ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

滝畑ダムはゆるポタにあらず! エクストラハードモードを堪能する


3月21日(晴れ)


お天気ではあるが、サラリーマンローディーとして決算期に無理なライドはできません。
サラリーマンローディーの鏡であるなッ!(´;ω;`)

なので近場で気分転換もできるお気に入りスポットへとペダルを回しましたんやで。


IMG_0718.jpg


滝畑ダム。

梅も咲いて天気もよろしい。
うむ、なかなかのライド日和ですな(^ω^)


ダム湖周回して適当に帰ろうライドなのである。
ダム見ながらのんびりしてたらローディーの方たちが挨拶して去っていく。

男1に女2というなんとも裏山グループライドですな!(#^ω^)ピキピキ

いや、僕はジェントルメンなのでそんな黒い感情は全然感じんかったけども。
ダム湖周回して休憩所でカツ丼ウマウマした後はどうしようかなぁと考える。
よし、前回登った岩湧山をもう一回ちゃんと登ってみよう!


しかし問題が1つ。
前回走ったルート、実はいわくつきのルートなのだ・・・




   






 【警告】 


これより先は楽しく滝畑ダムを走りたい人はあんまり見ない方がよろしいと思われます。
左上の戻るボタン押してとっとと帰ってください。










 









えーと。




ほら滝畑ダムっていわゆる全国的にも有名なアレですよね。















ほら。




お化けとか。




ぶっちゃけ心霊スポットなんですよ。

僕も河内長野に住んでもう30年以上ですのでその手の話はよく聞きました。
昔けっこう流行りましたしな。

ダム湖周辺で目撃されるという首なしライダーとか。
セルティならゼヒ会ってみたいところなんやけども。




あと夕月橋の肘バアとか。

IMG_0712.jpg

この夕月橋を渡ってると恐ろしい速さで肘をついたまま追いかけてくる婆さんがいるという話です。
まあ昼間とか走ってても全然怖くないしそんな雰囲気のある場所でもないので気にならんのですが。



そして全国的にも有名なのが第三トンネル。
少女の霊がいるらしく車で走ると窓ガラスに手形がついたり・・・
最悪「憑く」らしいのでそうなるとちょっと面倒ですな。

お地蔵さまゾーンは自転車では通れないので置いときます。




で、その例の第三トンネル。
よく世間では塩降トンネルの方が紹介されておるが、地元民は知っておる。

それ、間違いです。

ホントの第三トンネルは梨の木トンネルの方なんですな。
滝畑ダムに登ってきたら左手に管理事務所がありその先から車が入れない遊歩道があります。

木漏れ日の中ゆるゆる走るのはスゴク気持ちがよろしい。
僕のお気に入りスポットなんですが・・・

その先のゲートを過ぎてすぐ左手にある林道。


IMG_0711.jpg

まあ普通の人は通らないですよね。
この林道本谷横谷線をしばらく進んでいくと・・・


blur_edges.jpg


これが噂の第三トンネル。
実は前回のライドでここがお化けトンネルだと知りながらも通ったんですが・・・


さいちゃん
「寒ッ!めっちゃ寒ッ!」



気温はそんなに低くなかったんですが、トンネルを出ようとした時にいきなりの悪寒。
霊感はないとタカをくくってた罰でしょうか。

そのまま猛ダッシュで・・・と行きたかったのに冷酷にもこのあと登りが待っておったw
坂を登りながら汗もボタボタで・・・でも鳥肌&悪寒は消えず。

「これはホンマにやばいかもなぁ・・・」と思うも、岩湧山の四季彩館というところに逃げ込んだらふっと楽になった。
もしかして誰かにうつしてしもたんやろか。





と、そんなことがあったのであのトンネルは回避したいのである。

Googleさんで調べたら、なんやありますやん。
日野ルートでこれから登りますで~って分岐のところにこっそりと脇道が存在しておる。
ここを登れば見事にトンネル回避で岩湧山まで行けるみたい。


というわけでさっそくクライミングやで!
滝畑回っただけではやっぱり満足できんしな(^ω^)

