ある初心者ロード乗りの日記

ロードバイクを買ったのでいろいろと自分への記録をつけていくブログ 南大阪メインでのろのろ走ってます 南大阪/初心者/ポタリング/ロングライド/ヒルクライム/写真/デジタル

自転車と徒歩で金剛山を満喫してみました


どもども、さいちゃんです。


久々にブログ書きますがしれっと過去のライドを。
しかもライドの記事じゃなかったりしますが気にしない気にしない。



9月1日

先日の乗鞍登山で登山熱が急激に上がってしまったボクは勢いでハイキングシューズなんぞ買ってしまう。



ムフフフ、これでいっぱしの登山家気分です。
さっそくどこかに登らねばなるまいと思うが、いつものぼってる山がすぐ近くにあるじゃないですか。

そう自転車で。


個人的ホームコースである金剛ロープウェイ。
そもそも金剛山は登山のメッカであるので自転車でハアハアする方がマイナーなのです。





というわけで今回は自転車でロープウェイ手前まで登ってそこからは徒歩で山頂まで歩くというハイブリッド金剛登山へと向かうのです。
しかしさすがに銀ちゃんを長時間置き去りにして登山もちょっとコワイので、ここは通勤号に登場してもらいます。
一応クロスバイクでは定番のジャイアントR3なので金剛RWくらいの登りなら大丈夫であろう。



というわけで駐輪場まで登るも、メッチャしんどいw

やっぱりクロスとロードは違います。
これが機材の差・・・か。





バスの転回所横の駐輪場向かいから始まる登山道。
今回はここから登ってみましょう。

さすがお手軽登山のメッカ。
平日にもかかわらずけっこうな方が登ったり下ったり。
これなら迷子とかにはならずに済みそう(^ω^)


しばらく川沿いに登って無駄に川に入って靴の浸水テストなんぞして遊びます。
なんだか耐水使用みたいだったので。

うん、きっちり浸水しましたが(´;ω;`)


やっぱりネットで買った安物ではアカンですな。
勉強になりました!くそう!




fc2blog_20171008204327b49.jpg

しばらく登って伏見峠とうちゃこ。
ここは左折。
しかしダイヤモンドトレールをダイトレと略して看板に書くのはどうなのか。
まあ山登りする人には普通なのかなぁ。



そこから少し歩くと展望台もあり。

fc2blog_2017100821035595b.jpg

なかなかの景色。
乗鞍とかと比べたらあきませんが、一応大阪で一番高い場所ですよ。

fc2blog_20171008210350c22.jpg

こんな感じにこっそりと看板があります。


しかしここはまだ登山途中。
金剛登山の終点はこの先にある展望広場なのです。

しばらくは登りも下りもない尾根沿いを歩く感じのユルい道が続きます。



持ってきてた片耳のイヤホンで音楽聴きながらのんびり歩くなど。
やっぱりここは「ヤマノススメ」の主題歌なんぞを聴くのが正道でしょう。

なついーろー、プーレゼントー♪
さすがに歌いませんが気分はノリノリです。


木漏れ日の中を歩いて。

fc2blog_201710082104002fc.jpg

途中の葛城神社。

fc2blog_2017100820433401d.jpg

このあたりの木の高さはハンパないパワースポットです。
清々しい気分になれること間違いなし。







そしてほどなく目的地とうちゃこ。



この日はお天気もよく展望台でお弁当食べてる人も多数。
いやいや、これは気持ちよろしいですな(^ω^)



とりあえずは1つ目のミッションは完遂。
そしてもう1つやりたいことがあったのです。

ずばりそれは「山ラー」


山ラーとは山のテッペンでラーメンを食べること。
インスタントラーメンを持ってきたジェットボイルなどでお湯を沸かしそして喰らうッ!

ただのインスタントラーメンを最高に美味しく食べる方法ではなかろうか。

ちなみにロードバイクなどでも遠くまで走り同様にラーメンを喰らう「ラーツー」なるものがあります。
バイク乗りにはお馴染みかもしれませんが。







というわけでわざわざここまでジェットボイルと水と棒ラーメンを持ってきておったのです。
展望台は人多すぎなので少し離れた広場でいざ山ラーといきましょう!

