピント精度、解像感、ボケの抜け味、すべて及第点である。
あとは、せっかくなので夜間のノイズレスの写真も撮れるか見てみることにする。

そんなわけで夜にクロスバイクに乗り換えて地元の街を疾走するぜ、ヒャッハー。

夜間撮影といえばやはり長時間露出。
シャッターを10秒とか開けてそれっぽい写真を撮ってみたい。
とりあえず近くの歩道橋に上がってそれっぽいのを狙ってみた。

IMG_0038-1-1_20150905233544e1a.jpg

それっぽいw

へー、これだけ開けてもノイズ出んのやねぇ。
ちなみにこれで15秒くらい。
さすがに手持ちは無理である。

地元では定番の撮影スポット「酒蔵通り」へも足を伸ばしてみる。
ここは高野街道でもありますよい雰囲気のスポット。
地元の名産、天野酒もここの酒蔵で作られてます。

IMG_004801-1.jpg
秘技、サドル三脚

IMG_0047-1_20150905234529109.jpg

帰りに電車も撮ってみたけどさすがに無理だった。何かわからんわw

IMG_0055-1_20150905234659903.jpg

夜間撮影も必要十分。
でもせっかくだからマイチャリを入れて撮る写真の方がやっぱり思い入れが出ますね。
ガチの時はXP70でフォトポタの時はG7xでと使い分けできていいんちゃうかなと思います。
紅葉もこれで楽しめそうw

これがあれば一眼はいらんなぁ。







  1. 2015/09/05(土) 23:59:55|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カメラ!カメラ!カメラ!

こんばんは、さいちゃんです

涼しくなってきてみなさんバリバリ走っておりますでしょうか。
バリバリ走るのも当然楽しいですが、せっかくのお天気に走るだけではもったいない?
最近は写真で撮るのにいい景色ないかなーとか考えながら走ってます。

ブロガーなんておこがましい事は考えてませんが、自分のブログを見てると写真があまりにも適当すぎないか、と。
はあはあ逝って登った景色はそれは自分には絶景に思えますが、デジカメで撮ってデータ化したのを後から見てみると(´・ω・`)となるのはよくあること。
まあ自己マンなのでいいっちゃいいんですが・・・

いや。
よくない。


趣味でやることだからこそ全力投球。
ここらで僕の撮影機材を見直すべき時期がきたんじゃなかろうか、ということで今日はカメラのおはなしです。


さて、現在第一線で活躍中のカメラ。

IMG_0056.jpg

FUJIFILM FINPIX XP70

現行のXP80が出たので型落ちではあるが、10M防水に加え1.5m耐衝、防塵とアウトドアユースには嬉しい設計。
光学5倍ズームはまあ普通であるが広角が28mmあるので風景撮影には問題ないレベル。
WIFI内蔵でスマホにもさくっと転送可能である。
つまりバックポケットにそのままつっこんで汗だくになろうが、多少のスピードで吹っ飛んでいっても多分大丈夫というローディーにとっては決定的といえるカメラなのだ。安いしな!
しかし、である。
逆に決定的な欠点があるのである。
ズバリ、画質が悪い。
防水デジカメの宿命ともいえるものであろうが、レンズが沈動式ではないためレンズ構成に無理がきておる。
電源ONですぐさま撮影できるのはメリットなのだが、その全てと引き換えににピントが甘い。あまあまなのである。
まあそれでもスマホよりはキレイだし、記録的に写真を撮るのであれば問題ないので「とりあえず旅の記念に」という感じで使うのであれば良いと思う。
多分これからも自分はちょくちょく使うと思うし。




IMG_0057.jpg

SONY Cybershot DSC-HX30V

コンデジで20倍ズーム。
しかもソニー独自の技術で暗所撮影もこなす。
マクロから望遠までこれ一台でなんでも撮れるんやで。
が、正直自転車でそんなにズームはいらんw
フジにくらべるとデカくなるのでポタリング用でたまに持っていきますが夏場は汗の関係で出番なし。
主に普段使い用ですな。



IMG_0058.jpg

Apple iPhone6

みんだ大好きアイポン。
ぶっちゃけコレだけでもいいくらい。
ただ、写真を撮るのとスマホでボタンを押すのとはなんか違う。
いい景色を写真におさめたいという意味ではなおさらです。
画質も頑張ってるとは思うが、スマホは撮ったあとに遊ぶアイテムなんやと思う。
でもアイポンは好きです。



IMG_0059.jpg

SHIMANO CM-1000

個人的にはかなりスキ。
画質とかピントとかノイズとか手ブレとか細かいことはおいといて。
勝手にパチャパチャ撮ってくれるインターバル撮影機能が秀逸。
たまにシュールな写真とか芸術的な撮り方になってるところも面白いです。
まあコレをカメラといっていいのかはわかりませんが。


と、こんな感じのカメラでサイクリングを楽しんでおります。
とりあえずロード乗るのに丈夫なカメラ欲しいって人はフジのXP80を買っといたら幸せになれると思います。


それで本題。

XP70でそこそこ満足はしておったんですが、もうちょっといい写真が撮りたい。
せっかくいい景色を見つけてもピント甘々な写真では残念なのだ。
コンパクトでキレイに写るデジカメを探し出すんやで!

画質優先なら一眼とかミラーレスなのであろうがデカイのでパス。
防水機能は諦めるとして・・・

候補に挙がったのが、SONYのRX100M3とキャノンのPowerShot G7xの2台。
やはり画像アップのキモはCCDの大きさやで!ということで1インチCCDで選択。

メーカーは公表しておらんがこの2台のCCDはまったく同じものを使っておるハズ。だとしたらあとはレンズ性能か・・・?
レンズの明るさは同じだがソニーは24-70、キャノンは24-100と少しキャノンの方がズームは有利。
しかしソニーにはファインダーが内蔵しておる。しかもUSB給電も可能。
ムムム・・・
いやファインダーはいらんやろ。それに値段が1.5マソほどソニーが高い。
ムムム・・・



DSCF7610.jpg

というわけでキャノンのG7xお買い上げ。
自転車のる時にどこに収納するかという問題が出てくるが、とにかく手に入れることができた。
次はちょっとテスト撮影なんぞしてみようかと思うんよ。

あとタイトルのフリッパーズ・ギターが分かる人は同世代かもしれませんなw


  1. 2015/09/05(土) 00:37:53|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0