ちなみにこの林道、隠れた激坂なのである。
ガーミンの表示では余裕で15%を越える坂が2キロ以上続く。

20%の坂で悶絶し、10%の坂で幸福を覚え、奇跡的な少しの平坦で気絶する。
そんなルートです。
ホンマなんでこの道選んだんでしょうねぇ・・・


でもなんとかかんとか足付きはせんでッ!と自分に打ち勝ち。


IMG_0722.jpg

ゴール。
多分ここがてっぺん。
岩湧の森の看板。


この日はけっこうハイキングしてる人がおったので寂しくもなかったです(^ω^)
そのまま岩湧寺もパスして下ります。


このまま帰宅でもよろしいんですが、ついでに林道もう一本いっときましょう!

IMG_0730.jpg


この分岐を右に曲がればまた林道流谷線。
ここもなかなかの斜度ですな。
ヒイヒイいいながらも走ってたら神社発見。

八幡神社というらしい。俺ガイル神社やな。
寂れた神社でしたが、雰囲気はあったのでパシャパシャと撮影休憩とします。

IMG_0744.jpg


IMG_0738_201603212328292f1.jpg

IMG_0742.jpg

いやはや、滝畑ダムでフラフラするつもりがけっこうガッツリなトレーニングライドになりました。
霊感がなくて坂好きならこの林道ルート、アリかもしれません。









ちなみにここまで引っ張って言うのもアレなんですけども。

滝畑ダムで一番怖いのは実はトンネルとかではなくて、意外なところなんです。
ダム湖周辺でトイレ休憩ができる場所があるんですけども。
けっこう人も多くて安心できそうなところなんですけども。


IMG_0715.jpg

この写真の場所。
この休憩場所が一番「怖い」ところなのでご注意ください。











スポンサーサイト
  1. 2016/03/21(月) 23:44:00|
  2. 滝畑/蔵王峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

四郷の串柿求め 蔵王峠越え



連休である。
久しぶりの連休である。
今日と明日は完全オフなんやでッ!(^ω^)

連休ならば家族サービスや旅行などで満喫するのが世のサラリーマンローディーなのであろうが、幸いにも僕はそのような環境でもない。すべては自分への自由時間へと当てれるのである。
いいのか悪いのか。


というわけで、明日の疲れとか考えずに今日は走りまくったろやないかいという休日1日目。



和泉葛城山に「四郷(しごう)」という串柿で有名な場所がある。
そしてまさに今がその串柿シーズンらしいのだ。
・・・というのをこの前テレビでやってたのだ。


ちょっといいコンデジPowershotG7xを手に入れてからフォトポタが面白くなった。
串柿も見たり撮ったりして遊びたい。
そして葛城山といえば、南大阪でも人気のヒルクラスポット。
そして平日に連休という好条件。


行かない理由が見当たらんwww




11月16日(晴れ)

そんなわけで今日は朝からレッツ葛城、レッツ串柿ライドなんやで。
実は一度行ってみようと前々から考えていたところなので、ルート的なものはだいたい出来ておる。


滝畑ダム~蔵王峠~なんとなく四郷の方へ~和歌山入り~なんとなく大阪の方へ峠越え~帰宅


ほぼ前半しか確定しておらんwww
またもや行き当たりばったりライドになりそうな予感プンプンやが、まあ最初の方角が決まっておればあとはなんとかなるんやで。時間的制約もないし気楽なもんやな。



9:00
自宅を出発。
7分丈のレーパンにオーバーパンツ、長袖インナーに長袖ジャージ。
山登りなので下りは寒いだろうとウィンドブレーカーもポッケに忍ばせておる。
シューズはSPDペダルで歩きもバッチリ。
いかにもガチローディーのスタイルでもなく、しかし自転車乗ってますんで的な雰囲気も醸し出せるという完璧なるゆるポタスタイルである。中途半端というネガティブな意見は却下である。


まずは滝畑ダム。
安定の日野ルートでゆるゆるぼちぼちと登っていく。
やっぱり午前中のライドは気持ちええなぁ(^ω^)
鼻から入ってくる澄んだ空気も心地よい。
軽いヒルクラでも汗だくにならんでええしな。