ちなみに火気厳禁の山もあるそうなのでそこは事前に確認しておいた方がええでしょう。




外で火を起こすときの最大の的は風。
できるだけ囲いを作り風が当たらぬようにしつつお湯を温めます。

このムダな行為がアウトドア感をさらに演出してくれるのです。





沸騰したら棒ラーメンを投入。2分ほど待ちましたら、完成ですッ!



ラーメンの写真はリフトアップも忘れずに。
ああ、ああ・・・。
自転車で登り。
徒歩でも登り。
そしてラーメン。

最高以外の何者でもないッ!!!

ただの棒ラーメン(128円)が最高に贅沢なランチへと昇華されました。
ついでにおにぎり雑炊で〆




金剛山はお手軽すぎかなぁと思いましたが、山ラーデビューにはちょうどよかったかもしれません(^ω^)


fc2blog_2017100820440467f.jpg

このあとは千早本道ルートで下山。
下山の方がなんだかしんどかった&膝にダメージで気をつけないといけません!
実際2~3日はふくらはぎの筋肉痛がとれませんでした。




というわけで今回はちょっと違った金剛登山。
日頃自転車でのぼってる金剛山。
こんな楽しみ方もありかなぁと思います。




あ、次は普通にライド記事の予定。



ではでは。







スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/08(日) 20:58:19|
  2. 金剛RW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中年太りに負けるわけにはイカン・・・ダイエットヒルクライム開催!



70.2


さて、何の数字であろうか。

ズバリ!今朝のボクの体重でございますッ!(´;ω;`)
油断したら体重が70kg台にのってしもうた。

ぽっこりお腹も気になる感じまで成長してきたので、これはこのままではイカンとダイエットライドへと飛び出したのだ。





11月20日(曇り)

よく体重を落とすため脂肪燃焼に効率がいいのが「しんどくない程度で長時間走る」というのがあると思うんですが・・・
はっきり言って痩せませんで!
そんなタラタラ走って痩せれたら苦労はせんのである。

ボクが個人的に一番効果があると思うのが「緩い坂を頑張って走る」

坂道は頑張ってペダルを回さんと1mmも進まないのでサボる要素がない。
しかし超頑張ってしまうと長時間のトレーニングにならんので、適度な強度で。

この「坂道をそこそこの頑張りで長時間のぼる」というのが体重を落とす一番の方法だと思います。



さて、見事にブタさん化したボクが向かった先は金剛ロープウェイ。
ご存知ボクのホームコースである。

全長10kmのロングヒルクライムコース、そして適度な斜度。
これぞまさしくダイエットヒルクライムにはおあつらえ向きの良コースなのだ。


思えばボクがロードバイクでそこそこの距離を走れることができるようになったのも、このロープウェイコースをシコシコ走ってきたからかもしれん。
ボクを育ててくれたコースなんですな。
それなのに久しぶりに来たらこんなブタになってしもうてて申し訳ない。

それでは。
目標は46分くらいかな・・・

と、思ってスタートするも明らかにペースが遅い&しんどいwww
やっぱり体重増は悪意外のなにものでもないんやな(´;ω;`)



fc2blog_2016112221355492a.jpg





ブヒブヒ言いながらなんとかゴールするもタイムは52分と箸にも棒にもかからんレベル。
これは本格的にヤバイなぁ・・・



この時期は紅葉がキレイなところもありパシャパシャと写真を撮りながら今走ってきた道をダウンヒル。

fc2blog_20161122213557d34.jpg

fc2blog_2016112221355979f.jpg

fc2blog_201611222136026ef.jpg


写真撮ってたらけっこう体力も回復してきたので、スタート地点の森屋交差点でしばし考える・・・

先日45分切って喜んでたのに、結果がこの52分という体たらくである。
ブクブクと醜く太ってしまった自分への戒めも含め・・・金剛RWおかわりしたろうやないかッ!

