ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

トレーニングコースでハンガーノックになりました

さいちゃんです。


お久しぶりぶりなのですが、その間絶賛インフルっておりました。
生まれてはじめてのインフルエンザ。
めっちゃしんどいですねw
うん、あれはかかるもんじゃない。


さて、そんなインフルにかかる直前の日記です。




2月18日(曇り)

一年でも一番寒さが厳しいこの時期、峠道は積雪&凍結でなかなか大阪を脱出しづらいです。
うまく脱出できたとしても帰りの道が凍ってたらそこで詰んだりしますので、ここは割り切って近場を走りつつトレーニング的要素を取り入れたライドとするのが吉でしょう。

というわけでグリーンロード練。
しかし今回はちょっと頑張ってグリーンロード練EXとします。

足慣らしで石川SLを北上したあとはいつものグリーンロード入口を目指し駒ヶ谷方面へ。
グリーンロードを走るだけでも、まあそこそこの標高は獲得できますがついでに最寄りの峠もとりつつ走ろうというのが今回の狙いです。

南阪奈の下をくぐりいつもなら直進する太子IC前信号を左折。
峠と呼ぶにはいささかアレですが、まあ最初の1発目なので前菜がわりにごちそうさまです。


fc2blog_20170226234152323.jpg

まずは穴虫峠。
屯鶴峯(どんづるぼう)ともいいますか。

大阪から奈良入りするには不人気コースなのに奈良から大阪に帰る時には人気コースになるという不思議。
まあこれもひとえに標高の低さに尽きるのでしょうが。

グリーンロード練EXなので当然奈良入りはせずにUターンして下ったあとはコース復帰です。
今度は太子IC前を左折したら正規ルート。
ちょろりと登ったあとは太子の道のえき・・・にもいかずに風鼻橋東詰交差点を左折。
みんな大好き竹ノ内街道ですね。

fc2blog_20170226234156296.jpg

僕ここ苦手です。
ひたすらの直線上りは僕の繊細なココロをポッキリと折るのには必要十分なのです。
ギブミーヘアピン。

そして今登ってきた坂を下ります・・・
ウーム。

あとは今までどおり持尾の展望台まで。

fc2blog_20170226234159d23.jpg

曇ってます(^ω^)
これはもうトレーニング日和と割り切るしかない。

fc2blog_20170226234202ef5.jpg

なんか案内板ができてました。
ふーん、持尾城とかあったんか・・・え、ネタ的に行っとかんと?
まあ、行きませんが(`・ω・´)


このあとはスアアっと下って突き当たりを左折。
一部のヘンタイさん達に人気のキルワニ坂を目指しますが、僕はココと非常に相性が悪く、この激坂を登ろうとした瞬間にかなりの高確率で軽トラが下りてくるんですな。

今日はどうかな・・・とちょっとそろそろと序盤の10m程登ったらやっぱり軽トラ下りてきたw
ホンマなんでやねん。
ここで止まったらクリートキャッチが絶望的なので1回戻ってまた登ります。なんだかねぇ。


かつらぎ霊園を下った先は309号と合流です。
しんどかったらこのあたりで終わりとしてもいいのですが一応トレーニングですのでここも登ります。
水越峠大阪側ですね。

fc2blog_2017022623420632a.jpg

ちなみに水越峠で1人ハアハア登ってたらなぜかハイカーらしき人に道を聞かれたんですが・・・
まわりにもっと山登りに来てる人いっぱいいるのにあえて自転車でハアハアしてる人つかまえて道聞くのもどうかしてると思いますw
まあ答えましたけども。

そしてまたUターン。
309号をひたすら下り森屋交差点まで。
この森屋交差点まで下れば金剛RWのタイムも測れるので1石2鳥ですな(^ω^)

ここまで休憩ナシで峠3つ登ってきましたが、金剛RWはさてどうでしょう。

結果、見事にハンガーノックになりましたwww

ちょうど中間地点の東坂あたりで完全に力が入らんようになってしもうた(´;ω;`)
とりあえず最後まで登ろうと気力だけでペダルを回すものの、途中で2回ほど足付き休憩をする始末。


水越峠入口のさわんど茶屋で補給しといたらよかった。
あ、ちなみにタイムは1時間以上かかってて自己ワーストを更新してましたw

とりあえず頂上の自販機で何か飲んで少しでも元気を・・・と思っておったらめずらしく売店が開いておる!

fc2blog_201702262342096b3.jpg
カ、カロリーください・・・

fc2blog_201702262342120b0.jpg

カロリーキタコレ!
1口食べれば、お酒ではありませんが五臓六腑に染み渡るとはこのことぞ・・・!
ご飯も出してくれたのでここでしばらく休憩。トレーニング?もういいや。

ここから金剛TNでフィニッシュの予定でしたが、積雪のため通行止めになってたのでしょうがないしょうがない。
トンネルも登れば2000UP達成だったのですが。


というわけで、最後のトンネルは残念でしたが全部走りきれば80kmの2000UPでトレーニングにはなかなかのコースかなぁと思います。ハンガーノックに気をつければw
まあ、基本的には使わないと思いますが備忘録的に。


ではでは。







スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/02/26(日) 23:57:09|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

メタボでも登りたい

ろんぐらいだぁす!に続き南鎌倉女子自転車部もアニメ化ですとッ!