道中ハイカーの方からも声援やアメちゃんなんぞももらいつつw
さっくりと滝畑ダム到着。

IMG_0369.jpg

やはり何度来ても気持ちがいい場所です。

ヒルクラ→景色見ながらの平坦

このコンビネーションが抜群なんやろな。
アメとムチ的な。

しかし今日の目的地はもっと先。
遊歩道ルートではなくダム湖西側をピューンと飛ばしてこの先の蔵王峠へと挑むのだ。


蔵王峠。
大阪から和歌山へ抜ける一応府道・県道にはなっており、車の交通も皆無。
のんびりと和歌山入りするには紀見峠か蔵王峠くらいしかないんやないかというくらいの峠なのだが、イマイチ人気はない。
というのも、





主要地方道であるものの、峠付近の大阪府側は乗用車1台分の幅員しかない、すれ違い不能区間が長く続く急峻・狭隘路である。マウンテンバイクなどの自転車で峠を越えるサイクリストもしばしば見かける。(wikipediaより)





なるほど。
しかし、サイクリストもしばしば見かける。と書かれておる。

マウンテンバイクって書いてるけどもwww



とにかく路面状況が悪いのでパンクが怖いんですな。
幸いにも僕はまだパンク経験ないですが、こんなところで自走不能になったら涙目どころではなく生命の危機にいきなり直面できるかもしれん。


IMG_0375.jpg

道中に激坂があるが、落ち葉&ウェットな路面でスリップ確実なので押し歩き推奨。
足付きなしとか変なプライドはここでは厳禁なんやで(`・ω・´)

いや、マジで・・・(実際コケかけたのは内緒)


そのまま登っていくと分岐が現れる。

IMG_0376.jpg

←(和歌山への快走ダウンヒル) →(堀越観音)

いつもは左へ曲がり蔵王峠登頂記念を撮影後、絶景写真を撮ってダウンヒル・・・というルートなのだが、今回は右の堀越観音まで行ってみようかなぁ。


まあ峠はクリアしているのでちょちょいとたどり着けるであろう。

SHIM0147.jpg

けっこうな坂だったw


峠の山頂は信用してはならんなw
実際に山頂よりちょっと下ったところの方が景色良かったりするし。

「騙された・・・騙された・・・」とブツブツ不満を漏らしながらもヒルクライムは続きます。





しばらく登ると堀越観音到着\(^o^)/

IMG_0381.jpg

意外とこじんまりとしてる。
まあとりあえず旅の安全を祈願なんぞしておく。
そういうお寺ではないかもしれんが。

IMG_0383.jpg

落車とか怪我しませんよーに。
それと膝が痛くなりませんよーに。



とりあえずはかつらぎ町入り達成である。
あとはそのあたりに串柿がある・・・ハズ。




目的地にたどり着く前に続きますw



テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/11/18(水) 01:00:58|
  2. 滝畑/蔵王峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「フォトポタ」 追い込まないヒルクライムで蔵王峠


秋アニの新クールが始まって忙しい忙しい。
まあ今回はそんなに待ち望んでた一作が出るわけでもないので多少見逃しても大丈夫・・・

いやいや。
どこに隠れた名作が潜んでおるか油断できんのが昨今のアニメ界なんやで。
3話まではいちおう見ておかんとなッ!

それとAmazonプライム会員なら無料で利用できるプライムビデオが超絶便利すぎて、これまた寝不足の一因となっておるのだ。孤独のグルメ面白すぎやないかッ!(^ω^)

とかなんとかいいながらもお休みの日は自転車にも乗るんやで~



10月14日(晴れ)

前回のライドからちょっと身体の節々が痛い。というか筋肉痛が治らん状態。
欲に腰周りに違和感が残っておる。腰痛持ちとしては無理は禁物なのだが・・・
歳をとると回復力が格段に落ちるなぁ・・・キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに甘噛みされたら一発で治るんやろけども。
終物語は要予約なのだ。