というわけでもう一度ハアハアと10kmほど。





タイムは51分でちょっと早くなった。
というか安定して50分台とか、もうね。
半分やけくそ気味でトンネルもいただいておく。

fc2blog_2016112221553947a.jpg





今日はロード乗りの方と10人はスライドしたなぁ・・・
みんなダイエットしにきてるんやろな。


fc2blog_20161122215543c28.jpg

まあ多分今年最後の紅葉も見れたしよかったかな・・・と帰宅した後、いそいそと体重計に乗ります。





というわけでなんとか60kg台に戻りました\(^ω^)/
タイムとかはとりあえず置いといて、メタボ対策として坂ももっと登らんとアカンですね。








テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/11/22(火) 21:50:49|
  2. 金剛RW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

弱ペダ?いいえ「かもめ☆チャンス」で金剛RW


だらだらとiPadでロードバイクの漫画を読んでたらモチベーションが上がった。
弱ペダ?ノン!「かもめ☆チャンス」である。マイナーかな・・・
しかもヒルクライムである。
だいたい8巻くらいを読んでると否応もなく気持ちも盛り上がるのである!


というわけであっという間に影響されて今日はヒルクライムやなッ!と久しぶりにホームコースである金剛RWへと挑むことにしたのだ。



3月16日(晴れ)

いざいざ。と思うもののしばらく山登っておりません。
結果、体重は1.5kg増と日頃の不摂生の結果が見事にコミットされておる(´;ω;`)

最後に登ったのは去年の暮れ。
3ヶ月くらいのブランクであるが、まあ走ってなかったわけでもないし悲惨な結果にはならんであろう。
前回は念願の50分切りを達成したので今回もそれくらいの目標で行きます。



のんびり走って森屋交差点。
心拍は上がってないのでそのままスタートである。

すると突然僕のガーミンさんから警告。

「今からセグメント区間やから頑張りや」みたいなメッセージが。
なんだかいつの間にか進化しておる。
貴様はキットかw


ガミオからの声援を受けたのならばそれに応えねばならんッ!
インナーローはなるべく封印。
少しトルク重視の走りで心拍を抑えて走る。


僕は根っからのぐうたらなので、あんまり頑張ることをしない。
なので最初に比べて多少筋力がついたとしてもインナーロー安定で楽して走ってたのだ。
その証拠に「足が売り切れる」という経験をしたことがない。頑張っておりませんな。

これがロングライドならば問題はないんでしょうけども、タイムも測って頑張るとなるとやはりある程度トルクを上げ筋力と心拍のバランスを取って走るのが本来のTTなんでしょうな。

頑張りたくないけども頑張る。
俺はかもめZO☆


旧道合流までは13:18(PB+02)
少し突っ込み過ぎかもしれんがまあ良い。

旧道合流からトンネル前までは17:26(PB-03)
自己ベストが出ておるw
ケイデンスを落としてトルク走法が功を奏しておるのか?


このあたりで呼吸がキツクなったときに、ちょっと楽になれる方法を発見した。



「息吹」

空手とかやっておる人はご存知かもしれんが空手の呼吸法のこと。
関根勤がモノマネで千葉真一のコオオオオ!ってやってるアレですな。

しんどくなってきたら「コオオオオォッ!」と声と一緒に息を吐き出す。
たくさん吐くほどたくさん吸える。
強制的に呼吸を平常時に戻す作業なんですな。


「ハアアアァ!」ではダメで「コオオオオオ!」である。
傍から見たらあきらかに変な人なのでこれはソロでしか出来ん技です。
いや、ネタ扱いでグループライドでやってもええかもしれんですけどもw


気持ちの問題かもしれんが、この息吹によって少しリセットされる感覚がある。
もうちょっとだけ頑張ろうかなと思えるのである。
僕は格闘技とかやってませんのですごく適当なこと言ってますがw