「乗るしかない・・・このビッグウェーブにッ!」

柳の下というわけではないでしょうが、弱ペダ効果はまだまだ健在といったところでしょうか。

さて、ろんぐらいだぁす!はドラマCDと同じキャストだし、少し古目の絵柄ですが大コケはしないと思います。
一迅社ブランドもありますしな(メリーさんはなかったこととして)
が、南鎌倉は正直・・・ヤバイ匂いがプンプンするでェ・・・!
ま、まあ女性サイクリストが増えるのはまあ単純に喜ばしいことなのです。

無題

                            女が参加できない文化が流行るわけないだろっ

ミムサンもおっしゃっておりましたし。


さてさて、今日はペダリングというか乗り方についてちょっと検証したメモなんぞ。
先日、紀見峠をヘコヘコ登っておった時にちょっと新しい乗り方というか漕ぎ方を見つけたのでその確認に行ってきました。

ラーメン食べてお腹いっぱい。
スープまで完食したので1kgくらいは増量した状態でしょうか。
そんなコンディションで峠を登っておったのですがやはり重い=キツイ。
8%くらいの斜度でもなかなかスピードも出ません。

「やっぱりスープは残すべきやったか・・・」
タポン、タポン、タポン、タポン。
塩分補給という名目のもとがっつり飲み干したスープは胃の中でペダリングの度によいリズムを奏でる。

「消化されるまでゆるゆる行かなあかんなぁ」
とハンドルに肘を置いて「傍から見たらエアロポジション、その実はただ休んでるだけ」スタイルをとったところ・・・

「身体が軽くなった!?」

別に蟹の怪異に出会ったとかではないのですがなんか一瞬楽になったポジションがあった。
身体を前に倒したから?
肘を置いたから?
いろいろ試してみた結果、この増量したお腹をちょうどペダルを踏む足の真上に持ってくると楽チン。

これはつまりあれか。
お腹の重力をペダルの踏力に変換するといういわばメタボクライムなんやないかッ!?
なんか語感がメタルスライムみたいやが。


レ・シ・ピ

① 肩の力を抜く
② 少し前傾で胃袋を踏むペダルの真上に
③ 逆に腰は上に引っ張られるよう高く上げる意識で



これだけでメタボクライム完成である。
特に①が意外と重要。
肩も首も肘も力を抜いて、メタボになったお腹の重力を最大限ペダルへと伝えなければ意味がない。
体重を肩で受け止めてはならんのだ。
そしてグイっと踏まれたペダルは最後まで踏み切らず逆足のペダルへとさらにお腹の体重をかける。
これにより10%くらいの斜度まではケイデンスはかなり早くなった。

疲れたらダンシングも織り交ぜれば、いろんな乗り方で負荷も分散させれるのではなかろうか。
これはいいものを見つけた!



8月22日(晴れ)

というわけで本格的に試してみようとグリーンロードへと降り立った!
ラーメンは食べておらんが最近順調にメタボ化が進み現在67kg。
実験には問題なかろう。
根本的に問題があるかもしれんが(´;ω;`)

まず1本目。
なるほど。やはり肩の力を抜くってのは基本やったんやな。
普通の乗り方でもなんだかいい感じ。
よほどの激坂でもないかぎりハンドル引くこともないしな。
そしてメタボクライム。
うむ、やはりイイ。ケイデンスも上がるし。

2本目。
疲れも少ないみたい。
とにかく肩の力抜いて肘をちょい曲げやで・・・

3本目。
さすがに疲れてきた。
しかしノーマル、メタボ、ダンシングと3パターンの乗り方ができるのはメリットが大きいですな。
しんどいけれどもまだ奥の手があるでッ!という心の余裕。

こんなところで勘弁しといたるわッと帰宅後そそくさとガーミンをアップロードしてみる。
これでケイデンスとかタイムがさくっと分かるのでホンマに便利やね。



・・・(つд⊂)ゴシゴシ

・・・・・・(つд⊂)ゴシゴシ

GPSのログとれてない(´;ω;`)

これではコースタイムがわからんので検証のしようがない。

しかもこのあと大腿四頭筋が両足攣るという変なハプニングが。
自転車乗ってて脚つるの始めてだったんで、かなり焦りました。
この乗り方は大腿筋にかなり負荷をかけるのか・・・?
単純に塩分足りんかった?
いずれにしてもマズイかな・・・それが原因で膝痛にもなったしな・・・

というわけでメタボクライムはいざという時の切り札ということにしておこう。
いざという時がいつやねんって疑問はあるが。
必殺技っぽくてええんちゃうかしらね。


  1. 2015/08/25(火) 00:12:34|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LSDをガーミンとSTRAVAを駆使して分析する

ロードバイクに乗り始めてほぼ5ヶ月。
思えば山ばっかり上ってたかもしれない。というかシェイクダウンで金剛山上ってたわ僕。
そして初めて向かえる冬。ウィンター。寒いです。
もう山に上るのも無理っぽいので、ちょっと困り気味。どこを走ればええんや?

困ったら目の前のモニターで検索すればよいのです。

LSD。

クスリではなくて、ろんぐすろーでぃすたんすというトレーニング方法らしい。
世の自転車乗りは冬場にこのLSDでレベルアップを図るらしいのです。

ざっくり言うと、「最大心拍×70%くらいのペースで長い距離を走る」というトレーニング方法。
これにより心肺能力や持久力の向上が狙えるんだってよ。


よし。今日はこのLSDでキメル練習してみることにする。

続きを読む

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/12/07(日) 00:40:35|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2