なので、今回はカメラ片手にのんびりとフォトポタライドとしけこむとしましょうぞ。



この前行った滝畑ダムが紅葉前だったのでちょっと様子を見に行きましょう。
というわけで日野ルートでしょっぱなからインナーロー全開でユルユリと登っていきます。


SHIM0022_20151014203105637.jpg

「ダム手前の坂も最初の頃は脚ついてたなぁ・・・」

今なら鼻歌交じりで登れるようになっておる。
スピードこそ変わらないがやはり日頃のトレーニングは裏切らない。この「歳をとっても走り続ければ少しずつでも成長できる」というのがロード、特にヒルクライムの魅力なんやろな。

特にToLoveることもなく滝畑ダム到着。


IMG_0176-1.jpg

いつもの場所で到着記録撮影。
いい天気だが今日はローディーさんは1人もおらん。

IMG_0177-1.jpg

IMG_0181-1.jpg

紅葉はまだ早かったな。
今日はフォトポタやからな、写真撮りながらゆっくり回るで~

IMG_0182-1.jpg

庵感ハンパないw
ここで一本満足バーをムシャムシャしながらパワースポットで癒される。
たしかこのダムの下に村が沈んでるんやな・・・パワースポットになりうるんやろか・・・

そんなことを思いながら遊歩道を走ってたらToLoveる発生。
やっぱりなんかあるもんやな・・・

少しの下りをシャーと走っておったら目の前にヤツが横たわっておった。
一見、木の枝が転がってるのかと見間違えるくらいに見事に道のど真ん中。
多分アオダイショウ。


「ワワ・・・アアアア・・・アカンッ!」

と声に出すことしかできずにその上を通過。
ハンドル切ることもできません。

ドンッ!ドンッ!と意外に硬い感触。
やっちまった・・・振り返れば完全な轢死体が拝めるんだろうなぁ。

いちおう確認のためちょっと引き返します。


「あ、おった。可哀想なことをしてしまった・・・」

と思ってたら何事もなかったようにウネウネと道を横断し始めた。
う~ん、意外と強いのな。これからはヤバそうだったら問答無用で踏むことにしよう。


IMG_0183-1.jpg
                           \踏むなや!/


とりあえずそのまま登って滝畑湖畔観光まで。

IMG_0195-1.jpg

さすがにシーズンが過ぎたのかバーベキューをしてる人もおりません。
シーズン中はこの建物も人でごった返すので入りづらいんですよね。
今日はどうかと覗いてみたらお客はゼロ。
そしてお昼前。
小腹も空いたしちょっとなにか食べてのんびりすることにします。