それと脚がしんどいよ~って言ってきても、気のせいだから大丈夫と思い込むと意外といける。
気は大事ですなw
完璧に精神論ですけども。


そんな息吹パワーで最後トンネルから東屋まで17:27(PB+01)
トルクで押し切ったが最後まで足が売り切れることはなかった。
ということはもっと頑張れということかw
マジか・・・



Baidu IME_2016-3-21_0-13-31


しかしまあ、結果は自己新ということで意外と良い結果であった。
インナーローは使いすぎたらイカンのかな。


garmin.jpg

GRMINさんのタイムとえらい違うんやけども・・・
ちなみに手動で測ったラップタイムでは48:06だった。
まあ速くなったのは間違いないからええか。





fc2blog_2016032100192216c.jpg


ブルーシーガルのサイクルジャージ出んかしら・・・
ガルパンは出るみたいだけどもw














テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/03/21(月) 00:35:20|
  2. 金剛RW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「森屋練」 金剛RWで目標達成!ヒルクライムの魅力って何なのか?


さいちゃんです。


前回はLSDやでッ!と意気込んだものの40kmほど走ったところで飽きて山に逃げ込んでしまったのですが・・・

「なぜ山に登るのか」

ちょっと考えてみた。
いや、ヒルクライムってカテゴリがあるくらいに趣味で山に好んで登る人も大勢おるのは事実。
好きだからって言われたら終わってしまうことなんですけども。

まあ考えたから聞いたってくださいwww



僕の場合、基本的にはロングが好きなんですね。
100km、150km以上走って普段の生活圏から逃げ出したい。
現実逃避的な願望があるのかもしれませんな。
このあたりは「かもめ☆チャンス」を読むと共感できるかもしれませんw

しかし現実に150km以上走るとなると時間的制約が発生します。
速い人なら5~6時間くらい?
僕の場合は休憩含めて8時間くらいでしょうか。
次の日が休みならば問題はないですが、たいがいはお仕事が待っております。
朝から晩まで走って寝て起きて仕事・・・

はっきり言って無理w(ヾノ・∀・`)ムリムリ


ここで問題解決に役立つのがヒルクライム。


100km走るのと1000mの標高を登るのでは同程度のしんどさです。僕の場合。
しかも時間的にもロング走る半分くらいの時間でこのしんどさが得られるのですな。
しんどさが得られるって発言がもうアレですが。

そしてやはり山に登るとそれだけで非現実感が得られます。
林業とかを生業にしてる人はしりません。
山に登って見る景色や空気の美味しさはやはりよいものなのです。

最後にわかりやすい達成感。
高かろうが低かろうが、速かろうが遅かろうが、山には頂上があるのです。
ロングだと目的地についた!とか100km達成した!にあたりますかな。
この自分への納得感は大人になるとすごくレアな感情になるので、とても貴重なのですな。


こんな理由から世のサラリーマンローディーは山へと向かうのです・・・
完全に今考えたことなので根拠はまったくのゼロです(`・ω・´)




と、どうでもいい前フリをしつつ今回はご近所トレーニング。

「森屋練」へと挑むんやで。




12月12日(曇り)

雨は降らんと思うが、あまり天候はよろしくない。
しかし幸いにも気温は高めで最高気温が18℃とこの時期にしてはかなり暖かい。
今のうちに登っとこうかなという考えで、久しぶりに金剛RW+水越大阪側の森屋練開催と相成ったわけです。
開催といっても完全ソロライドですでw


IMG_0501.jpg

いつものルートで森屋交差点を目指します。

ここで今回は2本登るのでTTはどうしようかなぁと考える。

目標の50分切りをねらっておった金剛RWは前回は脚釣り、前々回はゴール直前で勘違いして休憩するという2回連続で挑戦失敗しておる。


今回1本目を金剛RWに当て2本目は水越でぬるぬる登ろう。
TT失敗しても「トレーニングやしな・・・」と慰めることも出来るという2段構えの完璧なプランニングなのだ。



というわけで森屋交差点でいざスタート。
序盤、飛ばしすぎてもイカン。かといってユルすぎてもダメ。体力ゲージがチョビチョビ減っていくような感覚の強度で登っていきます。

森屋~旧道合流
13:16(PB+10)

ウム、こんなもんやろ。
上々の滑り出し。
次の東坂は一定の勾配のようで実は斜度が緩むところもけっこうある。
さぼらずにこまめにギアを上げていく。こんな細かな作業がタイム短縮に繋がるんやで!多分!

旧道合流~千早トンネル
17:29(PB-7)

おっとここで早速区間新が出ましたがな(^ω^)
やっぱり緩斜面でさぼらんってのは大事なんやな。
最後はどこまで脚が残ってるかやが・・・
ここの平坦ではサドル後ろに乗って突き出すペダリングで使う筋肉を変える。心拍は休憩できんがこれで筋肉は少しは回復できるやろッ!
しかしこの一番スピードが乗る地点でバス同士の停車で車が渋滞しておる。
こんなところでなんでやねんw
1分ほどロス。

しかしまあこれくらいならばなんとか50分切りは狙えるタイム。
だが、最後の最後にも試練が訪れた。

最後のバス転回所からスパートやでッ!と思ったら、ライバルカーが出現したのだ。
けっこうフラフラになりながら登ってるローディーが近づいてきたのである。
このまま行くとなんだか最後に渾身の力で差し切ったで!みたいな構図になりかねんw


「どうしよう・・・このまま後ろについてゆっくりゴールしようか・・・」


そんな気持ちも一瞬頭をよぎりますが、もしかしたら50分切りがそれでフイになるかもしれんしなぁ。
けっこうギリギリなんやで。

そんなわけでそれまでハアハア言ってたのは封印。
フフフ~ンと鼻歌交じりのフリで颯爽とパスさせていただく!
そして同じ失敗はせん。自販機前まで行ってゴール。

千早トンネル~東屋
17:51(PB+25)


結果。


printed_photo.png

やりましたでッ!
苦節1年3ヶ月!とうとう50分切り達成です(^ω^)

これで公式にもstravaさんに認めてもらえたよ。

   IMG_0503.jpg

よし。
とりあえず次の目標は45分切りといたします。
気が早いですし、いつになるかわかりませんし、そもそも出来るかわかりませんがwww




一応今日は森屋練なのでそのまま下って水越大阪側も登っておきます。
ハアハア。

水越(大阪側)
34:23(PB-3:00)

こっちもサクっと自己新達成(^ω^)
なんや、絶好調やないですか。

というわけでシーズンオフに差し掛かろうというこの時期になんとか目標達成できたのはホンマにうれしいもんです。
あ、このタイムを削る楽しさもヒルクラの醍醐味なんやろうな。最初のに付け加えておこうw

悔しさと満足感。
ロングもいいがヒルクラもいいな。
結局どっちもええんかいッ!











テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/12/13(日) 12:08:11|
  2. 金剛RW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「金剛RW」 TT不発も紅葉散策ヒルクライムで癒される


ブログ用にツイッターアカウントをとってみました。
ブログの更新頻度があまりにも少ないのでこれでちょこちょことつぶやけたらええかなぁという目論見なのですが。
続くかどうかはわかんないですが。

とりあえず左っかわのプラグインにのっけてみます。
テスト運用ですな。





11月10日(曇り)

昨日の雨を引きづるようにお天気はイマイチ。
路面も濡れておりあまりライド日和とはいえませんなぁ。


が。

先日風邪をひいてしまい2週間ほど丸々タマちゃんに乗れておりません。
楽しく走りたい気持ちもあるのですが、これ以上乗らないと体力の低下、心肺機能の低下、お腹の脂肪、等など「乗らなければ」という義務感的なものもはたらきます。
オッサンになるとこの少しの怠けが結構身体に大きな影響を及ぼすんやで。
腰痛気味になったり、身体がダルくなったり。

まあ初心に帰ればそもそも自転車乗り始めたのも健康の為やからな。
多少の曇り空でも雨降ったら帰ればええしな。

なので、近場メインでチョロっとだけ走ることにしましょう。


石川SLはおそらくドロドロ&水たまりだらけであろうから目的地は山か・・・
もしかしたら紅葉も見れるかもしれんしな(^ω^)