IMG_0190-1.jpg

ガラス張りなのでタマちゃんを見張りながらのんびりできるのも良い。
ヒルナンデスを観ながらスマホいじってるとかもう家なのかと。
ユルすぎですなw

IMG_0191-1.jpg
 
IMG_0192-1.jpg

本日のお昼ご飯はうどん定食。
まさかの炭水化物同士の夢のセッションなんやで。
お味は多分普通。これも補給と思えばなんでも美味しく脳内で変換してくれるのです。

まあセットで500円なのでいいんじゃないかしら。
滝畑ダムに登って休憩したいなら今ならここはベストセレクトではないかな。
やっぱり水は美味いしw



さてここでのんびり休憩している間にちょっと面白そうな記事をスマホで発見した。
滝畑ダム登って帰るだけではちょっともの足りんし、ちょうどいい感じである。


というわけで目的地に向かうためにまずはこの先の蔵王峠とちょいちょいと攻略である。


蔵王峠はあまりに路面状況が悪いのでTT区間とかにはなっておらん。
なのでいくらでも脚つきまくれるのがイイところですな。

一応ちょこちょこと激坂もあるもののうどんパワーで攻略。


IMG_0197-1.jpg

途中の石畳区間はおとなしく押し歩き。
パンク怖いからな!
石畳をパヴェっていうとロード乗り的にはポイント高いんやろか。
一般の人には絶対通じんと思うが。


IMG_0200-1.jpg

こんな場所に道を作るとか。
人間も自然もスゲエわ。


IMG_0212-1.jpg

一度やりたかったスローシャッターで水を撮るやつ。
何でもない小川がちょっと幻想的。


IMG_0215-1.jpg

写真撮りながら登ってたらあっという間に到着。
あっという間とかいいながら1時間くらい経ってましたwww



IMG_0224-1.jpg

この横になんか鳥居があるんですよね。
こんな所に神社か・・・ちょっと興味湧いてきましたので行ってみます。


IMG_0219-1.jpg

5分くらいあるくと到着。
当然参拝客は誰もおりませんw
丹生神社というらしい。
朱の鳥居は日本人の琴線に触れるなにかがあるんだろうか。ちょっと気持ちよくなりますな。

目的地はここを下ってさらに紀の川を渡らねばなりません。
そんなわけでここからはダウンヒルやで~

IMG_0227-1.jpg

いつもの場所で撮影。

このあたりは串柿で有名らしいので、また晩秋くらいに来てみたいですな。




つづきます





  1. 2015/10/14(水) 21:38:20|
  2. 滝畑/蔵王峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅雨の合間に蔵王峠へ挑む

6月7日(晴れ)

梅雨入りしたというのに最近は休みの日が見事に晴れ予報に当たる。
日頃の善行の賜物であろうな!
しかし、暑い中走るのもけっこうしんどいので自然と脚は涼しげなところに向かうのだ。

そんなわけで今日は滝畑ダムで涼しんで帰ろうかな・・・と出発したのであるが・・・


「そうだ。いつものまったりルート(日野ルート)じゃなくて違うルートで行ってみよう」

自転車乗りなら一度は聞いたことがあるであろう関西サイクルスポーツセンター。
ここを過ぎると滝畑ダムへとつながるのである。
この関スポルートで滝畑サイクリングでもしてみよう。

しかし、なぜいつもこのルートは回避してきたか?
それはけっこうな坂が続くから。
坂?これだけ数多の坂を登ってきたらもう関スポ前の激坂であろうが僕の敵ではなかろう!
軽くひねってやることにしたのだ。


結果としては「関スポ坂」恐るるに足らずやったで!
地元民は「関西サイクルスポーツセンターという名前のくせに自転車で行くことができない」という変なイメージがあったのだが、タマちゃんという相棒を手にした僕にはそんなジンクスは関係なかった!
新しく手に入れたゾンダ効果もあったと思うがなッ!

DSCF7276.jpg

滝畑ダム到着。
やっぱりダム周りは気温も下がってちょうどいい感じ。
景色もよければ空気も美味い。
しかもこの周辺路はちょっとしたコースになってて走りやすいのです。
歩行者もいるのでスピード出しすぎは厳禁ですが10km/hくらいでのんびりサイクリング。

DSCF7278.jpg

「気持ちええなぁ」と休憩してると、ふとこの先にある蔵王峠も気になってきた。
だいぶ前にフラフラと迷いながら走ったことはあるのですが、足付きあり休憩ありだったのですな。
せっかくなので獲れる峠は獲っておくでッ(`・ω・´)


蔵王峠スペックは距離4.9km/獲得標高262m/平均斜度5%

数字だけみると大したことはなさそうなのだが・・・

Baidu IME_2015-6-8_21-57-2

Baidu IME_2015-6-8_21-57-59

2回ほどある激坂・途中の石畳区間・濡れた路面・尖った小石となかなかに気の抜けない峠であった。
愛車もけっこう汚れるしパンクの心配もあるのだが・・・
なんというか「飽きのこない上り」という印象か。
トレーニングで上るという人にはオススメできないが、アドベンチャーしたい人にはたまらん峠かもしれんね。
個人的には好きですがwww


DSCF7282.jpg

峠写真回収。パシャリ。

DSCF7288.jpg

和歌山側の下りは絶景ポイントもあるのでのんびり下りましょう。
つづら折り、( ゚‥゚)=3ハァハァ







テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/06/13(土) 17:08:44|
  2. 滝畑/蔵王峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6