あいもかわらず金剛RWへ。
2週間のブランクだが、今日はTTはどうやろか?
今日こそ50分切れるかもしれんが、ちょっと条件が悪いかもしれんな。


そんなことを考えながらも森屋交差点スタート。
気温は15度だが、雨の影響か湿度が高め。しまった、ウィンドブレーカー着たままやったわ。一応TTの要素も含んだヒルクライムなので坂を登りながらなんとかウィンドブレーカーを脱ぐ。おお、なんかプロっぽい。まあスタートする前に脱いどかんかいという話ですなwww



しかしスタートしてすぐに調子が悪いことに気づく。

「やっぱり2週間まったく乗ってないとアカンなぁ」



路面は落ち葉でスリッピーだし、脚もあまり回らん。今回も50分切りは無理くさいと判断。ボチボチと登ることにする。
天気はイマイチだが紅葉散策だろうか、けっこう車の量も多い。

が、東坂を抜け新千早トンネル前までのタイムは30分切る感じ。


「あれ?この前と同じくらいのタイム。これは意外と50分切りイケルでッ!(`・ω・´)」


ここにきて俄然やる気が出てまいりました。
平坦区間でガシガシと踏んで加速します。
ハイカーのみなさん!この加速を見ておくんなはれ!



しかし、すでにこの時、身体に異変は起こっておったのだ・・・
左足のこむら返りが治らん状態。
しかしこれくらいならば走るのに問題はない。ここで加速してこの先のユルい登りも一気にパスしたるでッ!


そしてその時は突然やってきた。





ピキーン。





「脚つったぁぁぁぁあああッ!!(´;ω;`)」


無念の脚攣り。
左のふくらはぎが爆発しました。

いや、まだだ!まだ終わらんよ!
よくプロの選手がレース中に脚つったままで走りきるとか聞いたことがあります。
サッカーでもゴン中山こと中山雅史さんが試合終わったあと検査したら脚の骨折れてたとかいう逸話もあります。
じゃあこのまま走ってもええんやないか?


・・・・・。


(ヾノ・∀・`)ムリムリ

こんなの走れるわけありません。
めっちゃ痛いやん。


IMG_0333.jpg                                                          
                                脚攣り現場


戦いは終わった・・・
とか思いながらとりあえずストレッチ。5分くらいゆっくりします。

走ってて脚攣るのは初めてだったんですが、急に無理したのが原因なのか。塩タブレット食べてたら防げたのかな・・・
いや単純に運動不足やろ。


攣ってしまったものはしょうがありません。
あとはのんびりと走って写真撮りながら最後まで。


IMG_0347.jpg


ピーカンの青空を撮るのでなければ、意外と曇天は写真を取るには良い条件なのです。
光の反射が少ないので色がハッキリ出るんですな。


鮎釣り場もそろそろええ感じに紅葉しとります。

IMG_0343.jpg

おいしい空気にキレイな景色見ながら魚釣りとか。
釣れてまっか?僕は攣りましたが。


IMG_0335.jpg

ゴール地点の東屋はこんな感じ。
さすがに今日は誰もおらんかった。


IMG_0338.jpg

ダウンヒルしながらもちょいちょい撮りながら下山。
紅葉散策やで。

IMG_0348.jpg

IMG_0358.jpg

滝といっていいのか、一度はちゃんと撮ってみたい紅葉&滝。


IMG_0362.jpg
グラデーション。


ダウンヒルはものすごく寒かった。
そろそろ冬用のジャージを用意しとかんとイカンな。

それと日が落ちるのが早くなってきたので、ライト類をポチッとしたのでそのあたりの装備も整えんと。




ちなみにまたSTRAVAが謀反を起こし、MAPデータが記録されておらんかった。
この問題はどうやったら解決されるのやら・・・


困ったもんである。







テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/11/10(火) 23:32:51|
  2. 金剛RW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